マンガ 自営業の老後

  • 231人登録
  • 3.37評価
    • (4)
    • (10)
    • (11)
    • (3)
    • (2)
  • 14レビュー
著者 : 上田惣子
  • 文響社 (2017年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073901

マンガ 自営業の老後の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自営業を始めて思うのが、会社員の時は新人に見合ってない安定したお給料をいただけていたなーと、改めて感じるのです。右も左もわからず、メールの打ち方もわかっていないペーペーによくもあんなにお給料出してくれていたと、今更ながら思います。

    年金とか保険料とか、会社員の時は気にしていなかったお金たちをこの本で学びました。個人事業を始めた方は是非、拝読していただきたい。

    この大事なお金の流れを義務教育のうちから、是非とも授業に組み込んでもらいたい。人間社会で生きていくのに、最低限のお金の知識があると、もっと働き方が変わるはず。

  • お勤めしてる人からすると当たり前のことだったりするんだろうけど、勤め人になれないからフリーやってるんだしお金のこととか疎いの前提で世の中お願いしたいよね。ちょっと勉強になりました。

  • ダメな例としては良本かな(笑)
    おすすめできるような対策ではないのと、著者と同じぐらいの年代の方なら悪くないかも。

  • 本屋で立ち読みで済む。
    自営業になるのにお金に無知な人が読めばためになる本。

    著者に失礼なんだけど、20代からイラストレイターやってるのに、あまりに幼稚で無知なことに驚く。
    かつて年収1000万あったのに、なんで、50歳直前(!)まで国民年金に加入していなかったのか? 源泉徴収されている、ふつうの会社員が読んだら噴飯もの。儲かっているなら、法人化しておけばいいのに。

    公的年金や健康保険の大切さを知らずに、銀行や保険会社のすすめる医療保険や個人年金保険に加入しまっくて、保険料負担が重くなるのはよくありがち。

    あと不労所得が欲しいという考えも甘い。
    クリエイター40過ぎたら、仕事なくなる→貧困老人まっしぐら。

  • 自営業の著者が自身の体験やその道のプロ?から自営業者の老後の備えについて書いている。マンガなので読みやすいのはもちろんだが、内容的にも必要な部分は押さえているとおもう。

  • とりあえず、銀行にイデコの話を聞きに行くことに決めた。とてもいい!次回作にも期待!

  • 確かなマンガですらっと読める。

  • 絵が分かりやすくて読みやすい。ためになる話もあるし、老後への危機意識を抱くことが出来たのは大きい。

    ただこの著者もやっとする

  • フリーはほぼ50ぐらいで仕事減って行くという現実。お金や老後は暗くなることばかり考えてしまうけど、どうにかしないと…参考になることたくさん
    具体的に動くのがいつもなかなか難しい

  • これから読む。

全14件中 1 - 10件を表示

上田惣子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
スティーヴン・ガ...
三浦 しをん
佐々木 圭一
又吉 直樹
村田 沙耶香
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

マンガ 自営業の老後を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マンガ 自営業の老後を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マンガ 自営業の老後の作品紹介

収入不安定、退職金なし、年金はスズメの涙。フリーランスが、
老後貧困に陥らないために、いまできることのすべて。

マンガ 自営業の老後のKindle版

ツイートする