すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法

  • 616人登録
  • 3.47評価
    • (20)
    • (37)
    • (40)
    • (11)
    • (6)
  • 48レビュー
著者 : 菅原洋平
  • 文響社 (2016年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073468

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・ガ...
リンダ グラット...
グレッチェン・ル...
佐々木 圭一
アーノルド ベネ...
有効な右矢印 無効な右矢印

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法の感想・レビュー・書評

  • ーーーーー2016/12/17 山下ーーーーー
    【概要】
     作業療法士の著者が、リハビリテーションの現場から学んだ行動力を高める科学的な方法について書いた本
    【評価】
     90点
    【共有したい内容】
    ・起床から4時間後が脳の活動がもっとも活発になる。この時間にだるかったりぼーっとしていたら睡眠に問題があり、睡眠の管理が必要。
    ・「フィードフォワード」目的を達成するめにはどうあるべきかを予測して行動を決めるシステム
    脳が自動的に無意識的にフィードフォワードのシステムを起動しやすい状況をつくる。脳が次の行動を予測できるところまでは前の行動を途切れさせずに連続させること。これはちょっとだけ作業に手をつけてから行動を区切ることによってできる。
    ・脳は他人の真似をするようにできている。まわりにすぐやらない人がいればそれもまた伝染していき、チームや職場全体になんとなく先延ばしにする雰囲気がつくられていく。すぐやらない人を視界にいれずにすぐやる人を視界にいれるようにすることで脳の働きを優秀な人に近づけることができる。
    ・脳が覚醒いていないときは、体の中心部分の活動が低下するため、体勢が悪くなる。腕組、足組をせず座り姿勢をなおすこと。
    ・「感触」は脳活性化の強制スイッチ!感じられる触覚が少なくなると、脳はやる気になりにくく、「すぐやる」ことや、「継続してやり続ける」ことが難しくなる。「やる気」といった心理的な要素だけでなく、生理的な要素でもあります。触覚が豊かになると、実際に体が動きやすくなるのです。
    【読んだ方がいい人】
    ・すぐやるかどうかは単にやる気の問題だと思っている人
    ・家でぐだぐだしてしまうのをなおしたい人
    【悪いところ】
    ・日常の行動の話が多くビジネスの話が少ない
    【どういう時に役に立つか】
    ・めんどくさがりなのをなおしたいと思った時
    【自由記述】
    作業療法士なので脳のの仕組みと体のつながりが説明されていて面白い。触覚が大事というのは驚きで、できるだけ汚れないように日常を過ごすのはよくないんだと知った。

  • ・自分で決める。
    ・上位のカテゴリーを考えて行動する。
    (情報の整理が出来るようになる、とか)
    ・「これは、次の○○の準備だ」と口にしてみる。

  • なんとなく自分でも気づきつつある話。やる気は気持ちだけの問題ではない。セルフ背水の陣と過剰な期待、その後の自己全否定。気をつけて日々前進しなければ。

  • すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法
    2016/7/27 著:菅原洋平

    「すぐやらない」原因は、「性格」や「やる気」の問題ではなく、脳が「すぐやる」モードになっていないだけである。

    重要なことは、自分の脳を「すぐできる」ように仕向けてやることである。脳に「見せる」「聞かせる」「触らせる」という3つの入り口を使って、脳と身体を「すぐやる」ように仕向けていくことが大切である。

    本書の構成は以下の8章から成る。
    ①「やるべきこと」にすぐ手をつけるコツ
    ②「ひとつのこと」を終えた後、「次」にスムーズにとりかかるには?
    ③すぐやる集団、すぐやらない集団 「すぐやらない」は伝染する
    ④「脳が勝手にやる気になる」言葉の使い方
    ⑤「やればできる」という言葉でかえって「本気」が出せなくなっていた
    ⑥「すぐやるスイッチ」をすぐ入れる簡単な方法
    ⑦行動力が劇的に上がる「触る力」活用法
    ⑧「なんとなくいつもネガティブ」の原因は、「脳の慢性疲労」にありました

    作業療法士として活躍する著者による脳を科学的に捉えた「すぐやる」体質への変化の仕組みの紹介。すぐやりたい。すぐよみたい。すぐ読んだ。まだ変わっていない。「すぐやる」体質にすぐ変わることはない。一瞬で変わるそれは変わった気になっているだけ、しかし、それを継続する延長線上には明らかに「すぐやる」自分が待っている。

    少し先にいるその自分。のんびり「すぐやる」に近づくとしよう。

  • すぐやる!だけにすぐ読み終えた。
    読むだけですぐやるスイッチが押される気がする。
    で、結局どうすればいいの!?というもどかしさもそこここで感じつつ、具体的なエクササイズは試してみたい。
    触感が大事、ということなので、とりあえずデジタルではないリアル国語辞典を買いに行こうかな。

