「週4時間」だけ働く。

  • 898人登録
  • 3.85評価
    • (48)
    • (55)
    • (38)
    • (11)
    • (4)
  • 70レビュー
制作 : 田中じゅん 
  • 青志社 (2011年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (640ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905042099

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
ジェームス W....
大前 研一
有効な右矢印 無効な右矢印

「週4時間」だけ働く。の感想・レビュー・書評

  • ・自分が多数派にいると気付いたら、逆に進め

    ・自分の為に他人に働いて貰う

    ・大衆受けする物はたいてい間違っている

    ・全ての業務をアウトソーシングするビジネスオーナー

    ・先延ばしにしたらどれだけの損害を被るのか?

    ・100億あったらしたい事を今すぐせよ

    ・リタイアした後にしたい事を今すぐせよ

    ・人生は小さく生きるには短すぎる

    ・どうでもいい事はやるな

    ・何の20%が80%の問題と不幸を引き起こしてるか?

    ・何の20%が自分が望んでいる結果や幸せをもたらすか?

    ・80:20の法則
    (顧客広告人間関係幸せ不幸)etc.

    ・有害な場所、人とは会わない
    (ストレス傷付けるネガティヴ後悔怒り)
    (楽しい助けてくれるポジティブ)

    ・多忙とは怠惰、時間不足は優先順位づけ不足である

    ・重要な仕事しかしない(80:20の法則)
    ・仕事の制限時間を短くする(パーキンソン法則)

    ・1日2時間しか働けないなら?1週間に2時間しか働けないなら?と考える

    ・読書
    (タイマー活用.集中する場所に行く.指で読んでる箇所をなぞりながら読む)

    ・自動化する
    (洗濯日用品購入メール支払い秘書サービス)etc

    ・仕事&仕事以外の作業で時間を食うものトップ5を自動化、効率化する

    ・運用に週1日以上かからない、問合せがない、4週間以内に自動化できる

    ・ライセンスは固い

    ・仕事とプライベートの場所を分ける
    (生活、アトリエ、仕事)

    ・一ヶ月に一回80:20のパレードの法則ができてるか考える

  • フォトリーディング
    週4日間

  • 厚い。長い。週4時間だけ働くということを真剣に考えて、そのためのツールをひたすらに記載している。この厚さが非常に説得力がある。真面目に読み、実行することで必ずできる。長い付き合いになりそうな一冊。著者は全米でも注目のライター。新しいライフスタイル、働き方、NR(ニューリッチ)の実践者。目がはなせない。

    以下レバレッジメモ

    人生先送り派、自分自身のために働く
    ニューリッチ、自分のために他人に働いてもらう

    人生先送り派、働きたい時に働く
    ニューリッチ、働くのが目的で働くことはしない。最大効果が得られる最小必要量だけ働く

    人生先送り派、早く、若くして引退する
    ニューリッチ、人生を通して定期的にリフレッシュ期間やアドベンチャー(ミニリタイヤメント)期間を設ける。何もしなくてもいい身分になることを目標としない。何かワクワクするようなことをやっている。

    人生先送り派、手に入れたいと思うものをすべて買う
    ニューリッチ、やりたいと思うことをすべてやり、なりたいと思うものすべてになろうとする。そのために必要なツールは手に入れるが、そのこと自体が目的や成果にはならない。そこは重視しない

    人生先送り派、従業員でなく、上司になる。つまり、管理職になる。
    ニューリッチ、管理職でも従業員でもなく、経営者になる。つまり、自分専用の列車を所有し、他の人間に時刻通りに運転させる

    人生先送り派、大金を稼ぐ
    ニューリッチ、工程表や手順を守りながら、特別な理由や明確な夢を持って大金を稼ぐ

    人生先送り派、もっといろんなものが欲しくなる
    ニューリッチ、クオリティの高いものを求め、価値のないものは捨てる

    人生先送り派、株式公開、買収、退職金、あるいは他のなんでもいいが一攫千金を狙う
    ニューリッチ、野心を抱きつつも、毎日の収入をしっかり確保する。キャッシュフローを優先し、一攫千金は二の次

