なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

  • 1169人登録
  • 3.76評価
    • (58)
    • (128)
    • (82)
    • (16)
    • (4)
  • 108レビュー
著者 : 中島聡
  • 文響社 (2016年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073413

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
アーノルド ベネ...
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるの感想・レビュー・書評

  • ゲーテ 知ることだけでは十分ではない、それを使わないといけない。やる気だけでは十分でない、実行しないといけない

    兵は拙速を尊ぶ 拙い戦法でも素早く進軍したほうがいい。 転じて、仕事は最初のうちに迅速に終わらせると良い

    デカルト 困難は分割せよ

    心理学では、決断や意思決定をする際に減少する気力のようなものを認知資源という

    同じ服を着る。日常のささいな決断の数を減らそうとしている 大きな決断をするときに脳が疲れないよう、無駄な決断をしないようにしている

    ビル・ゲイツに何か説明する時、直接せず、専門の職員にする。その職員がゲイツにわかりやすく説明する

    ビル・ゲイツが参加するプレゼン会議 資料は前もって送る。発表者が発表する時間はない。質問を受けるだけ。究極の効率化

    最速で一旦形にしてしまってから、余った時間でゆっくりと100点を目指して改良を続けるのが正しいやりかた

    やりたいことをやるためには、やりたくないことを速攻で終わらせるしかない

    百聞は一見にしかずで、言葉で説明するのが難しい時は形にして見せてしまうのが一番いい

    考えてから手を動かすのではなく、手を動かしてから考えてください。崖から飛び降りながら飛行機を組み長けてるのです。

    最初の2日で仕事の8割を終わらせる。

    あなたの仕事はメールを素早く返信するのではなく、仕事を終らせることである

    ラストスパートこそ諸悪の根源です。

    人がある習慣を身につけるには、平均で同じ行動を65日続ける必要がある

    あなたの役割は規則を守ることでなく、仕事をおわらせることです

    code review by janitor Joe.

    相手が仕事を終わらせないことと、あなたが仕事を進められないことは、厳密に考えると別の問題です

    なにか実戦のために知識が必要な場合、知識はやりながら覚えるべきだ

    あなたのやるべきことは英語を勉強することではありません。英語をつかって何かをすることです

    仕事は頼まれなくても自分から喜んで残業するほど楽しい仕事かどうかで選ぶべき

    アランケイ 未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ

    こんなことを実現したい、という思いで人が集まると、そこに向かって走り続けられる

    自分が幸せになれる行動をしないと、人は幸せになれない

    人生を返るには覚悟が必要

  • あれ?と思ったがWebで見たないようと殆ど同じだった。Webでは感じなかったが、書籍にするとMicrosoftや自分の業績自慢がハナに付く感じになるのは何故だろう?

    2:8の関係。自身ではすでに実行していたが、好きなことする=集中力がでるのは確かにそうだった。



    英語は覚えようと勉強している自分は確かに直ぐに眠くなる。英語に関連づいた好きなことをすべきなのかなと思う。

  • 本の半分くらいは自分の功績とか武勇伝とかの自慢話。本人の才能とか環境による部分が大きかったんだろうな、という感じ。でも「自分には特別な才能はない。時間使うのがうまかっただけ」を繰り返すので、なんか溢れ出る地獄のミサワ感…ためになることも書いてあるのですが、気持ちがスーッと引いてしまってあんまり頭に入らなかった。

  • 読んで意識が高まりました。集中ができない仕事はしない。これに尽きます。集中できないのに無理にしようとしたり、小手先のテクニックで生産性を上げようとしてもだめ。

