なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

  • 1251人登録
  • 3.77評価
    • (67)
    • (141)
    • (92)
    • (18)
    • (4)
  • 121レビュー
著者 : 中島聡
  • 文響社 (2016年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073413

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるの感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • なんか、仕事のスタイルが違うからか、ピンと来なかった。話は分かる。概念はわかる。あなたの仕事は、10日でこれをやりなさいというインプットだと思う。私は違う。
    大きな仕事をするときはそれでよいかも。

    とりあえず、朝集中できる時間帯に一気に片付けろって
    そして、納期ぴったりに提出する。

    どうでもいい仕事は午後にする。
    メールの返信も午後にする。見すらしなくてもよい。

    朝は完全に集中。やるべき、集中して全精力を使ってやるべき仕事をやる。
    そうしよう。

    ただ、細かな仕事を減らしてすっきりさせてしまいたい気持ちもあるんだよなぁ。
    でも、確かにそういうのはすべて書き出してしまえばいいだけで、実行はまた後で良いかも。

    細かな奴は午後でいいか。
    あれ、私の仕事の中に頭使うやつあったっけ?あるか。あるある。

    ラストスパート式がだめなこと、よくわかった。暇な時こそ集中して仕事を片付けるべき。言われてすぐやるのだ。言われてすぐやって、無理かどうか判断するのだ。

    すぐやる!

  • ◯具体的にどうするかというと、左端にチェックボックスを書き、その右に仕事の内容を書きます。ここで重要なのは仕事は15分程度で終わる単位の仕事に分けることです。(274p)

    ★プログラムのようにきっちり仕様が固まっている仕事ならばよいが、仕事を一気に仕上げてしまうよりも、途中で何度か方向性にズレがないか確認した方が良いのでは、と思った。とは言え、絶対に期限を守る姿勢は見習いたい。
    ★最後に時間術を実践しやすいよう、今夜の作業から提案してくれるのは好感が持てた。

  • ロケットスタート時間術。予定の2割の時間で仕事の8割を終わらせる。
    分かりやすく共感出来るので、実行してみたいと思う。
    ただ、作者のようにフリーではない普通の会社員では実行不可なものも多い。
    まあ、出来るところから始めようということだろう。

  • 始めのうちは面白かったのが、だんだんと退屈になってきた。他人の武勇伝もまんざらでないので、自慢話が多いのはかまわないのだが、結局のところ、自分の会社の従業員向けメッセージ本に過ぎなかった。

  • 「ラストスパート志向」が諸悪の根源。
    ロケットスタートで、与えられた期間の2割の期間で8割まで終わらせる。

    10日でやるべきタスクだったら、その2割の8日間で、8割終わらせるつもりでフルパワーで仕事をすること。

    その間、マルチタスクはをやめ、メールは気にせず、その仕事だけに集中する。
    そのためには、早朝の時間が大事。
    「ロケットスタート時間術」を使えば、質の高い仕事を、必ず期限内に遂行できる。
    自分の自由時間も確保できる。
    なかなか魅力的な内容であり、さっそく実行してみることにした。
    まず、早寝早起き。

    だが、どうしても二度寝してしまう。
    睡眠時間が増えただけになってしまった。

    時々、職場に1時間ぐらい早く行ってみた。
    だが、いろいろいな雑務で時間が過ぎてしまい、肝心の業務にとりかかれない。
    締め切りが先のものは、ついつい後に延ばしてしまう。
    やはり「ラストスパート志向」に陥りがち。
    長年身についた習慣を変えるのは難しい。

    とはいえ簡単に諦めるのももったいない。
    すこしづつでも改善したいものだ。

  • 第5回ブクログ大賞 ビジネス部門大賞
    http://booklog.jp/award/2017/winner/business

    受賞記念インタビュー
    前編: https://hon.booklog.jp/interview/nakajima-satoshi-20170912
    後編: https://hon.booklog.jp/interview/nakajima-satoshi-20170913

    p.44 センディル ムッライナタン,エルダー シャフィール『いつも「時間がない」あなたに: 欠乏の行動経済学』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • かしこい人の時間術指南。タイトル通り、仕事を進める上での話が前提だが、プライベートでも適用できる、いわば生活習慣に通じる内容。やらなければならない仕事の本質(ターゲット)の理解がまず大事で、進め方はそこからの逆算であり、そこを効率化する為の時間管理という筋。わかりやすく説明しようとしすぎている為か、重複があったりとやや冗長な文面が惜しい。著者のMS時代のエピソードは、日本人では著者にしか語れないような証言たけに興味深かった。

  • 【全体の感想】
    1冊を通して「早めにとりかかること」の重要性を説いています。
    私自身プログラマとしての経験もあるので、言っていること(やっていること)はわかるのですが、
    少し極端すぎる気がしたので、即実践にはつなげられないと感じました。

    ただ、著者のすごさ(仕事経験)を知ることはできるので、
    エンジニアの方はこんな風にできるようになりたい!と思えるかもしれません。

    【おすすめしたい人】
    ・ソフトウェア開発者等のエンジニア
    ・仕事の効率化をしたい人
    ・マイクロソフトに興味のある人

  • 具体的にどうするか、というよりは心構えについてという印象でした。事例なども多いので、職業や働くスタイルによっては記載されていることをそのまま実践にうつすこともできそうでしたが、そうでない場合は自身の職業やスタイルにあてはめるならどうするべきか、ということをしっかり考えて行動する必要がありそうです。

  • 【実践内容】
    ・タスクは期限までの最初の2割の時間で8割終わらせる
    ・上記の時間は見積もり時間として、終わらない場合は遅延報告を上げる
    ・明日のタスクリストを15分刻みで作成する

    【要約】
    時間を制するものは人生を制する
    仕事を終わらせるには『ラストスパート』ではなく『スタートダッシュ』しかない

    【感想】
    実践的かつ即効果が見込める良書でした。
    個人的には最初の2割の時間でタスクをほぼ完成させて、すぐに納品するではなく、残り8割の時間は集中力を使わずに作業をして出した方が評価が上がるというのは目から鱗でした。

中島聡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
アーノルド ベネ...
三谷 宏治
冨田 和成
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器であるのKindle版

ツイートする