    人生先送り派、嫌なことから開放されて自由が欲しい
    ニューリッチ、夢を追い続ける自由と意思を持ちたい、この世のベストを追求し、経験する。
    関心や活力は景気の如く循環する
    一日に24時間働いて、15年間続けたら退職するという条件で1000万ドル(約8億円)支払うと言われたら、その仕事を引き受けるだろうか?もちろん無理だ。できるわけがない。続けるのは不可能だ。それと同じように、大抵の人が定義するキャリアとやらも続くわけがない。体を壊すまで、もしくはもう永遠に働かずに住むくらいのお金を稼ぐまで、一日8時間以上同じ仕事をし続けるなんてことは無理なんだ。そうでなければ、どうして私の30代の友達はみんなドナルドトランプやジョアンリバーズを混ぜたように老けて見えるんだ。ぞっとする。フラペチーノをがぶ飲みしながら、信じられない仕事量をこなして燃え尽きてしまった若年寄りたちではないか。生きるためには活動と休息の期間が交互に必要だ。もちろん成功するためにもだ。能力、関心、精神的忍耐はすべて月の満ち欠けのように強くなったり弱くなったりする。プランはこれに従って立てる。NRは自分の人生の所々にミニリタイヤメントをはさもうとする。他の連中は、退職後にやってくる黄金期のために回復と癒しの時間をとっておこうとする。最も成果が上がる時だけ働いていれば、人生はより生産的に、より楽しくなるのだ。生産性も楽しみも一度に手に入れられるということだ。私はというと今2ヶ月の仕事の合間に1ヶ月の海外保養と手中トレーニングを計画している。
    仕事を少なくしてもそれは怠けではない
    意味のない仕事は少なくしよう。それは決して怠けることではない。そうすればもっと自分自身の重要なことに集中できるからだ。これはほとんどの人に受け入れられない考え方だろう。なぜなら、我々の仕事文化では... 続きを読む

  • 今の仕事で縛られた状態のまま何十年働いて幸せか?を考えさせられる一冊。幸せに対する固定観念の外し方、それを外すことにより、より幸せな人生が送れるのではないかと感じさせる内容。600Pくらいのボリューム感のある内容であるが、何度か読み返したいと思える一冊だった。ありがとうございます!

  • 働き方を強く意識させてくれる。自分も働く時間の使い方の効果を最大化させよう。

  • 後半はおまけみたいだったが、面白くよめた。

    9時5時の仕事に疑問を持ち、時間にゆとりをもてるようにする指南書といったところか。あとは強調はしていないけど経済的自由も。

    たしかに会社にはムダが多い。
    そんなに早くメールの返信をするのが重要なのか。
    休みの日にもメールチェックをしなければいけないのか、など。

    仕事のことを考えている時間も仕事だと割り切り、最小の時間で最大の効果を発揮する。

    そもそもアジア人は仕事最高!の概念が依然としてあるので、欧米人のようには割り切れないかもしれないが、私は概ね同意である笑

  • ざっくり読んだだけ。いつか読み返すのもいいかも。

  • 会社を乗り物に例えた場合、
    毎日毎日、必死でこぎ続けないと進まない乗り物なのか
    自動操縦で勝手に進んでいく乗り物なのかによって
    乗っている人の疲弊度は違います。

    毎日会社に行って、お客さんや周りの人から
    言われたことをするのが仕事だと思っているのと、
    お金を生み出す自動操縦の乗り物をつくることが仕事だと思っているのでは
    乗り物の乗り心地は全然違ってきます。


    本日ご紹介する本は、
    時間労働の考え方から脱却するための
    ヒントが書かれた1冊。

    ポイントは
    「意味のない仕事」

    日々の仕事において
    意味のない仕事というのはありませんが、
    長期的な目標に対して、意味のない仕事というのは
    たくさんあるものです。

    このような仕事は、誰かに委託したり、
    自動化できることが多いもの。

    それを自分でやってしまうことを本書では
    意味のない仕事と言っています。
    仕事としては必要かもしれませんが、
    自分がやるべきではないと言うことです。


    「いいわけ」

    ”次から次へと無駄なことをして、
    それを大事なことができない言い訳にしていないか?”

    本書では、きつい言い方で書かれていますが
    実際、その通りだと思います。

    本書でいう「無駄なこと」をなくす努力が
    必要だと思いました。


    「遠隔操作の個人アシスタントを手に入れることは大きな出発点」

    社内や外部の協力してくれる専門業者をたくさん作っておくと
    悩んで時間を浪費することが少なくなります。

    お願いばかりして相手にメリットがないと関係は続きませんが、
    うまく探しだして、良い付き合いを広げて行くことが重要です。


    ぜひ、読んでみてください。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆目次◆
    はじめに 知っておいてほしいこと
    ステップ1 定義(Defi nition)の「D」
    ステップ2 捨てる(Elimination)の「E」
    ステップ3 自動化(Automation)の「A」
    ステップ4 解放(Liberation)の「L」
    おわりに 言い忘れていた、大事なこと
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • アウトソーシング大事
    本業のやる気がなくなるので注意w

  • 大胆なタイトルだけど、ワークスタイルの見直しはこれくらい極端な事例と照らし合わせて考えたほうがいい。

    600ページを越える本書では、大きく、前半では仕事を極限までを効率化する方法、後半ではフリーになるために小さなビジネスを始める方法について、細かな技術が紹介されている。

