私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれない

  • 169人登録
  • 3.73評価
    • (9)
    • (15)
    • (14)
    • (3)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 小倉朋子
  • 文響社 (2015年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073239

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
佐々木 圭一
エラ・フランシス...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれないの感想・レビュー・書評

  • 長いタイトル。でもそのものズバリ。わかりやすいです。
    食の達人ならではの説得力ある「食べ方指南書」。
    でも「食」よりも、いわゆるハウツーものを書くための
    要素の方が印象に残りました。
    決して私が本を書くわけではありませんが。
    説得力が出る条件を、本書は満たしている、と思ったのです。

    その一つは、「~ですよ」という言い方。
    上から目線でおすすめするときの口頭表現です。
    なるほど、と思う人と、余計なお世話だ、と思う人とに分かれそう。

    二つ目は、同じことを何度か書くこと。
    例えば、食事は水に始まりコーヒーで終わる「食べ方」。
    一度だけだと「ふうん…」で終わりそうですが
    次にはインプットされます。

    三つめは、著者の強調したいところが太字で書かれていること。
    読者が受ける効果は大きいと思います。
    なんとなく読んだ気になるのです。

    こうして1冊読み終わったときに
    美味しいものをいただいたような満足感を得るのです。

    あと、挿絵の効果も絶大ですね。

  • 2016.9.26
    読み始めて、テーブルマナーの小倉さんだと気付いた。読み終わってなんだかすごくあったかい気持ち。最近街を歩いていて行ってみたいと思うお店をいくつか見つけて。雑誌やネットで見つけるお店探しもいいけど、自分の目で見つけるのはなんだかわくわく。
    食べることが大好き。ダイエットは常に頭をかすめるけど、感謝して美味しくいただこう、そう思わせてくれた本だった。

  • 禽獣はくらい、人間は食べる。教養ある人にして初めて食べ方を知る。
    何となく食べていると満腹だけど満足にならない。
    食べる快感をやめるご褒美は翌朝に訪れる。

  • 自己啓発に近い内容かと少し身構えたが、そうではなく食を全力で楽しむための本という印象だった。食の楽しみというと単に「おいしいもの」を目指しがちだが、何を食べるにせよ身構え、心構えのようなものは必要なのだなと。実践してみると少し生き方が変わりそう。

  • 「エサ」が「食事」においしく変われば、
    あなたの心は強くなる。
    「食べたい!」と思ったら10秒間見る、
    割れたら悲しくなるほど愛おしい食器を持つなど、
    食を考えて半世紀の著者が初めて明かす、実践的食哲学。

  • 疲れているときこそ手料理、というのに、なるほど、と思った。出来合いですませようと買って食べると、洗い物もしなくていいし、時間もものすごくあるはずなのに、どうしてかとてもわびしい気持ちになることを思い出した。
    この本のとおりに、というのはちょっと難しいけど、この本を意識する、ちょっと思い浮かべてみる、というだけで少し何かが変わるのかもしれない。
    装丁がかわいくてキャッチーで、なんとなく思い出しやすいし。まさかそれを狙ったのかなあ。

  • 面白い。食に関する内容というか、著者の感覚が面白い。お話してみたい。まずはランチョンマット買おうかな。

  • 健康というより思考、美かな!
    ランチョンマットと箸置き。
    秩序生まれる。自分の食べる位置が明確になり、料理正面に座れる。きちんと食事に向き合う意識生まれる。
    食べる前に炭酸水と最後のコーヒー→白湯とお茶かな
    自分の一口サイズ
    顔を上げる
    食べたいと思ったら10秒見る!!

  • この人感覚、わかるわかる、と言いたくなる。それほど好きなことが食だったんだな。
    2017.7弱ってきたので再読。

  • ずーっと気になっていた本。
    食事がその人を作る、とはよくききますがそれは肉体的な組織になっていくというだけのものではなくその人の心や人との関わり方、その人が過ごす空間や生き方までもを作っていてるのですよ、という内容でした。
    自分のためのマナー、命をいただくためのマナーという考えがとても新鮮だった。
    あと、自分の食生活を見直すきっかけにもなった。
    食べてるものは森拓郎氏の推奨する「まごわやさしい」をベースにしているのだけどなんだか最近マンネリだなーって思っていたのだけど食べ方、食べる意識を変えただけで楽しくなった。
    なるべく旬を大事にしよう、食べているその瞬間をしっかりと味わおうと思えたのは大きいなぁ。
    1人飯ばかりでスマホ見ながら食べるのが習慣化しすぎているのをやめようと思えたのもこの本がきっかけ。
    あとは味覚が鈍感になってきてるのもなんとなく食べてるせいかなーと思って朝一はなにもつけてない野菜とフルーツを少しだけ取り入れたり。
    見て触ってかいで味わって、食材と、食事と向き合うって本当に大事。
    あとは外食って自分を育ててくれる大事な時間だって気づけたし、人と食事するときのマナーって結局は思いやりだよね。って気づけて本当に良かったです。
    春に新刊が出るようなのでとても楽しみだな。

  • すごく忙しい訳ではないのに、何だか疲れている。最近、気になっていた時に見たこの本のタイトル。本当にそーなのか?と疑いながら読んでみた。
    始めから「五感」を使って味わうなんて書いてあったし、他にもひとりごはんを雑に食べているとか、当てはまる事が多かった。
    昼ごはんが、パンでも構わない。それが本当に今食べたくて選んだものなら。そしてそれを味わって食べる事。そこを読んで少し気が楽になった。
    とにかく、実践あるのみ。「食事七則」を、頭に入れてやってみよう。

    2017.1.20…2

  • 読み終えてから、あのテーブルマナーの小倉さんであると気付きました。
    最初にある編集さんの部分だけで、「これは読まなきゃ」と感じた一冊。
    両親が施してくれた躾や、わたし自身の経験や自発的な学びで、食の大切は意識し、マナーも意識していた方だと思いますが、読み終えたら今迄以上にたべることを大切にしたくなりました。
    2016.04.30

  • 「食事」とは大抵の人が毎日繰り返している作業。
    漫然と行わずに一回一回丁寧に食と向き合うことで、人の五感は磨かれ、自分の選択に自信が持てるようになる。人生はより豊かになる。
    では実際にどうすれば良いか?そのヒントが本書にはあらゆる角度から書かれている。

    ----------
    例えば、「五感を磨く食事」
    素材を見るだけでなく、匂いを嗅ぎ、咀嚼音を聴く。五感を使って食事をすれば、より良い素材を見抜く力も養われる。

    ----------
    例えば、「食事のマナー」
    マナーとは、自分以外のものに対し、身勝手な振る舞いをしていないか?という視点に立つところからはじまる。
    決して自分をカッコ良く着飾るための手段ではない。

    ----------
    例えば、「手料理」
    手料理は面倒なものと思われがちだが、味の加減を自分で調節できるため、今の自分にあった食事を提供することができる。
    料理は頑張るものではなく、救われるもの。

    ----------
    例えば、「ダイエット」
    脳が欲しいものではなく、身体が欲しいものを摂取する。
    ダイエットは「肥満につながる無意識のクセ」を治すことが大事。

    ----------
    筆者の方はかなり食を極めておられるので、そんなの真似できない…ということもありつつ、普段の食事で生かしたい考え方がたくさん。
    毎日繰り返されることだからこそ、是非少しづつでも実践したい。
    (読み終わってから早速毎朝ミニトマトを食べています!)

  • あまり啓発っぽくなく、淡々と書かれているので読みやすい
    「いいもの」を食べるということではなく、「食べる」ことに対する敬意の話は確かにな、と思った

    コンビニのおにぎりを食べるとしても、それに対して向き合う。本を読んで意識したのは、フェイス・トゥ・フェイスの法則。目の前の人との食事時間をしっかりと楽しむ。また、ちょうどその日の夕飯がカレーだったので、フォークで食べてみたのもよかった。

    本に書かれていることは実践してこそ身につく。が、とっかかりのハードルは低くてよいと思っているのでちょうどよかった。平澤朋子さんのイラストが散りばめられていてかわいい

  • 毎日繰り返される食事をもっと大切にしようと思える素晴らしい本でした。もっと5感を使って食材に敬意と愛情を持ちながら食べることを楽しみたいと思いました。

  • タイトルにハッとして衝動買いをしました。二時間ほどで読み終わり、人生で一番ドッグイヤーをした本となりました。
    ダイエットに夢中になっていた私、近ごろの食事を振り替えるとたしかに"エサ"と相違ありませんでした。読後は、食事の内容はもちろん、人と食事をするときの所作を意識的に変えています。一口サイズを見直す、お箸を三手で置いて相手の顔を見る、などなど……。
    毎日を丁寧に大切に生きるための、きっかけをくれる本だと思います。

  • 大学入学と同時に一人暮らしをするようになってから、また、会社に勤め始めてから、どこか食を疎かにしていたような気がする。
    時間がなくても一食一食を大事に、その時間に集中する。
    ながら食べをしないで食べるものに五感を集中させると、一つ一つの食べ物の味わい深さといった気付きに出会える。
    そして、得られた満足感、研ぎ澄まされた五感は仕事屋生活にも良い影響を与えてくれる。

    すぐには改善できなくても、やれることから少しずつ、今の自分の食事の時間を変えていきたいなと思った一冊でした。
    簡単なメニューレシピ等も載っているので、何度も読み返したいと思います。

  • 食べることは生きること

  • 味覚が鋭い人になりたい、綺麗な食べ方を身に付けたい、食べ過ぎをやめて綺麗になりたい、美味しい食事を楽しみたい。そういつも思っているけど、実際は朝と昼はバタバタとお腹を満たすだけの食事をして、夜は疲れて料理する気が起きず、簡単なものを買ってダラダラ食べ続ける。食材は無駄にしてしまうこともあった。
    でも、この本を読んで、料理も食事も自分を癒す行為だという新たな認識が生まれてからは、面倒くさいとあまり思わなくなってきた。
    最近は一汁三菜にして並べたり、箸の上げ下げを直したり、五感を意識したりしている。
    食事への意識と行動を変えられる、優しくて面白くて読みやすい本だった。ダイエットしたい人にもおすすめ。

  • 食の大事さ。自炊の効果。
    料理始めようかな。

全20件中 1 - 20件を表示

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれないを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれないを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれないの作品紹介

食を考えて半世紀の著者が初めて明かす、テーブルマナー、五感での味わい方、ダイエット、手料理まで網羅した、まったく新しい実践的食哲学。「エサ」が「食事」においしく変われば、あなたの心は強くなる。

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれないはこんな本です

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれないのKindle版

ツイートする