神様に一番近い動物 ~人生を変える7つの物語~

  • 166人登録
  • 3.39評価
    • (7)
    • (15)
    • (19)
    • (6)
    • (2)
  • 19レビュー
著者 : 水野敬也
  • 文響社 (2016年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073338

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

神様に一番近い動物 ~人生を変える7つの物語~の感想・レビュー・書評

  • 普段身近でない動物やモノの視点で書かれた作品。
    三匹の子ぶたなうとお金持ちのすすめがおもしろかった。

  • なんだろう、この不完全燃焼な感じ。
    あきらかに元ネタが最初から分かっしまっていて、それ以上に単なる話の展開違い終わりで…。惹き込まれない文章って、作家の頭の中だけで完結しているのかも?
    だから、イメージはリアルだか文章は漫画の吹き出しレベルの羅列でしかなく。結果、短編なんてさえいえるのかな?と思ってしまう。
    まだ読み始めですが、ごめんなさい。最初って大事だと思うんです。
    最後まで一冊読んだら、何かあるかな。

  • それぞれの話が斬新だが面白かった。最後の神様に一番近い動物の手紙にほろっとさせられる。

  • 水野さんの7つの短編集。
    こういう小品を集めたものを読むのは久しぶりだ。タイトルになっている話のオチのスタイルは超斬新。

  • 『夢をかなえるゾウ』でファンになったので、きっと面白いだろうと思い購入。
    うん、おもしろかった。
    とりわけ、「3匹の子ぶたなう」『役立たずのスター』は最高!ツボにはまった。
    他の作品もそれなりに笑えたけど、「人生を変える・・・・」??ほどではないかな。
    個人的には冒頭の「人は生きるために、食べ物よりも物語を必要とすることがある。」に大きくうなずいた。

  • 水野敬也‥この人の書く文章、バカバカしいのか、実は深いのか‥分からないけど面白いよね。

  • 私の前にも現れてそして諭して!諭吉さん!笑

  • なかなか読みやすくて面白い自己啓発(?)本だった。

    7つの話全てにおいてそれぞれ心に残るフレーズや背景などがありましたが、
    個人的に一番よかったのは『宇宙五輪』でした。

    なんていうんですかね。
    とても感動的でした。

  • 好きな作家さん

    人生が変わる……に惹かれ読んでみたが
    心に響いたのは3匹の〜くらいかな

    正直、何を伝えたいのか
    私には伝わらなかった(笑)

  • とっても大切なことを伝えようということが、なぜだかピンとしなかった。

  • 短編集として読みやすくこの世界観はとても好き。自己啓発ぽいサブタイトルはむしろいらないんじゃないかな。挿絵も物語に合ってていい味。

  • 夢をかなえるゾウの作者、水野敬也が書き下ろした7つの短編が盛り込まれた一冊。「三匹のこぶたなう」「お金持ちのすすめ」「宇宙五輪」「役立たずのスター」「スパイダー刑事」「愛沢」「神様に一番近い動物」の7編。ちょっとクスっとくる話の中に、深良いエッセンスを織り交ぜる手法は流石だなー。どれも心に染みるストーリーなのだが、毛色が違う「愛沢」が印象的。こんな時代になるんだろうな、とちょっと鳥肌が立った。

  • 相変わらず水野さんのは面白い。電車でニヤリとしてしまう。
    三匹の子ぶたなう、お金持ちのすすめ、宇宙五輪、役立たずのスター、スパイダー刑事〜カブトムシ殺虫事件〜、愛沢、神様に一番近い動物の、人生を変える(?)7つの物語。
    ほろっとくるもの、ためになるもの、笑っちゃうものといろいろ織り込まれてて面白い。途中にあるイラストもいい味を出してる。短い物語の中にこれだけ盛り込めるなんてすごいな。

  • 教訓を含んだ寓話といった感じで、「夢をかなえるゾウ」に近い雰囲気です。

    読みやすかったけどタイトルの「人生を変える」というほどではなかったかな。

  • 図書館で借りた本。
    人間として生きていくのに、とても大切なことが書かれている短編7話。
    「宇宙五輪」は、動物たちと人間たちがこの後、どうなっていくのか。次回の宇宙五輪が見てみたい。最後の「神様に一番近い動物」は、子牛のマギーの純粋な気持ちと、牛たちの尊い教えに心が洗われ、最後マギーの手紙でググっときた。

  • どの話も面白可笑しく書かれているけれど、なんか深い(^o^;)「三匹の子ぶたなう」が一番好み♪「神様に一番近い動物」のマギーの手紙でホロリときた(--、)

  • ほほえましくやさしくホロッとする7つの物語。
    生きるとは 人間とは 人間以外の生き物とは 共存とは
    しあわせとは 誰もが幸せになる生き方考え方とは
    大切な人の心が綻んでいると感じたときに
    そっとプレゼントするのはいかがでしょうか。

  • 啓発系の本を書いてる著者が人生とか命について考えさせる7つの短編を書いたみたいで、中身は設定がなかなか面白くて読みやすい。

  • 【借本】会社の人から“貸したるわ”と渡されたので。半日もかからず読めてしまった。
    小粒感満載で物足りない。使い損ねたネタを消化してる印象だったのは短編集だったから? 啓発本らしくオキレイではあるけどそれが前面に押し出されてるわけではなかったので読みやすかった。読者に考えることを促しているように感じた。帯にある“新感覚エンターテインメント”は結局理解出来ないまま。

全19件中 1 - 19件を表示

神様に一番近い動物 ~人生を変える7つの物語~を本棚に登録しているひと

神様に一番近い動物 ~人生を変える7つの物語~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神様に一番近い動物 ~人生を変える7つの物語~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神様に一番近い動物 ~人生を変える7つの物語~を本棚に「積読」で登録しているひと

神様に一番近い動物 ~人生を変える7つの物語~の作品紹介

「夢をかなえるゾウ」著者が贈る、
全く違う7つの面白さが味わえる、新感覚エンターテインメント!
どの物語にも、あなたの人生観を大きく揺さぶる一文がきっと見つかります。

神様に一番近い動物 ~人生を変える7つの物語~はこんな本です

神様に一番近い動物 ~人生を変える7つの物語~のKindle版

ツイートする