    すでにフリーランスの僕としては、前半が参考になった。フリーランスは「いつでもどこでも」仕事できるがために、わりと無駄な時間も増えている。特に以下のような技術は、フリーランスならすぐに始めることができる。

    ・仕事を重要なことに制限すると、仕事時間が短くなる/仕事時間を短くすると、重要なことに制限される。

    ・その日のうちに終わらせるべき重要な要件は2つ以上にしない。

    ・Eメールのチェックは1日2回(午前11時と午後4時)に制限する。朝1番のチェックは絶対に避けること。

    ・たいていの案件は緊急を要しない。メールで済まないか、ダメなら電話で済まないか、それでもダメなら会議。ただし課題とアジェンダを必ず明確にする。(これは何かを決定する会議の話。)

    ・時間を食う作業はひとまとめにして行う。それをためらわない。

    ・時間を無駄にする前に、要求の内容を明確に。

    巷の啓発本では、「効率化して生まれた時間で何をしたいのか?」みたいなことに8割は割かれていると聞く。本書ではその部分は程々にして、細かな技術が具体的に紹介されているのがおもしろかった。なんせ600ページですから、巷のハウツー本とは違います(笑)

  • 田端さんのお勧め本につき読了。
    テレワークをやろうやろうと思っててやってないけど、子どもが小学校に進学するにあたり必要性が増すのもありぜひやろうと決意。

  • 良い本だと思う。ここに挙げられた事例に近い人にはかなり参考になることは多いだろう。ただし

  • あなたは何を望んでいるのか。曖昧すぎて答えを出せない目標は何かも同じ。
    幸福の反対は?退屈。ワクワクすることは幸せと同義。
    何にワクワクするか、を考える。

    80対20の法則を常に考える。効率のいいことだけをやる
    仕事を重要な20%に絞る、または時間を短くすると重要なことに絞られる

    1日に3回問いかける。無駄なことに忙しくすることで大事なことをしないいい訳にしてないか。

    決断させるには選択肢は少ないほうがいい。顧客の選択肢を減らす
    どうやって売込むか、やりいつ売込むか、に注意をそそぐ
    レスイズモア 少ないほうがいい

    1ヶ月から半年、一箇所に滞在する旅行をする
    到着してから1週間の語学学校に申し込む
    航空券はかなり前か直前に買う。火曜日と木曜日に設定する
    一週間分の洋服、重要書類はコピーをとる、ワイヤーロック、電子辞書、ノートパソコンは不要。現地のものを使う2万円程度の現地通貨

    buy it there 現地調達現地調達
    手荷物は4.5キロ以下

    三ヶ月で言語を習得する方法
    what why howにあたる言葉を学ぶ
    有効性 執着性 効率性
    関心を持っている分野の教材で学習する
    目的にあった会話を学習する

  • 目からウロコの内容ばかりでした。

  • 筆者には申し訳ないが、あまり期待していなかったので、いい意味で期待を裏切られた。
    正直、タイトルにうさんくささを感じていたためだろう。

    自分以外の人ができる仕事を切り離す。
    メールの処理=仕事だと勘違いしてはいけない。
    場合分けをして、メールで指示を出し、不必要なラリーをしない。
    質問する時に答えを用意する。
    あげればキリがないほど、様々な気づきが得られた。

    周囲の人にもお勧めしたい一冊。

  • ビジネスを作って自動化しようぜ!そうすりゃお前は自由だ!の本。

  • 読み飛ばした部分が多い。

  • 読書備忘録

    ・大衆受けするものは大抵間違っている。(オスカー・ワイルド)

    ・自分が多数派の側にいると気づいた時こそ立ち止まって自分と向き合うときである。(マーク・トウェイン)

    ・日々増加するものではなく、日々減少するものだ。修練の極みとは、結局簡素なものに向かうことである。(ブルース・リー)

    ・最も恐れていることこそ、最もする必要がある。

    ・多忙とは怠惰(いいかげんな思考とでたらめな行動)の一形態である。

    ・時間の不足は、優先順位づけの不足である。

    ・忙しいからといって、生産的であるとはいえない。

    ・わくわくすることは幸せの実質的な同義語であり、まさにあなたの追い求めるべきもの。興奮こそ万能薬。

    ・決断を間違えたビジネスは潰れる。もう一つ重要なのは、決断が多すぎても同じ結果になることだ。後者は混乱を招く。

    ・アウトソース・・・目標は、自分の時間を作って、より大きなより有意義なことに集中すること。

    ・「有効性」・・・目標に近づくように何かをすること。
    「効率性」・・・与えられた課題を可能な限り無駄の無い方法でやり遂げること。
    有効性を無視して効率性を求められているのが世の中のデフォルトである。

