ボードゲームカタログ

  • 87人登録
  • 4.11評価
    • (11)
    • (10)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : すごろくや 
  • スモール出版 (2011年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905158059

ボードゲームカタログの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • だれかと遊ぶ時のことを考える。このひととはこれ、あのひとたちとはこれ、ああ、これかもしれない!よくしらないひととだって、ボードゲームであそべば、いろんなことが見えてきますよ。

    あと、ルールというものがあること。もちろん決められたルールを守ることがゲームを成立させるだいじな要素ではありますし、そうじゃないとひとまずは楽しくなりませんけど、ときにルールは変えたっていいんです。慣れてきたあとだったら、もっと楽しくなったり、ちょうどそのとき集まった連中にぴったりあてはまる遊び方だって、その場で作りだすことができるんです。そういう(車のハンドルとかにあるような)アソビがあるのも、ボードゲームの魅力です。

    ぜひみなさんこの本読んで、やってみたいのあったら買って、やってみてくださいな(完全に布教活動している…)。そしてぼくとあそびましょう。

    というわけで、ぼくにとっては完璧な物欲リストです。すばらしい。

  • (2016年8月)
    古書で購入して読み。

    あああ!このゲームも欲しい!これもこれも!
    と鼻息荒く読んでいる。
    自分がすでに持っているゲーム(イチゴリラ、すすめ!海賊さん)の解説も面白く読めた。
    ドブル、動物探し、キャプテン・リノなんかは結構メジャーなのに載ってないのね…。

    コラムが面白い。輪ゴムは劣化してゲームを傷めてしまう、という箇所で「そういえばそうだった!(子どもの頃に経験あり)」と思い、コラムに書かれていた通り、お弁当バンドを出してきた私。

    (2017年4月)
    出してきて眺め。
    表紙のデザイン、気に入ってたんだけど、1歳児Aが破り捨てた…!

  • 【概要と感想】
    購入するボードゲームを決める時に、2つのやり方がある。

    1つは実際にやってみて、気に入ったものを購入するやり方。
    もう1つは紹介している本や記事を読んで購入するやり方。

    この本は2つ目のボードゲームの買い方の参考にできる1冊。

    ボードゲーム好きならどこかで聞いたことのあるお店、高円寺の「すごろくや」が編集。
    200のボードゲームを紹介するガイドブック。

    子ども向けで簡単、短時間で終わるものから大人向けで戦略が必要で長時間かかるものまで、
    様々なボードゲームが紹介されています。

    人狼ブームの次にじわじわきそうなボードゲームブーム。
    1度やってみるとハマること間違いなしなので、ぜひ、この本を買って面白そうだと思ったものを
    2~3作買ってやってみて下さい。この本で紹介されているならハズレはないでしょう。

    ただ、「すごろくや」に行くもよし、近場のゲーム会に参加するもよし、実際にゲームを触ってみて
    やってみてから買うことを更におすすめします。

    ボードゲームを取り上げた漫画、『放課後さいころ倶楽部』に出てくる
    「たしかに、世界には私の知らない楽しいことがまだまだあふれているのかもしれない。」というセリフの通り、
    知らない、楽しいことがボードゲームの中には詰まっているので。

    ちなみに、私は戦略系で長く時間のかかるゲームが好きです。
    本に出てくるものでやったことなくて、やってみたいと思ったのはこの6つ。

    12:呪いのミイラ

    ボード越しの探検家とミイラの鬼ごっこ

    38:キープクール

    地球温暖化を考えさせられる環境ゲーム

    153:ガイスター

    良いオバケ悪いオバケを操る心理チェス

    165:あやつり人形

    王国の重要人物を操り金貨を稼いで施設を建築

    178:アクワイア

    新興企業買収を見込んだ成長と株券購入

    200:国富論

    国家の産業振興と国際貿易戦略ゲーム



    ただ、他のゲームもやってみたい!

    【入手きっかけ】
    ボードゲームにものすご~くハマっていた頃に発売即購入!