  • 作業療法士である著者が書いた人間の行動力を促す方法はとてもわかりやすく説得力があります。

    タイトルにある「すぐやる」というのが何事においても一番大事であると同時に誰にとっても「すぐやる」というのが一番難しい課題でもあるんでしょうね。

    自分の行動を見直す良いヒントが沢山です。

    おすすめです。

  • 脳の働きによる観点から行動を変えるという面白い切り口の本でした。
    気持ちを変えるのではなく、脳の働きを上手く活用してあげることがポイントのようです。

  • 1.選択肢を見せたらおわり
    つまり選択肢をみせたら「こんな展開もありか」と可能性をさがす脳
    単純 日付を書いたらだらだらしていい、一枚だけあらうそぶりをみせる
    エラーレス ミラーニューロン
    みるきくさわるカウンターミラーニューロン
    2.脳のブローカ野
    鎧→軽い鎧 わざ言語 フロー状態
    3.小さい達成に注目してドーパミンをだす
    メンタル文法視野のゆがみ 強制把握反射
    振動触覚はパチニしょうたい、受容器。メルケル

  • 作業療法士の方が書いたもの。
    作業療法士って、ここまで脳科学的なことをやるなんて思ってもいなかった。
    触覚は強い
    ルーティンは大丈夫。余計なことをすると疲れる
    メンタル文法の件は、よくわからない。仮説の域ではないのな。
    望まない状態をことばにしない
    基準行動を早める
    わざ言語は強い
    体験は言葉にしておくと、思い出しやすい。
    やなモデルは視界にいれない

  • 「すぐやる」為に必要なのは、やる気だけでは無理なことがわかりやすく説明されています。少しずつでも実行出来そうなことも多く、これから試してみたいです。

  • 簡単に試せることばかりなので、日々の生活でどんどん活用していきたいです。

  • 今年1番のクソ本でした。
    すぐやれるかどうかには脳が影響してる!みたいな内容。

    クソだと思った点
    1.科学的根拠に基づいてることが売りらしいけど、一読者からしたらそんなことはどうだっていい。
    2.章立てや構成に一貫性がないから、最後まで読んでも結局、結論なに?ってなる。
    3.一つの章の中でさえ、イイタイコトにまとまりがないため、「で、この章では結局何が言いたかったの?」ってなる。

    良いと思った点
    1.具体的なエピソードを交えていて(ただしそのエピソードの良し悪しは別)、わかりやすかった。
    2.スモールステップの話は実践的でよかった、今日から試してみます。

    自分個人の結論としては、
    「すぐやる人はこんな成功を手にする!」
    みたいなことが書かれた本読んだ方が「すぐやる」人にはなれると思います✋

  • 【意識することbyすぐやる!】
    ベッドの中で睡眠以外をしない
    朝日を窓から浴びる
    起きて(6:30)から6時間後(12:30)に少し目を閉じる
    起きて(6:30)から11時間後(17:30)に寝ない
    起きる時間を唱えてから寝る
    平日と休日で起きる時間を変えない

    使ったものを元に戻す(スマホは出しっ放しにしない)
    新しい作業の区切りを見せる
    帰宅したら、勉強道具を出してノートに日付を書く
    流しに皿を置かずに洗う
    扉をきちんと閉める
    姿勢を正す
    反面教師にする
    体感したことを経験的な言葉を付けて話す
    ポジティブな内言語を使う
    シャワーを浴びる時間を決める0時
    →0:30に寝て徐々に6:30に起きる
    私は、やりたいことならすぐできる
    メンタル文法を見直す
    触り心地を大事にする
    爪を整える
    何も考えずできることはルーチンにする

  • この手の本も数冊読んできたが、書かれている内容はほぼ似通っている。
    本書でのポイントは、能動的に脳をその気にさせて、簡単なことからでもちょっと始めてみる。自分なりのその気にさせるためのキーワードを脳に覚えこませる。脳を疲れさせないために、毎日やることはルーチン化して考えないようにする。すぐやらない人のクセは伝染するので気を付ける。