    どうでもいいことを上手くやっても、それが重要になるわけでは無い。
    多くの時間を必要としても、その仕事が重要になるわけでは無い。

    ・顧客が常に正しいとは限らない。

    ・顧客に選択肢を与えれば与えるほど、優柔不断を生み、注文は少なくなるだろう。もっと言えば、選択肢を与えれば与えるほどメーカーや顧客の苦労を多くしてしまう。「決断をさせたい術・・・オプションが少なければ少ないほど収入が増える」とは、顧客がしなければならない、あるいはすることが出来る意思決定の数を最小にすること。

    購入オプションは1つか2つにする。(ex. basic or premium)

    ・お金をたくさん使う人ほど不平が少ない。大きな利益をもたらしてくれて、かつ手間がかからない。上客。

  • 仕事での自分の時間を確保し自由になる方法。
    日本だと難しいという発想で読むのではなく、
    教訓をピックアップして、自身のゴールに一味加えるとよさげ。
    これだけ、自由になる方法を見せつけられると
    自分の人生は何を大事にしたいのか考えさせられる。

  • 〜得た知識・考え方〜
    「もっとも恐れていることこそ、
    もっともする必要がある。」

    「目標は何か」「何を望んでいるか」
    ではなく、
    「自分をわくわくさせてくれるのは
    何だろうか?」

    GoogleのCEO
    「人生でもっとも幸せなときはいつか」
    「明日だ」

    103ページ
    「"今すぐ"、最初の一歩を踏み出す」

    時間の不足は、本当は
    優先順位づけの不足である。

    「パーキンソンの法則」
    完了までに割り当てられた時間に応じて
    重要で複雑なものへと膨れ上がっていく。
    24時間しかなければ、
    必要最低限のことのみ実行するだろうが、
    一週間与えられれば、
    些細なことを大袈裟に考え
    使い切ってしまうだろう。
    1 仕事を重要なことに制限すると、
    仕事時間が短くなる(80/20の原理)
    2 仕事時間を短くすると、
    仕事が重要なことに制限される
    (パーキンソンの法則)

    量は少ないが絶対に必要な仕事を確認する。
    それをとても短く明確なスケジュールで行う。

    1日に最低3回、自分自身に質問する。
    「生産性のある働き方をしているか?
    それともただ働いているだけか?」
    「無駄なことをして、それを大事なことが
    できない言い訳にしてないか?」

    129p
    「自分は最も関わる5人の平均になる」

    136p 「あえて無知でいる」
    関係ない・重要じゃない・緊急じゃない
    すべての情報や割り込みを
    無視するか、かわしてしまう。

    223p
    大きく考えて、小さく始める

    240〜337p 読み飛ばす(後で読む)

    256p 4週間で、
    ある分野の「専門家」になる方法

  • 2011年刊行。

    ノマドの先駆けとも称される著者は、サプリメント通販会社を設立、徹底したアウトソーシングで週の労働時間を4時間(主要なメールのチェックと指示のみ)にまで圧縮。

    個人事業主の完成形です。

    メールチェックは一日二回、10時と16時。朝イチと夜には決して見ないスタイル。

    ○「たった1分間でEメールがチェックできる」とそそのかされても、私はしなかった。経験上分かっているのだ。メールの受信箱で見つけた問題はパソコンをシャットダウンしたあと何時間も何日も頭の中に残り、「自由時間」を台無しにしてしまう。それは最悪の状態だ。

    ○自信喪失やうつ症状に陥る普遍的原因/自分が嫌いな人に良く思われようと努力すること。

    ○顧客が常に正しいとは限らないー手が掛かりすぎる客は「クビ」だ。

    ○一日に最低三回、自分自身にこう質問してみよう。
    「生産性のある働き方をしているか?それともただ動いているだけか?」
    「次から次へと無駄なことをして、それを大事なことができない言い訳にしていないか?」

  • メール確認は2回

  • 効率よく仕事を進めることを書いた本。

    その割りには、意味のないページ数が多く、結論が探しにくい

全70件中 1 - 25件を表示

「週4時間」だけ働く。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「週4時間」だけ働く。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「週4時間」だけ働く。を本棚に「積読」で登録しているひと

「週4時間」だけ働く。の作品紹介

ニューリッチとは、先送り人生プランを捨て、「時間」と「移動」を使い「今」をふんだんに生きる人のことだ。昔の「リタイアメント」と、「先送り人生プラン」の考え方は忘れてしまえ。なにせ、こんな予測不可能な経済状況の下では、待つ理由も、ましてや必要さえない。出世競争から逃げること、最高の世界旅行をすること、経営者ではなくても月収ウン万ドルを稼ぐこと-。どんな夢だっていいんだ。この本は、ニューリッチをめざす人のための、青写真になるはずだ。

ツイートする