  • 随分待って図書館から借りた。とても読みやすく一気に読めた。忘備録として、目次から抜粋。

    ・「なるはや」をやめれば緊張感が生まれる
    ・「余裕を持っておけばよかった」の経済学
    ・その仕事は、本当に間に合うのか?
    ・すべての仕事は、必ずやり直しになる
    ・何としても宿題を終わらせて海に行きたかった
    ・予習は、最強の時短になる
    ・「まず作ってみる」が、未来を変える。
    ・まずは「締め切りは絶対に守るもの」と考える
    ・見積もるには、とにかくやってみることだ
    ・集中力の秘密は「界王拳」
    ・最強の昼寝は「18分」
    ・午後は気楽に「流し」で働く
    ・朝が最強である3つの理由
     ①外部要因の締め切りが設定できる ※出勤時間等
     ②メールをチェックする必要がない
     ③話しかけてくる人がいない
    ・あなたの仕事は規則を守ることではない
    ・目的があれば、勉強はたやすい
    ・集中しなきゃいけない仕事なんかするな
    ※好きなことは没頭できる
    ・あなたが寝る前にやるべきこと

  • なんか、仕事のスタイルが違うからか、ピンと来なかった。話は分かる。概念はわかる。あなたの仕事は、10日でこれをやりなさいというインプットだと思う。私は違う。
    大きな仕事をするときはそれでよいかも。

    とりあえず、朝集中できる時間帯に一気に片付けろって
    そして、納期ぴったりに提出する。

    どうでもいい仕事は午後にする。
    メールの返信も午後にする。見すらしなくてもよい。

    朝は完全に集中。やるべき、集中して全精力を使ってやるべき仕事をやる。
    そうしよう。

    ただ、細かな仕事を減らしてすっきりさせてしまいたい気持ちもあるんだよなぁ。
    でも、確かにそういうのはすべて書き出してしまえばいいだけで、実行はまた後で良いかも。

    細かな奴は午後でいいか。
    あれ、私の仕事の中に頭使うやつあったっけ?あるか。あるある。

    ラストスパート式がだめなこと、よくわかった。暇な時こそ集中して仕事を片付けるべき。言われてすぐやるのだ。言われてすぐやって、無理かどうか判断するのだ。

    すぐやる!

  • かなり共感出来た。2割の期間で8割仕上げて、仕事の難易度を測る。終わりそうな感触を得たら、残りは流してやる。終わらなそうなら、期間延長を申し出る。
    余裕があっても、前倒しで終わらせてはならない。なぜなら、次には納期の厳しい仕事が降ってくるから。
    とても分かりやすいですね。
    自分も、早めに見切ることは、リスクを軽減する意味でとても重要だと思ってます。

  • この本は時間管理術の本であると同時に著者の仕事哲学が込められた本だ。
    著者の中島聡さんはWindows 95のチーフアーキテクトで、Microsoft時代の興味深いエピソードが数多く語られている。
    締切は絶対に守るもの、何かの実践のために知識が必要な場合はやりながら覚えていくこと、好きなことを仕事にする。著者の仕事に対する考え方に同じエンジニアとして共感すると共に、ストイックな姿勢には背筋を正される思いがした。

  • 文体がまろやかだし、個人的にはめちゃくちゃ面白かった!

  • まず、余裕の無い状態を作らないこと。その為には下記の3点が大切。
    ①仕事を安請け合いしない
    ②ギリギリになって始めない
    ③計画を見積もる

    「兵は拙速を尊ぶ」=「拙い戦法でも素早く進軍したほうが戦いに勝つ」=「仕事は最初のうちに迅速に終わらせると良い」
    すべての仕事は必ずやり直しになるのだから、細かいことはさておき、まず全体像を描いてしまったほうが良い。石像を彫る時に、眉毛から始める人はいない。

  • マイクロソフトWindows95の伝説プログラマーが書いた時間管理法の本。
    仕事が終わらないのは、仕事の見積もりが甘い。・好きなことだけする。自然と集中できるから。
    ・集中力が必要なことはしない。好きではないことは労力が必要
    ・スラッグを持つ→トンネリングを防ぐ
    ・仕事は早朝もしくは午前中に2割で終わらせる
    2割の日はメール、電話、散歩などは一切しない。20倍海王拳を発動する
    ・食事や朝の子供の声がするまでなどの外的要因で区切りをつける
    ・寝る前に翌日のタスクを15分に分割してノートに書く
    ・勉強のための勉強はしない
    ・取りあえず形にする、早めに上司に相談する
    ・長期の仕事→細かく区切る、今日、明日、近日中のやることを明確にする
    ・自分の時間を持つことは残業より優先

    「自分のしたいことをする時間を確保する」ということのための時間管理術でした。だから、仕事の効率をいかに上げるかという事。仕事のための時間管理術は人生の時間の作り方なんだなと。実戦が大事、今日からやって見るのです!

