なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

  • 1202人登録
  • 3.77評価
    • (61)
    • (136)
    • (86)
    • (16)
    • (4)
  • 115レビュー
著者 : 中島聡
  • 文響社 (2016年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073413

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アーノルド ベネ...
ベン・ホロウィッ...
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるの感想・レビュー・書評

  • 自分のプロジェクトをいかに進めていくか、という話から、著者の仕事論まで展開。

  • さすが時間術本。内容がわかりやすく、すぐに読み終わった。
    ITエンジニアの端くれとしては中島さんのMicrosoftでの働き方の話しも興味を惹かれた。特にソフトウェア開発を生業としている人にとってはとてもイメージしやすい内容だと思った。
    時間術としては、「最初の2割の時間で仕事の8割を終わらせろ」「仕事は15分単位に分割しろ」などの具体的な方法から、
    「あなたの仕事は仕事を終わらせることです」「集中できないような(興味のない)仕事はするな」などマインドセットの部分にも触れていた。

  • ロケットスタート。
    夜のto doリストをはじめてみた。

  • 私なりのロケットスタートを始めて、2ヶ月目です。
    これまでは朝礼の始まる5分に会社に到着していたけど、
    40分前に出勤するようになりました。
    仕事早くなったねと言われたり、
    時間に余裕があると気持ちにも余白ができて、周りの人とも関係が良くなった気がします
    自分は以前は完全なラストスペート型だったので、ハッキリとダメだ!と言ってもらえて本当に読んでよかったと思いました!
    中島さんのやり方を自分のやり方にカスタムして、続けたいです
    でも、最後のところ、熱い気持ちが嬉しかったー!
    ドラゴンボールの話が出てくるのとか、親近感が湧きました。
    先輩と「今から界王拳10倍出すから」とか言ったり。

  • KUにて。まあまあかな。文響社らしい個所といえば率直さと、本の構成をそのまま話すような箇所があるが、いかんせん具体例の多くが著者の携わってきたコンピュータ関連のものばかりなので、同じ社会人として共感できるかといわれると疑問符が浮かぶ。ただ、「期限の2割で8割できてないとやばいと考えろ」というくらいのストイックさは非常に参考になる。どれだけスタートダッシュに手を抜かず、全力を出せるのかというところで、一流と呼ばれる人とそうでない人の差は出てくるものなのだろう。

  • マイクロソフトでWindows95の開発に携わり、右クリックやダブルクリックやドラッグアンドドロップを現在の形にしたという著者による時間術についての本。
    単純に言ってしまうと、最初の2割を集中して、8割分の仕事をやってしまおうということなのだろうと思う。ロケットスタートが大事だとのこと。
    簡単そうにいってるけど、それってそういうことができる才能があるからこそな気がするのだけど、部下はできているのだろうか。
    手術室が足りなくて忙しい病院について、手術室を常に一つ開けておくことで手術数が5%ふえたという話に驚いた。余裕をもつというのはそれぐらいいいらしい。自分も余裕を持った仕事ができるようになりたい。
    スマホアプリがアップデートを繰り返す理由は、100%の出来ではないからというのはあまりにもおおざっぱすぎる説明な気がしなくもない。逆にそれなら、100%なものってなんなのかと。だいたいの物は改良を繰り返していくと思うのだけど。
    それと、日本語はオブジェクト指向な言語という捉え方にも驚いた。名詞だけで話ができる言語だかららしい。オブジェクト指向ってそういうことなのか? ただ、こういうことと言われると、なんとなく分かった気になりそうな気はする。
    読書感想文が辛かったというのはよく分かる。自分もそうだったり、あれのせいで読書嫌いになる子もいるのではないかという悪しき習慣だと思う(自分も本を読むのはいいけど、読書感想文は嫌いだった)。
    なお、仕事術の本といっても、最速で仕事を終わらせてはいけないらしい。なぜなら、最速で終わらせたら次の仕事を頼まれるから。最初に一気に8割やって後はゆっくりやるのがいいのだとか。この考えは分かる気がする(実際、早めにだして次の仕事頼まれたら損した気になる)。
    後、仕事は頼まれなくても自分から喜んで残業するほど楽しい仕事かで選べとのことだけど、確かにそれはすごい理想だと思う。だけど、そういう話を聞くと、自分は何をしたいのだろうと未だに思ってしまう。好きでプログラマになったと思ってるけど、没頭するほどプログラミングが好きなわけでもないし。まあ、そういう場合はやっぱり残業時間が少ないところを選ぶのがいいのかも。