    ・適切な睡眠の量は生まれ持つた遺伝子によって、つまり人によって異なります。また、同じ人でも年齢を重ねれば必要な量は減っていきます。さらに必要な睡眠の量は、その日の目照時間と関係があります。必要な睡眠時間は常に変化しているため、「その日の目分」にちょうどいい睡眠量や脳の活性度を管理する基準として、「起床4時間後の眠気の有無」を見るのが有効なのです。もしその時間にだるかったり、あくびが出たり、ぼ1つとするなどの兆候があるならば、それは睡眠が不足しているというサインです。睡眠時間が短かったり、眠りの質が低くなってしまっています。逆に頭がスッキリ冴えていれば適切な睡眠時間が取れている証拠です。
    ・脳は、目から入つた情報に、もっとも大きな影響を受けています。一度脳に見せてしまったら、もう逆らえません。やる気があっても、少しだけテレビやスマホを見てしまったら、そこからの行動には「意志の力」が必要になってしまいます。従って、やるべきことを邪魔するものは出来るだけ視界に入らないようにしておくことが大切です。
    ・脳と体は、脳からの指示に従って体を動かすときと、身体を動かした結果から得られる感覚(視覚、聴覚、触覚など)が体を介して脳に伝えられる(これをフィードバックという)。
    ・「すぐやる」ためには、受け身(フィードバック)ではなく、能動的なシステムを活用しなければいけません。「どうしたいか」によって、作業の様子が変わる。れは、脳が目的に合わせて結果を予測して行動しているからです。自分はそもそも何のために行動しているのか、どこへ向かおうとしていえるのか、を定めて、そのためには体にどんな指令をすればよいかを決める。そして指令する。このしくみが、「フィードフォワード」です。フィードバツクが過去に基づくなら、フイードフォワードは未来に働きかけるものといえます。
    ・私たちは、体調が悪くなったり損をしたことには敏感に気づきます。しかし反対に状況がよくなると、悪かったときのことを忘れてしまう。そのため、改善したことにはなかなか気づきません。「いつも最悪」と感じている時は、本当に最悪なわけではありません。今の自分と過去の自分を対比できていないだけです。
    ・大事なことは、設定した目標通りに行動ができたかどうかではなく、今の自分の行動が能動的にコントロールできているかどうかに目を向けることです。
    ・「すぐやる」ためには、自分の「すぐやらなくなるサイン」に気づくこと力必要なのです。
    ・次の作業にちょっとだけ手をつけることが、脳に予測を立てやすくするだけでなく、今の自分を知るサインだと位置づけておけば、どんな状況にもしなやかに対応ずることができるはずです。
    は無意識に他人を真似してしまうため、自分でも気づかないうちに周囲の人と、しぐさや話し方、ログセが似てきます。ですから、周りに「すぐにやらない人」がいれば、それもまた周囲に伝染していき、チーム全体に「先延ばしする雰囲気」が作られていきます。さらに、「すぐやらない人」の方が伝染力が強いのです。
    ・脳はその集団に染まりたくなくても、そこに所属し、その様子を目にする限りはやめることはできません。神経活動は、あなたが真似したい相手でも真似したくない相手でも、同じように働いてしまうのです。
    ・レベルの高い集団に身を置くことで、自分のレベルが上がることがある。
    ・耳から入れる情報の中でももっとも大切なのは、「自分自... 続きを読む

  • スモールステップ
    少しずつハードルを上げていく

    罪悪感はその後の反省によるドーパミン放出で過剰期待を生む。悪循環。

  • 作業療法士が書いた自分の脳を「すぐにできるように仕向ける」ための方法。

    ・起床から4時間後が1日でもっとも頭がいい時間帯

    まぁ、なんとなく取り入れられるところは取り入れて。

    ■「やるべきこと」にすぐに手をつけるコツ
    →脳に別のものを見せない
     例)テレビを見ないためには、テレビのリモコンを見ない、そのためには定位置をつくる、使ったら元の位置に戻す(リモコンを見てしまったら脳の意識はそちらにいっている)
    やるべきことに集中するために、パソコンのモニターはこまめに電源オフ、カフェでスマホを出さない、TO DOを普選に書き溜めないなど
    ■「ひとつのこと」を終えたあと、「次」にスムーズに取り掛かるには?
    →フィードバックという受け身ではなく「フィードフォワード」。目的を達成するためにどうあるべきかを予測して行動を決めるシステム
    自分はそもそも何のために行動しているのか、どこへ向かおうをしているのか、それを定めて指令してやる。
    脳に「次の行動」を予測させるには、作業の区切りを意識させることが大事。”作業の区切りを意識する”
    例)帰宅したら、まず○○をする等、次の行動にうつすための区切りの行動を入れて意識させる
    ■すぐやる集団、やらない集団、「すぐやらない」は伝染する
    →脳は「他人を真似する」ようにできている
    なので、「すぐやる人」、「真似をしたい人」を視界に入れるようにする。レベルの高い集団に身を置くことで、自分のレベルが上がっていく。仕事の効率が悪い人の様子を見続けない。
    ■「脳が勝手にやる気になる」言葉の使い方
    →言葉によって脳は動き出す。
    脳が自分から動き出す「言葉」
    ①主観的な言葉・②客観的な言葉・③経験的な言葉
    右手が動かない、治療が必要な人の場合
    ①力が入らない②動かない③鎧を着ているようだ
    この③の経験的な言葉で会話をすることが大事。
    鎧を着たまま動かせますか?
    自分なりの感じたことを、どんどん言葉にする。
    ■「やればできる」という言葉でかえって「本気」が出せなくなっていた
    →自分の体験から得た感覚を元にして組み立てた言語、いわゆる「わざ言葉」はすぐにやれている人でないと本質的に伝わらない。
    →「ここまではできる」と到達点を具体的にすること。
     「望まない状態」を口にしないこと
    ■「すぐやるスイッチ」をすぐ入れる簡単な方法
    →「意識的」に使う言葉を変える。自分の身体が自然に動く状態になっているときの言葉、モチベーションの源泉となるキーワードを見つける。
    例えば、「ほめられる」「人のため」「頼られる」とか「これは許せない」「負けられない」「嫌悪感」など人によって違うが、脳をその気にさせる自分のキーワードを見つけ、その言葉の後に「すぐやる」をくっつけて口に出す
    「人のため」ならすぐやる
    「頼られた」らすぐやる
    「許せない」ことはすぐやる等
    ■行動力が劇的に上がる「触る力」
    →「感触」は脳活性化の強制スイッチ
    顔を洗う、手が汚れる作業、筆記用具を反発力、爪を整えるなど自分なりのスイッチを持つ
    ■脳の慢性疲労→なんとなくネガティブ
    →いつも通り、ルーチン化できるものはする

