大丈夫、死ぬには及ばない 今、大学生に何が起きているのか (みらいへの教育)

  • 29人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 稲垣諭
制作 : カバー装画:宮島亜希 
  • 学芸みらい社 (2015年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905374893

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクス シドニ...
村田 沙耶香
みうら じゅん
ニコラス・エプリ...
スティーブン・ピ...
デイヴィッド・J...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

大丈夫、死ぬには及ばない 今、大学生に何が起きているのか (みらいへの教育)の感想・レビュー・書評

  • 学生たちに心の安定化をもたらし、それを高め、展開するための細菌や寄生虫になること。
    哲学とは経験を手がかりに生そのものの可能性、生きることの可能性に向けて問いを立てながら接近していくことである。生の余白にあるのは死ではなく、別の生である。
    学生時代、この先生の授業を受けたことがあります。一般教養の授業では一番印象に残っており、今回も読んでみたところやはり面白かった。香山さんの帯は損をしているのでは。

  • 救われました。ありがとう。

全2件中 1 - 2件を表示

大丈夫、死ぬには及ばない 今、大学生に何が起きているのか (みらいへの教育)を本棚に登録しているひと

大丈夫、死ぬには及ばない 今、大学生に何が起きているのか (みらいへの教育)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大丈夫、死ぬには及ばない 今、大学生に何が起きているのか (みらいへの教育)を本棚に「積読」で登録しているひと

大丈夫、死ぬには及ばない 今、大学生に何が起きているのか (みらいへの教育)の作品紹介

「なぜ生きなければいけないのでしょう?誰にも知られないように、この世界から消えてしまいたい」気づいてほしい。傷み、うつろう日々にも、生きていることのかすかで、そして確かな感触が君のなかにあることに-。「心の回復力」を育てる、事故と自己の現象学からの提言。

大丈夫、死ぬには及ばない 今、大学生に何が起きているのか (みらいへの教育)はこんな本です

ツイートする