  • 久しぶりに買ったその日に読み終えた本。
    なんちゃってマルチタスク、ラストスパート型、勉強のための勉強で長続きしない、など自分に当てはまることが多かった。
    著者はプログラミングに特化した一芸型の人間で自分とはタイプは違うが、仕事の進め方、人生の考え方は非常に共感できた。
    ちょうど仕事で行き詰まり、納期に遅れて怒られまくった先週のことがあるので、ここで気持ちを入れ替えたい。
    実践は難しいと思うが、朝型の方がいいという考えはすでに実践しているところなので、納期を守る、集中する、前倒しで取り掛かる、タスク管理を徹底する、を特に意識して今日から生きていきたい。
    仕事だけでなく充実した生活を送るために時間を有効に使いたい。そう思う人にとって、おすすめ。文章もわかりやすく、引用はきちんとソースも書かれていて信頼できる。

  • 「ラストスパート志向」が諸悪の根源。
    ロケットスタートで、与えられた期間の2割の期間で8割まで終わらせる。

    10日でやるべきタスクだったら、その2割の8日間で、8割終わらせるつもりでフルパワーで仕事をすること。

    その間、マルチタスクはをやめ、メールは気にせず、その仕事だけに集中する。
    そのためには、早朝の時間が大事。
    「ロケットスタート時間術」を使えば、質の高い仕事を、必ず期限内に遂行できる。
    自分の自由時間も確保できる。
    なかなか魅力的な内容であり、さっそく実行してみることにした。
    まず、早寝早起き。

    だが、どうしても二度寝してしまう。
    睡眠時間が増えただけになってしまった。

    時々、職場に1時間ぐらい早く行ってみた。
    だが、いろいろいな雑務で時間が過ぎてしまい、肝心の業務にとりかかれない。
    締め切りが先のものは、ついつい後に延ばしてしまう。
    やはり「ラストスパート志向」に陥りがち。
    長年身についた習慣を変えるのは難しい。

    とはいえ簡単に諦めるのももったいない。
    すこしづつでも改善したいものだ。

  • 世界的な凄腕プログラマ(現在は経営者)の時間術の本。

    文章としては、敬体と常態が混ざっていたり、始めは冷静な語り口であったのに、進むにつれどんどん情熱的になったりと、幾分アンバランスさを感じたが、内容やエピソードが興味深く一気に読めた。

    同じ記載が繰り返されことが少なくなく冗長だったり、多少自慢のように感じたりした部分はあるが、後半の情熱的な内容や意外な精神論には、伝説のプログラマというイメージからは逆説的で好感が持てた。

    期日は絶対に守るもの、という当たり前ではあるがなかなかできないことを、大変重要視されており、自分もその意識は絶対に忘れないようにしようと改めて認識した。

  • 頭の良い人の時間術指南。タイトル通り、仕事を進める上での話が前提だが、プライベートでも適用できる、いわば生活習慣に通じる内容。やらなければならない仕事の本質(ターゲット)の理解がまず大事で、進め方はそこからの逆算であり、そこを効率化する為の時間管理という筋。わかりやすく説明しようとしすぎている為か、重複があったりとやや冗長な文面が惜しい。著者のMS時代のエピソードは、日本人では著者にしか語れないような証言でもあり興味深かった。

  • ロケットスタート思考法

    基本的に、「ギリギリになって頑張る(ラストスパート思考法)のは諸悪の根源」
    スラック(ゆとり)を保つために、ロケットスタート仕事方をする。
    ロケットスタートは、期間の二割で八割の仕事をする。二割で八割できなかったら、前もって期限の延長を申し出る