  • 脳の機能や仕組みを活かせば、ちょっとした言動を変化させるだけで効率的に物事進められるというTipsが散りばめられた、サクッと読める本でした。

  • 気持ちの問題ではない。工夫をすることが大切。

  • 後回しにするタイプ、切羽詰まらないとやらないタイプ、はない。
    起床から4時間後、に頭が冴えているか。

    目が冷めたら陽の光を浴びる。
    翌朝の起きる時間を3回唱えてから眠る。

    元の場所に戻す=脳に余計なエネルギーを使わせない。

    一つの時間にひとつのことをやる。同時進行しない。
    TODOを書き出して順番を決める。
    やりにくい作業はちょっとだけでも手を付ける。
    最初にメールチェックしない。

    国語辞典を読んで知らない言葉に触れる。

  • すぐやるの題材だけど、それって自分自身の問題だよね。やる為のコツは少しあるが共感や参考になることがあまりない。


    これ読んで思い出したのが、
    スタンドフォードの自分を変える教室
    の方が何倍も為になる。自分を変えてやれるように、ポジティブになれる。

  • 脳は騙されやすい一方、それを逆手にとり、努力によるのではなく脳を良い方向に仕向けることで行動を制御しようという発想を徹底させている。科学的であろうとするあまり、神経部位の名称を取り上げておきながら説明にいかされていない箇所もあるが、具体的なアドバイスが多く、長過ぎず読みやすい指南書。

  • 面白い。無理な努力ではなく、行動学的にコントロールするなんて斬新です。
    なんども読みたい良書。

  •  やる気スイッチなどない。
     惰性で続けていることを切り替える方策は、なるほど!である。いかに雑に日常生活を送っているのか反省した。
     少しずつ人は変わる。All or Nothing とした場合、Nothingになってしまうくらい。0から100の間の、ほんの少しの差。だからこそ、ささやかな成果に気づき続けるしかない。
     整理整頓を習慣化しよう。とりあえず、情報過多だと感じたら少し片付けよう。

  • なんか出来そう

  • 自分に適用出来そうなところだけ軽く拾い読み。

    脳疲労をとる話、睡眠のはなし、視覚にはいるものを少なくする話、触覚の大切さ、SNSとの付き合いかた
    ↑特に共感した。調子が良くないときには参考にする。

    脳の仕組みによる説明と、作業療法士さんの言葉が、私には合っていた。

全48件中 1 - 25件を表示

菅原洋平の作品一覧

菅原洋平の作品ランキング・新刊情報

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法の作品紹介

「ガマン」「努力」「無理」不要!
人生を変える「行動力」の高め方!!

・子供の頃、夏休みの宿題は追い込まれてからまとめて片付けていた
・締め切り間近にならないと本気になれない
・帰宅後、テレビを見てダラダラ。本当は早く寝たいけど……

「やるべきこと」を「すぐにやれない」原因は、「性格」でも「やる気」でもありません。脳が「すぐやる」モードになっていないだけです。
脳を「すぐやる」モードに切り替えることができれば、実行に移す労力が驚くほど小さくなるでしょう。さっそく今日から取り入れて、「面倒くさいなあ」と感じる前に、やるべきことをサクサク片づけていきましょう!

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な"方法のKindle版

ツイートする