  • カラー写真で詳しくゲームが紹介されていて、
    数も豊富に紹介しているのがとっても良いです。

    ご自分の好みに合ったゲームが必
    ず見つかるのではないでしょうか。

    子供と大人で遊ぶ場合・大人だけで遊ぶ場合など、
    それぞれの取合せで選べるアドバイスがされているのも
    親切です。

    いろんなシチュエーションで遊べるゲームばかりで、
    定評のあるものを詳しく知ることができます。

    ただ、贅沢を言えば、活字がもう少し大きかったら良かったかな。
    メモを取りながら読んだので、そういう読み方をする場合は
    若干気になります。

    でも、パッケージをお店で開けることが出来ないのに
    この本を見れば、内容が分かるのはありがたいです。

    似たような内容のゲームでも、ギミックや盤面、デッキの
    感じが好みに合うかどうかということは、ゲームを遊ぶ上で
    意外と大事で、雰囲気に浸って遊ぶなら、なおさら。

    購入金額が意外と張るゲームが多いので、そういう好みも
    大事にしないと、そういう点で愛蔵しては、繰り返し遊べる
    ものを選ぶ一助になると思います。

    すごろくやさんは、都内でも有名なボードゲーム専門店なので
    実際にお店に行って実物を購入するにも便利かも。
    とにかく、実際にプレイしてみたい!という気持ちを
    起こさせる一冊です。

  • 「ボードゲーム」……よく知らない人からすれば、オセロのようなもののこと?と思われるかもしれませんが、実際には、想像を遥かに超える奥の深〜い世界が広がっています。山奥にある見知らぬ滝を見に行こうと出掛けたら…実はナイアガラの如くどデカくて圧倒された…ぐらいの勢いがあります。遊び方はもちろんのこと、デザインもユニークで優れたものが多く、好奇心をそそられる楽しそうなものばかり。そんなボードゲームの魅力を分かりやすくカタログ形式で紹介している本です。ゲームの解説をしているのは、知る人ぞ知る「すごろくや」というボードゲーム専門のお店です。優れたガイドブックとして役に立つこと間違いなしです。・・・タイトルロゴのデザインは、積み木のように様々なパーツを組み合わせて出来たような形に。カバーには主要なゲームの多彩な駒やカードを散りばめ、さりげなく点線で繋いでいます。こうした駒たちを見るだけでも、ボードゲームの魅力が伝わってきますし興味を持たれるでしょう。…ちなみに個別の駒や、ページ内のイメージ写真は全て私が撮影しました。こうした写真撮影も承りますので、よろしくお願いします(!)

  • 見てるだけでワクワクする。ちょっと前、やる相手もいないのに買っていた。
    コンピュータゲームがはまりかけてる袋小路の一つの解があるし、普通に大人の趣味として認知されていっても良いと思っている。

  • 厳選された内容なのかもしれないけど、各作品の面白さがいまいち伝わってこなかった。ピンポイントでプレイレポとかあれば良かったのに。

  • ボードゲーム界では知らぬものがいない超有名ショップすごろくやさんの本。このところボードゲームづいているので期待して読んだが・・・ヤバい。面白くない。Webのレビューなどで知ってるゲーム多いことを差し引いてもワクワク感がなかった・・・

  • きれいにまとまっているボードゲームガイド本。
    実プレイとかはないのでちょっと残念かも。それは別の本だ(^_^;

  • すごろくやさんのオススメのゲーム紹介です。

    ボードゲームを紹介する本って何冊が出ているのですが、基本的にマニアよりです。だって、購入する人は、基本、マニアなんだから。

    初心者の人、ボードゲームをあんまり知らない人にも読んで欲しいけれど、買ってくれるのは、マニアな人なので、マニア向けの記事も……。

    さらに、紹介する人もマニアだったりするので。
    ボードゲーム。それが好きな時点で、すでにマニアよりかも。

    わたしも、軽いゲームが好きとかいいつつ、だんだん複雑なゲームをおもしろく感じるようになってきているなぁと思ったりします。

    でも、これは、本当に、はじめてボードゲームにふれる人、これから、ボードゲームに興味をもつ人のことを考えて書かれています。
    それは、あまりボードゲームに触れたことのない人が店舗に来るすごろくやさんならではなのかもしれません。

    だから、今のわたしが読むと、もっと詳しく説明して欲しい~という部分も多いのですが、これは、人に贈りたい本ですねぇ。

    そして、重たいゲームも、それなりにバランス良く入っています。

    ものすごくバランスのいい1冊です。

    ものすごくマニアックな本も、読みたいですけどね。

    あと、「ウボンゴ」は、入れて欲しかった……。

全13件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印

ボードゲームカタログを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボードゲームカタログを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボードゲームカタログを本棚に「積読」で登録しているひと

ボードゲームカタログの作品紹介

ボードゲームの専門店・すごろくやが、海外・国内のおすすめボードゲーム200タイトルを厳選! 初心者から愛好家までボードゲームがもっと楽しく、もっと好きになるガイドブックができました。人気の定番ゲームから隠れた名作まで、一生手放したくない200作品をコメント付きで大紹介!

ツイートする