脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

  • 336人登録
  • 4.00評価
    • (20)
    • (18)
    • (12)
    • (4)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 樺沢紫苑
  • 文響社 (2016年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073734

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 興味深い考察で、試してみたいアイディアもあった。
    昔に比べるとタイプが変わってきてるのかな。

  • 樺沢さんの本は脳医学的見地から書かれていて、面白い。脳内物質がどういう時に分泌され、どういう役割かを知るだけで、仕事がうまくいったり、幸せな気分になる方法を理解しやすい。

  • シナプス(神経細胞間)で情報伝達を介在する物質。
    シナプス前細胞に神経伝達物質の合成系があり、シナプス後細胞に神経伝達物質の受容体がある。

    1.ドーパミンはマイルストーン 小目標の達成
    →長期の目標ではドーパミンは出ないようになっていて、より短気な目標を立てれば立てるほど、出やすくなる。イメージするだけでドーパミンが出てやる気が出る。

    21ノルアドレナリンは闘争か迷走か
    締め切りを 何曜日の何時から何時まで
    行う
    3.シータ波、ぶらりたびで出る 
    →ひらめきのもと。腹式呼吸でも。

  • ◯10年、20年という努力の先に、幸せがあるわけではありません。その努力の階段を上がり続けている「今」が、実は一番幸せなのです。(85p)

    ◯子供の「ピアノが好き」という気持ちを、後押しするような接し方をしているのです。ちょっと失敗したからといって怒りません。「練習しなきゃいけません」とか「○○しないといけません」といった強制もしません。(108p)

    ◯大事な会議などの前にドキドキしたら、「いつもよりうまくやれる兆候だ!」と、ピンチに陥ってドキドキしたら、「ピンチを乗り越えられる兆候だ!」とポジティブに捉えてください。(160p)

    ◯喜んで、感謝を忘れずに仕事をすれば、仕事は楽しくなり、仕事はうまくいきます。(320p)

    ★ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、メラトニン、アセチルコリン、エンドルフェンの働きを仕事に生かす具体的手法を解説する本。昔から言われている幸せになるための生活習慣に科学的裏付けが得られる。

  • バリバリ働きたい。それは全てのビジネスパーソンに共通している願望だろう。
    この本はそんな願望を脳科学的な目線から、時には例え話を交えて(エバァンゲリオン、ウルトラマン、マッチ売りの少女など)、改善策を示してくれる。
    脳内物質の説明も実に明瞭でわかりやすく、直ぐに使えるノウハウが満載です。

    そうか、そう考えれば良いのか!という気づきや、適度なプレッシャーや負荷をかけることで、パフォーマンスが上がるということを知ることが出来た。
    数あるビジネス書の中でも何度でも読み返して、実践出来る良書です。

  • 最初は「なんか精神論に行きそうかも?」と感じましたが、そこは精神科医が著者なだけあって、科学的に良い方向/習慣/考え方を示唆してくれる内容になっています。
    内容も読みやすく、ビジネス書的には比較的ページ数はありますが、それを感じさせない良書でした。

  • ノルアドレナリン、アドレナリン、ドーパミン、セロトニン、アセチルコリン、エンドルフィン、メラトニンと、脳内物質をインデックスに多角的によくまとまった脳科学の本。実用的な側面にフォーカスして、何によって分泌されて、具体的にどのような効果が及ぼされるのか、が主に説明されているのもわかりやすくて好感が持てる。

  • 脳内物質をうまく出して、それを仕事に役立たせようということが書かれており、全て科学的な裏打ちがあるので、すぐにでも試してみたいものばかり

    ①ドーパミン 幸福、快感
    目標設定と目標達成で分泌
    達成の際には自分へのご褒美。これによりドーパミンがより分泌

    ②ノルアドレナリン 闘争と逃走
    危機的な状況で分泌
    集中力がアップ

    ③セロトニン 癒し、落ち着き
    朝の日光
    リズム運動、深呼吸、感動の涙

    ④エンドルフィン 多幸感
    ランナーズハイのように苦しいとき、または非常に心地よいときに分泌
    「フロー」状態と関係する

  • 自己啓発本をたくさん読んでいるせいか、思いの外、内容は普通だった。
    ただ、科学的にアプローチした説明だったので、今まで書いてあった他の本がより明確になった。

  • 良書

全23件中 1 - 10件を表示

樺沢紫苑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
アーノルド ベネ...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法を本棚に「積読」で登録しているひと

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法の作品紹介

仕事に必要なやる気、集中力、学習力、記憶力・・・そうした人間の能力について脳のどの部分がどのように関与しているか? それぞれを高めるためには何をしたらいいのか?精神科医の著者が具体的な方法を7つの脳内物質(ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、アセチルコリン、メラトニン、エンドルフィン)の科学的根拠に基づき紹介しています。単なる精神論のビジネス書とはお別れしませんか?

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法はこんな本です

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法のKindle版

ツイートする