「欲」をコントロールする方法

  • 29人登録
  • 2.40評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 西多昌規
  • 文響社 (2017年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073758

「欲」をコントロールする方法の感想・レビュー・書評

  • 「欲」をコントロールする方法
    2017/2/1 著:西多 昌規

    歪んだ承認欲求は、不安やイライラなど精神の不安定や幸福感の低下につながる。良くは身を亡ぼすと言われているものの、著者から見れば、時流の変化と共に一昔前とは異なった欲望が、社会全体を蝕んでいるように思える。

    本書は、日本で精神科医として診療してきた経験に、アメリカでの異文化体験を交えてできあがった、現代の日本人が心掛けたい「罪」=「欲」との付き合い方を以下の9章により説明している。
    ①心が晴れない人は不幸か
    ②強欲
    ③色欲
    ④暴食
    ⑤憂鬱
    ⑥憤怒
    ⑦怠惰
    ⑧虚飾
    ⑨傲慢

    「欲」という言葉にはあまり良いイメージを抱かない。しかし、人は「欲」をモノゴトを行うためのエネルギーに変え生きているという側面も否めない。しかし、その「欲」が過度であったり、方向性を間違ったりすると「欲」はエネルギーどころかマイナスに作用する。

    全てはバランスなのかもしれない。
    たしかに「欲」をコントロールすることができれば、自分の全てをコントロールすることになるのかもしれない。まずは自分は「欲」があるということを受け止めて、上手に付き合うということを念頭に置くことから全てが始まるのかもしれない。

  • 憂鬱でなければ仕事じゃない。憂鬱を跳ね返せばエネルギーになる。

    地位にこだわるのは脳が保守化してきた証拠。

    自分の欲望を明確化する。

    あきらめる、とは真理を悟る、の意。何かを諦めるとものごとの真意が見える。

    消費は繰り返され過剰になっていく。消費の無限ループにハマると満足できない。

    無理な元気は失速のもと。

    ネガティブな感情は、自信過剰にならない謙虚さの表れ。ほどよいマイナス思考を取り入れる。

    サボるのは、戦略的充電時間と考える。生活に定期的な怠惰を取り入れる。

  • 欲をコントロールする個人的な方法は書いてあったが、あまり論理的でなかったのが残念。
    この本を読んで、欲をコントロールすることと、成長意欲の難しさについて考えさせられた。

全3件中 1 - 3件を表示

「欲」をコントロールする方法の作品紹介

「出世したい」「お金がほしい」「もっと食べたい」など、
次々と生まれる欲望とどう向き合えばいいか、
ハーバード大学やスタンフォード大学で研究した精神科医が教える
科学的根拠に基づいた「心を軽くする方法」

「欲」をコントロールする方法はこんな本です

「欲」をコントロールする方法のKindle版

ツイートする