仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?

  • 310人登録
  • 3.08評価
    • (3)
    • (11)
    • (28)
    • (5)
    • (4)
  • 25レビュー
著者 : 飯野謙次
  • 文響社 (2017年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073741

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仕事上のミスを防ぐための様々なヒントを与えてくれる本。いずれにせよ、自分で「考える」ことが重要であると感じた。

  • タイトル通りの内容の啓発書。
    著者が工学博士であり、失敗学会の関係者でもある、というプロフィールに興味を持ち一読。

    結果としては、思いのほか、対症療法的なTIPS集。
    著者の経歴から、もっとシステマティックで大系化された独自ノウハウがあるのかな、と勝手に夢想した私が悪いと言えば悪い。
    気づきが得られるところもあり、取り込めるところも幾分かは見つかるだろう、平均的な出来のビジネス書。

  • ごもっともだが、個人的にはどこかで聞いたことのあるような話ばかり。
    よくまとまっててよい本なので、若いひとたちにはよさそう。

  • 【Business】仕事が早いのにミスしない人は、何をしているのか? /飯野謙次 / 20170810 (61/657) <271/81099>
    ◆きっかけ
    ・タイトルに惹かれて

    ◆感想
    ・何でも確認!
    ・説明が自分中心になっていないか?はドキっとさせられた。
    ・カンは養える。外部依存しすぎない。
    ・失敗は成功のもと!

    ◆引用
    ・あなた=ミスする人というイメージが何よりも恐ろしい
    ・1作業1チェックでチェックリスト作成
    ・ダブルチェック:見る人を変える、見方を変える、見た目を変える。
    ・TODOLIST:ポストイットで。重要なこと、すぐにやるべきことほど手前にくる。
    ・対応が残っているメールは、未読にしておく
    ・知らないことにどう対処するか。=>Google検索。
    ・言葉を正確に理解する習慣がつけば、意思疎通のミスによる失敗は減らせる。
    ・依頼:ほかの案件が立て込んでいるので3日後までなら。逆にこの仕事はどのくらい時間がかかるかと尋ねるのも手。
    ・生み出す仕事と単純作業を組み合わせる。
    ・勘の鋭さを取り戻す:今何時、北はどっち?今何度?
    ・言葉だけで交わされている物事を、図、絵、文字にすることで食い違いが激減。
    ・大きな目標は小さな目標に分解すれば達成可能。一つ一つの目標を達成する方法を考える。
    ・指示されたことを一段階ほぐして言い換える。例)例の書類、3日までによろしく=>見積書と提案書を24日17時までに部長に渡しますね。
    ・説明が自分中心になっていないか?
    ・服装は相手がどんな人か知るための一番の情報源。
    ・話し始める前に、相手の聞きたいことが何かを考える。
    ・どうやったら、失敗できるかを敢えて考えてみる。
    ・失敗しても、他人を励ますつもりで考えれば、何か考え着く。
    ・一流の失敗対策=>がっかりはする。くよくよはしない。
    ・失敗の4大原因
     -注意不足:以後気をつけます、同じミスはしない、ではだめ=>ミスしないシステム作り
     -伝達不良:暗黙知を形式知に落とし込む+内容や概念を伝える(自分流に言い換える)
     -学習不足:学習する動機付けと学習を楽しむ工夫を
     -計画不良:的確な計画を立てること。どの点のどのようなことが考えが甘かったか。
    ・計画=>行動=>結果の大きなサイクルの中に、小さなサイクル、さらに小さなサイクルがあるイメージ。いつまでに自分の持てる力のどのくらいをかけて実行するか、を考える。
    ・余裕を持ってミスを捉える。同じミスが起こらないしくみを編み出し、マイナスになった分を取り戻すことを考える。これが本当の強さ。
    ・失敗に対して原因を追求し、対策をたてていくことは、そのまま自分の創造性を高めることにつながる。

  • 当たり前だけど改めて勉強。

  • ミスをしない人は、周囲からの信頼上がるので好循環を生み出す。そして重要な仕事も任されるようになる。
    しかしミスをよくすると回るの人が思われると、レビューが細かくなり、その結果ミスをしない人ではスルーされるような、ミスともいえないようなことまで指摘され、ますます周囲の評価が下がる。

    内容はとても面白くためになった。

    では、ミスをしない人の仕事は実際にどのような工夫をしているのか?自分も身に着けたいとおもたこと
    ・自分の失敗を冷静に分析し、それを繰り返そうにもできないような「からくり」を考える。
    ・どうすれば失敗できるのか?を考える(逆から考える)

  • ありきたりのことのようで、できていないと感じたこと、あり。愚直に実行!

  • 平成29年6月23日読了

  • Yotsuya

  • チェックは視点を変えるために、そもそも逆から見てみなさい。って実践させていただいております。
    こういうところから少しづつ成長していきたいものですね。

全25件中 1 - 10件を表示

飯野謙次の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
メンタリストDa...
ベン・ホロウィッ...
三谷 宏治
恩田 陸
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?を本棚に登録しているひと

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?を本棚に「積読」で登録しているひと

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?の作品紹介

「ミスしない」は、仕事の効率化&できる人になる、最短ルート!

ミスは、「しないほうがいい」というような軽いものではありません。
「ミスをしない」ということは、それだけで信頼感が高まり、あなた自身の「強み」になるのです。

失敗やミスを回避し、仕事を効率化するコツを本書で体得し、仕事の質とスピードを同時にあげてください。
ハイスピード&ハイクオリティの仕事はやがて、人生最高の楽しみになるはずです!

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?のKindle版

ツイートする