  • 興味深い話もあったが、要約すると「さっさとやれ」だった。午前中にその日の仕事を終わらせるくらいのペースでやる、というのは仕事のやり方として理想なので、実際にトライしてみたい。

  • 「午前中に集中すべきことは終わらせて、午後は流して仕事をする」というところ、最近少しの罪悪感を覚えつつやっていたが、「それでいいんだ」と思えるようになった。
    4時に起きるのはちょっと無理ですがw

  • windows95の開発に関わった凄い人の本。
    仕事術の本だが、最終章に書いてある「集中できない仕事なら、もっと好きになれる仕事に移りましょう」という発言が凄い。
    「目的がダメなら手段を変えてもダメ」なのは当たり前だが、我々はそれを忘れがちだし、言い訳をして現状肯定さえする。著者はそうした反論をことごとく叩き潰し、目的を見直せというシンプルな論点へと誘導する。
    最終章の存在で本書は良書たり得ているように思う。

  • 時間術、仕事に特化してる。
    実績できそうな内容。
    シンプルでわかりやすい。
    マイクロソフト時代のエピソードも面白い。
    話がわかりやすいだけに、章ごとのまとめはいらないかな。ただの繰り返しになってる。

  • 要するに、朝活か・・・

  • 目の覚めるような本!ただのhow to本ではない!まずは実践出来るようにトライ&エラーしてみます^ ^

  • この人な考え方は好感が持てる。
    なかなか日本の社会では実践するにはしがらみが多いけど、諦めちゃいけないなと。

  • 時間術の話としてはよくあるものであるが、本質的な考え方をきちんと捉えているので、個人的には好き。途中、マイクロソフト時代の話も混じっていて、IT好きとしては親近感もわいて、楽しめた。

  • 8:2の法則
    スタートダッシュで8割終わらせる

    18分の昼寝

    寝る前に明日のタスクリストを作ること

  • 時間術の本。中吊りやBBMで紹介されていたので図書館で借りた。予約待ちが結構入ってた。出張中の新幹線で読了。

    8:2の法則でラストスパートではなくスタートダッシュに全力で取り組む。納期は絶対守るために依頼があれば確実な完了期限を見積もれるようにすること。
    朝時間の活用はとても効果的。
    ある研究によると、人があることを習慣にするまでには平均66日かかる。それもかっちり守るのではなく出来ない日があっても続けることが大事。
    結局のところ、好きじゃないと頑張れない。好きだからこそ効率化を図ろうと努力できるのだ。
    無理だ、という人の多くはそのことに対して大して調べてもいないもの。とことん突き詰めれば解決策はあるはずだ。
    勉強のための勉強は続かない。好きなことをするために副次的に身についたもので充分。
    前日の夜に明日のためのToDoリストを作ること。それも15分単位に分割すること。それを終えてチェックしていくことで、仕事に追われるのではなく、仕事を追う感覚が身についていく。

    ブログ「Life is beautiful」の著者とのこと。大学生の頃読んでたなぁ。ひとついい記事があってそこから考え方が好きだなぁと思った記憶がある。

    読んで終わりじゃなく、ここからがスタート。日々取り込んで行こうと思う。

  • ラストスパート志向ダメっていうのいいね。いいこといっぱい言ってる。自慢話に聞こえる?っていうのには大きく頷いた。この白い表紙も自慢げ。

  • かなり乱暴に要約すると、20:80 の法則を日々の仕事に適用するやり方の説明。集中できる時間の確保とこの 20:80 の法則の適用のルーティン化のすすめ。

  • 納得。積んだ時に読むとスッキリする。

  • 多分正しいだろうことが書かれているのでなるほどと思うが,経営者の方が非経営者に語る仕事論に近いものがあると思った.

