あの企業の入社試験に、あのひとが答えたなら。

  • 123人登録
  • 3.42評価
    • (4)
    • (10)
    • (15)
    • (4)
    • (0)
  • 19レビュー
  • 青志社 (2011年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905042365

あの企業の入社試験に、あのひとが答えたなら。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 頂いた本。マスコミ各社の入社試験を著名人が回答。あんた、これでいいの?というレベルのつまらん回答と、珠玉のエッセイのような回答が混在。

  • 企画のしごとを考えている人にはとても参考になる本。

    デザイン系の学科の学生で、企画職やデザイン職の企画系のしごとに興味があるひとは必読。

    入社試験の問題や著名人が答える解答例だけでなく、解答例についての解説や、その他の記事もじっくり読んだ方が良い。意識して読めば、プロとして仕事に就くためのヒントがたくさん得られるはず。

    (マニュアル本や就活対策本として読んでしまうと、あまり得るものはありません。)

    【無断転載を禁じます】

  • 良書。
    就職活動に縁のない私は、NHKラジオで紹介されなければ、出会うことのなかった本。

  • 実際の入社親権よりもこの中で取り上げられている人が与えられた試験は取り組みやすいだろう。だって少なくともその専門家だろそれなのにこれといった答えは出てなかったような気がするんだが。まぁ参考までにということだから仕方がないか。

  • 入社試験の攻略ではない。相手が何を求めていて、解答にはどんな意図があるか。その解説を読み、自分の中に落とし込む作業がおもしろい!自分の考え方にどんな要素が足りないかを考えたり、はたまたうまい解答のリズムや響きをまねてみたり。まなぶはまねぶ、という。だから解答をまねしちゃいけないけど、解答の考え方をまねしてみたら言葉の選び方や自分の好みなど、そこに自分らしさが必ず現れる。すると自分らしい解答が作れると思う!読んでいて楽しかった。

  • 就活が始まるときに買って、就活が終わってから読み終わりました。笑 マスコミ・広告は受けなかったけど、自分らしさをしっかり出す、っていうのは見習いたかったなぁ。今はすでに社会人としてさまざまな職業についている人たちに応えてもらうとどうなるか、っていうのは面白かった。社会人だからか、やっぱり学生とは発想の仕方が違う部分も多かった。就活を終えて自分の考え方を顧みると、自分には学生気分というかビジネスの視点が抜けていたのかな、って思う。やりたいことをどんな計画を立てて実行するか、誰に協力してもらうか、どうやって説得するか、っていうのが頭になかった。順序立てて考えて理論づけて説明するっていうのはこれからも最低限必要なので、就活を通して気付けたのは良かったと思います。私も回答者たちみたいに、しっかり発想できる大人になりたいです。

  • 企画自体は面白いと思うけど、これが本当に就活生の役に立つかは疑問。
    回答の解説は役に立つかもしれないけど。
    (人と同じ事は書くなみたいな)
    私自身は掲載されてるような大企業にエントリーしたことも無いんだけど、こんなウケ狙いで書いて本当に受かるの!?
    回答による、その会社の合否結果もあればいいのに。
    不採用の人には申し訳ないけど。

  • ユニークでエグい、最近の所謂「クリエイティブ試験」というやつ。装丁はもちろん中身も面白い。就活に近い人や文字書きさん、学生さんにオススメです。

  • 和図書 361.45/A49
    資料ID 2011105125

  • 答えや意図を見ると学生にはとても書けないような洗練されたものが多いが、その中にも学生でも参考になる考え方はある。
    読んで感心するだけでなく、その先のものをいかに見つけるか。

全19件中 1 - 10件を表示

あの企業の入社試験に、あのひとが答えたなら。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あの企業の入社試験に、あのひとが答えたなら。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あの企業の入社試験に、あのひとが答えたなら。を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする