難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

  • 1001人登録
  • 4.03評価
    • (85)
    • (128)
    • (60)
    • (5)
    • (2)
  • 101レビュー
  • 文響社 (2015年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073246

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三谷 宏治
デール カーネギ...
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!の感想・レビュー・書評

  • 少しずつ読んでいたら読了までに1年もかかってしまい、最初から読み直した。一気に片付けるの大事だな。
    内容は、とてもわかりやすく簡潔。タイトル通り、難しいことはわからないけど、お金の運用について知りたい私にとって良書であった。堅実に運用し、自分に必要最低限の資産を備えたい人向け。利回り激高い難しい運用したい人は、もっと難しい本読むべし。

  • 先生とキミ(ぼく?)のかけ合いがおもしろくて一気よみ。お金の増やし方をざっくり知りたい人にはおすすめ。何をすればよいかが具体的に書かれているので、わかりやすい。ただそれが本当に正しいかどうかはわからないが。。少なくとも投資に対する漠然のとした抵抗感はなくなったような気がする。
    本文でも繰り返し言われていたが、「未来は誰にもわからない」。ただお金に関して羅針盤はあるよ、ということ。少なくとも今後はそれを知っている人と知らない人では大きな差ができるよというメッセージを感じた。

  • 会話形式だからかとても分かりやすかった。お金の知識に疎い人でも、最低限の知識を知るにはいいと思います。

  • シンプルでわかりやすく書かれており、タイトル通りのことを考えている初心者にとっては、とっつきやすくてよいと思う。
    具体的な方法や考え方が記載されていて、非常に参考になった。

    以下、参考になったポイントです。

    ■お金を安全に持っておく編
    ・買うのは個人向け国債の「変動金利・満期10年」のタイプ。元本保証だから、途中解約しない限り元本が減ることはない。
    ・銀行には「個人向け国債」以外、買うに値する金融商品はないと覚えておく。
    ・なるべくネット証券を活用する。商品ラインナップが多く、取引手数料が安いため。SBI証券あたりに口座を開く。
    ・72を利率で割ると、「2倍になるおよその年数」が計算できる。

    ■ちょっとリスクをとって運用する編
    ・外貨預金は手数料が高いから常にダメな商品。
    ・金や先物やFXなどの金融商品には手を出さない。
    ・おすすめの投資信託は「①上場インデックスファンドTOPIX」と「②ニッセイ外国株式インデックスファンド」
    ・投資信託の判断基準はとにかく手数料が安いもの。
    ・毎月分配型の投資信託は買わない。運用管理手数料が高いため。

    ■お金を使う編
    ・保険に加入して支払う保険料には保険会社の利益がのっているので「損な賭け」である。医療保険やがん保険には入らず、もしものときのために保険料を払ったと思って貯蓄をしておく。
    ・生命保険に入る場合、ネットの生命保険の会社で子供が自立するまでの10〜20年くらいの掛け捨て型、死亡保障のみの特約のないシンプルなものに入る。

    ■トクする制度を使って実際に運用してみる編
    ・持っている資産を「当面の生活資金」と「安全運用資産」と「リスク運用資産」の3つに分ける。「リスク運用資産」にあてる額は最悪1/3減ってもいい金額から逆算する。(一年で100万円減ってもいいなら300万円)

    ■年金と確定拠出年金編
    ・資産全体が国内外のインデックスファンドで半々になるように投資する。その際、確定拠出年金では外国株式のインデックスファンドを割り当てたほうがよい。(手数料が安いことが多いため)

  • ものすごく簡単に書いてある。運用を始めてみたい人にいいかも。でもこれだけ読んでかなりわかった気になるとちょっと危ない。まとまった資産のない若者なら積立投信は有効だと思うんだけど。あと保険に入りすぎるのは良くないけどまったく入らないと決めつけるのは極端。そして、この本が出版されたあとにマイナス金利になったから、国債の魅力は半減してる。

    銀行からお給料をもらってる身としては、手数料収入が商売の一部ですみませんという感じ。ただ、この本に載ってるくらいの購入時手数料無料インデックスファンドはたいていの銀行で取り扱ってるし、銀行のアフターフォローや勧誘が不要な場合はインターネットバンキングで購入・解約いつでもできますから、勧誘と手数料がキライでも銀行のことはキライにならないでください…!と宣伝してみる。

  • すんごいわかりやすい!!!
    でも真に受けないことも大切。
    契約締結前書面をよく読みましょ。笑

  • さくさく読める。
    しかし、老後は年金もあるし、消費意欲も減るからお金かからないよと断言するのは、世の中を知らなさすぎる。医療もかかるし、高齢親の介護、家のメンテナンスもかさむ。
    あと競馬をやっている点も。

    というのが気にかかったが、金融商品の選択の注意点、投資信託、確定拠出年金、NISA、保険、など資産運用について、ていねいにわかりやすい説明。FPの資格所有者ならば知っていることだが、ためになる。

    最後に「どんな状況になっても働く術を持っている」ことが最大の資産運用というひと言で、この人がまともなマネープランナーであることがわかる。

  • サバイバルウェディングの著者大橋こうすけさんの本だった!

    とても分かりやすかったので、あとは父親とうまく資産運用してこう。
    今は日経平均落ちてくるタイミングなので、もすこし様子をみてからw

  • これからお金の運用を始めてみたい、という人が最初に読むととてもいいと思います。とってもわかりやすいです!

  • 内容は「お金の運用術」とほぼ重複しているが、こちらの方が更にシンプルに必要最小限に絞ってあるので先に読む書籍としてオススメ。ここまでわかりやすい資産運用の本もそうそうないだろう。

  • お金を増やすシンプルな方法。考え方が分かりやすく実行に移すにはもってこい。

  • 久し振りに読むお金系の本。
    これはかなりマスト本というのが読んだ後の印象。

    素人がプロに聞いていくという対話形式。
    ①運用②家の購入と賃貸③保険の話など、将来かんがえないといけないことがわかりやすく説明されております。

  • シンプルで読みやすい。具体的な例も書いてある。お金に働いてもらう事が大切。複利のことや、老後にどのぐらいお金が必要かしっかり考える必要がある。

  • これはすごい。かなり具体的。
    かつ会話形式で大変読みやすい。
    保険会社や銀行に勤める方々は読まれると困るのでは?
    知らないというだけで損をするなんてもったいない!
    私も早く一歩踏み出さなければ!

  • 何に投資をすべきかをおすすめしてくれている本。
    会話方式で、初心者にも非常に分かりやすい。

  • お金のことが簡潔に書いてある本です。
    お金の素人である著者の素朴な疑問を、お金のスペシャリストである山崎元氏が率直にポンポン答えてくれているので、自分が疑問に思っていることを代弁してくれていてとてもわかりやすかったです。

    マイホームは買うべきか、保険には入るべきか、お金を安全に増やす方法など、どれも真実を知りたいと思っているテーマです。

    投資はどのように始めればいいのか、とても丁寧に書いてくれています。
    銀行から投資を進められてもいまいちふんぎりがつかなかったのですが、これを読んで色々納得しました。

    少しづつおうちのお金について真剣に考えようと思いました!

  • 先ずタイトルに惹かれて購入。読んでみて金融機関の方が熱心に勧誘してくる理由が分かって怖かった?
    投資など全く知識のない自分でも容易に理解できる内容で、大変参考になった。

  • わかりやすい!!

  • とても分かりやすかった。
    また分からなくなったら、該当の箇所だけ読んで理解を深めたい。
    NISAについて勉強したかったので、入門にはとても良かった。

  • 買うなら国債、インデックスファンド。NISAと確定拠出年金を利用しようとど直球な提案。分かりやすい。

  • かなりわかりやすい。
    初心者中の初心者や、投資に不安感がある人はまず読むと良いと思います。

  • 「難しいことは分かりませんが」って思考放棄が既に大丈夫か?という気がしなくもない投資入門。分からなかったら彼はまた専門家に聞けばいいのかもしれないけど(そしてそれをまた出版するのかもしれないけど)。

    株だけで債権は持たなくていいの?国内:海外=1:1割合の根拠って何?ドルコスト平均法って無意味なの?と疑問が湧き湧き。簡単なんだけど簡単すぎて土台がポロポロ抜けているような不安がどうも拭えない印象。

    あと年間100万積立投資に回せる著者はすごいなーと思った。

  • 投資には興味あるけど、何から始めたらいいの?という人のための本。

    分かりやすく、シンプルに、やるべきこととその理由が書いてある。
    サクサクあっという間に読める。

  • お金を貯めたかったので色んなハウツー本を読んだが、この本が一番役に立った。実践でのお金の運用の仕方や、よかれと思って掛けている生命保険の落とし穴など、目からウロコの内容が満載だった。ぜひこれから社会人になる人には一読してもらいたい本である。

全101件中 1 - 25件を表示

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!を本棚に登録しているひと

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!の作品紹介

お金を増やしたい!
でも、難しいことはわからないし、投資をするのってなんだか怖い。

そんな「お金のド素人」が、東大卒、外資系証券や保険など金融12社を渡り歩いた「お金のプロ」山崎元氏に、なるべく安全なお金の増やし方を聞いてきました。
金融の知識は一切不要!
「銀行には近づいてはいけない」
「覚える金融商品は3つだけ」
「素人でも「年間+5%」の運用を目指せる」など、
誰でもできて、なるべく安全なお金の増やし方がわかります!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!はこんな本です

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!のKindle版

ツイートする