    仕事を縦に切る。1日を横に来る。
    これがロケットスタートで集中する極意

    スラックを保てば、精神衛生上生産性があがる。スラックなければ能率が下がる。

    アメリカ人は朝型。朝が一番い
    中島聡も勉強のための勉強はしていない。やっていく中でできた。英語も同じ。やっていく中で必要だから覚えた

    今の環境で夢に近づく方法
    →今やっている仕事の中で、本当にやりたい仕事につながる共通点を見つけ出せ
    資格試験の予備校職員→出張講座提案→法人営業

    【中島聡が言う、渾身の、最大の伝えたいこと】
    毎日寝る前に、次の日のタスクリストを作る。その際、15分程度で終わる単位の仕事に切り分けること
    【絶対にやる】

  • ラストスパート<ロケットスタート

    ここ2年程、仕事の仕方を変えた。
    できるだけ朝早くきて仕事を始める。
    仕事が終わったら、できるだけ早く帰る。
    なるべく家では仕事をしない。
    そのために、やると決めたら、集中して、一気にやる。
    その間は同僚ともほとんど口をきかない。

    一番大事なのは、前日の夜に、
    明日やる仕事を決めてから寝ること。

    この本を読む限り、
    私の仕事の仕方、間違ってなさそう(笑)

  • 前半では仕事を早く終わらすための時間術の紹介があり、後半では人生における仕事とは何かという「生き方」をテーマとする構成になっています。

    後半では働くということを考えさせられるタイミングが何度もあり、自分の仕事がマッチしているか再確認するキッカケとなります。

    特に印象に残っているフレーズは、「大切なのは共通の目的を持った者同士が集まったかどうか、それだけだったんです。それによってチーム全員で走り続けることができるわけですから。結果が出ていたのは、いつもそういうときだけだった。」という文章です。

    働くということは、何をするかも大事ですが、どんな人とするかも大事であるということを思い出させてくれる言葉です。

  • 最初に頑張るアメリカ人
    最後に頑張る日本人

    はステレオタイプとも感じるけど、

    ラストスパート(ありき)は諸悪の根源
    なるはやを辞めれば、緊張感が生まれる
    兵は拙速を尊ぶ

    あたりは、普段から感じていたものの、改めてこのような気構えで、仕事に取り組むべしと思えただけでも、読む価値あった。

  • スタートダッシュで、二割の期間に八割終わらせる。
    細い仕事は無視する。
    タスクは15分程度に細分化。
    午前にタスクを消化。
    昼寝大切。

  • まずは実践してみようと思います。

  • 【全体の感想】
    1冊を通して「早めにとりかかること」の重要性を説いています。
    私自身プログラマとしての経験もあるので、言っていること(やっていること)はわかるのですが、
    少し極端すぎる気がしたので、即実践にはつなげられないと感じました。

    ただ、著者のすごさ(仕事経験)を知ることはできるので、
    エンジニアの方はこんな風にできるようになりたい!と思えるかもしれません。

    【おすすめしたい人】
    ・ソフトウェア開発者等のエンジニア
    ・仕事の効率化をしたい人
    ・マイクロソフトに興味のある人

  • 言ってしまえば,当たり前のことを言っているだけ,かもしれないが,実践できている人がどれくらいいるか? と思う.

    締め切りは必ず守る,そのためには,ロケットスタートとして仕事を受けてから最初の期間を猛烈にがんばる.実際に私はそうはできていないな,と思った.

全108件中 1 - 25件を表示

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるを本棚に登録しているひと

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるを本棚に「積読」で登録しているひと

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるの作品紹介

【世界を一変させたWindows95の設計思想を生み出した伝説の日本人が教える
人生を制するスピード仕事術】

本書の著者、中島聡氏は、
「ドラッグ&ドロップ」   や「ダブルクリック」などの概念を生み出した
元マイクロソフトの伝説のプログラマーです。

多忙を極め、納期遅れが蔓延するプログラマーの世界で、
中島氏は「一度も納期に遅れたことがない男」として活躍。

なぜ締め切りを守りつつ、世界を変える発明ができたのか?

この思考を知れば、きっと「楽しい仕事」でいっぱいの未来が訪れます。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるはこんな本です

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるのKindle版

ツイートする