  • 【No.226】「人の能力がいきなり向上することはない。ならば時間の使い方を徹底的に突き詰めるしかない。すなわち、時間を制する人が、世界を制している」「知ることだけでは十分ではない、それを使わないといけない。やる気だけでは十分ではない、実行しないといけない」「人の2倍以上の能力差がある人にも、時間の使い方次第で勝てる」「仕事とは、どんなに頑張って100%のものを作っても、振り返ればそれは100%ではなく、90%や80%のものに見えてしまう」「やりたいことをやるためには、やりたくないことを速攻終わらせるしかない。効率化するしかない」「いつも全力を出していると、真の実力を発揮できなくなる」「何かをしたいという衝動があり、必要に迫られれば、人間は大抵のことができるようになる」

  • 生産性を謳っている本だが、本当に人生の生産性をあげたいのならこの本は読まなくてもいいかも知れない。その時間があったら、エッセンシャル思考を何度も読み直して、頭の中を整理整頓した方が有益だと感じた。

  • 書籍ランキングの上位にありタイトルの気になった本。仕事の進め方を考えさせラえる1冊。期日の2割の期間で仕事のほぼ8割を終わらせ、あとの期間を調整に使うことで仕事の完成度をあげる、ただその最初の2割の期間でどれだけできるのかはなかなか難しいと思うが。なので、最終章あたりの仕事にどれだけのめりこめるかが一番重要かと。そのための考え方も書いてあるとこはそつがないと思う。

  • ・なぜあなたの仕事は終わらないのか
    ①安請け合いしてしまう
    ②ギリギリまでやらない
    ③計画の見積もりをしない

    ・私にとって 1 0時にハチ公前で待ち合わせをするということは 、すなわち 9時半に T S U T A Y Aのスタ ーバックスにいるということと同義。1 0時にハチ公前に間に合うようにする方法ではなく、9時半にスタ ーバックスで悠然とコーヒーを飲んでいる方法を考える。そうすれば自然と電車に乗る時刻も早くなる。

    ・締切の前に締め切りがあると考えなければならない。逆説的なようだな、締め切りに間に合わせようと考えていても 、締め切りには間に合わない。しかし 、締め切り前に締め切りがあると考えると間に合う。

    フェイスブックのマ ーク ・ザッカ ーバ ーグはいつもグレ ーの Tシャツにジ ーンズをはいている。アップルのスティーブ ・ジョブズは黒のタートルネックにジ ーンズをはいていた。オバマ大統領はグレ ーかブル ーのス ーツを着ていた。→無駄な決断=服選びで時間を割かない。

    ・ビル ・ゲイツが世界一の大金持ちになった理由の一端は 、彼の時間の
    は 、コストをかけてでも 、説明を聞く時間を効率化するために専門のスタッフを雇っていた。彼は 、常時二人の「説明専門家」を雇っていた。そのため高速で重要な意思決定ができた。

    ・時間を制するものは世界を制す
    ①リスクを測定できる
    ②プロトタイプを素早くつくることができる
    ③誤差に対応できる

    ・2:8の法則で仕事をする。最初の2日で仕事の8割を終わらせる。残り8割の時間は流す。

    ・1日の最初の 2時間半で 、 1日のメインの仕事の 8割を終わらせるようにする。午後は気楽に流して働く。

全115件中 51 - 75件を表示

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるのKindle版

ツイートする