なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

  • 1203人登録
  • 3.77評価
    • (61)
    • (136)
    • (86)
    • (16)
    • (4)
  • 115レビュー
著者 : 中島聡
  • 文響社 (2016年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073413

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
グレッチェン・ル...
冨田 和成
アーノルド ベネ...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるの感想・レビュー・書評

  • 20160710 仕事術と言うより、生き方の本。行動が自分も世界も変えていく。流れに乗れると良いのだが流れの速さは人それぞれと割り切って自分のペースでスピードを出していく参考にしたい。

  • この本はなかなか良かった。マイクロソフトでウィンドウズ95の開発をしていた著者が実践している時間術。
    ロケットスタートで、最初の2割の時間で8割を終わらせたり、早朝の時間を界王拳に充てたり。
    自分もやってみたいのだが、会社の仕組み的に朝から会議が入ることが多いので、昼から夕方までの時間を界王拳と考えてしばらく実践してみます。

    遅れる人の特徴:①安請け合いしてしまう ②ギリギリまでやらない ③計画の見積もりをしない

    納得したこと「すべての仕事は必ずやり直しになります。」「10時に待ち合わせだったら、9時半に近くのスターバックスでコーヒーを飲むというのが私のスタイルです。」「集中力を上げるために必要なことをもう一つお話しします。それは、マルチタスクを放棄することです。マルチタスクこそ、仕事が進まない理由の最たるものです。」

  • 旦那が毎日仕事が終わらないというので買ってきて読んでみました。時間術の話もさることながら、筆者のエピソードが面白いです。
    でも、徹夜で仕事したら怒られるし、朝早く出勤もできない会社の人はどうしたらいいんやというツッコミを旦那からはいただきました。

  • Windows95のβがビルゲイツにより採用されたという話だけで既にワクワクが止まらかった。
    あれだけのプロダクトが実は内部で派閥があって、3分で決まった結果だとは当事者からならではの話。
    それを支える考え方が、早く出すという話。
    2割の時間で完成させて、残りは品質を高めに行くというのはそうだよなぁとしみじみ思った。


    難しいことは抜きに、Windowsを知ってるITエンジニアは読んだ方がいい。楽しい。

    そして著者の話は、実際は時間の話なんかで浪費してないで、生きたいように生きて楽しく行こうぜ!という応援のための本だったと私は解釈した。

    良著でした。

  • ただの時間術の本ではありません。中島聡さんご自身のキャリアや生き方がMicrosoftで働くようになるまで、その後と記されています。その過程で仕事をどのように捉え、取り組み、成果を出し、それをブラッシュアップさせていったのか、が著されています。私は時間術もさることながら、人生の生き方について考えさせられました。
    読んでいて、今は亡きスティーブ・ジョブズが当時ペプシコーラの事業担当社長をしていたジョン・スカリーを口説いた言葉を思い出しました。「残りの人生、ずっと砂糖水を得ることに使うのか。俺と世界を変えてみないか。」中島聡さんは、人生は楽しむためにあり、つまらないことや嫌なことをしている時間はない、と言っています。
    でも人はつまらないことや嫌なことに向き合わなければなりません。どうするか。それはぜひこの本を読んで中島聡さんから教えて頂いてください。

  • 紙の本を久しぶりに読み終えた。朝型にシフト。海王拳20倍で2割の時間で、仕事を8割まで完成に持っていけば締切は守れる!渋谷に10:00に待ち合わせなら、9:30にはTSUTSYAのスタバでコーヒーを飲む。9:55に駅に着くようなスケジュールだと電車遅延に巻き込まれ約束を守れないって話。

  • ラストスパートと徹夜に依存しないこと。実践する。

  • 仕事に行く前から仕事は始められる。
    とにかくスピードが大事。

  • 初めの2割で8割を終わらせるロケットスタート

  • ありがちだが、実践的な部分もあり、実際実践的

全115件中 101 - 115件を表示

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるのKindle版

ツイートする