禅マインド ビギナーズ・マインド (サンガ新書)

  • 514人登録
  • 3.69評価
    • (22)
    • (40)
    • (34)
    • (6)
    • (3)
  • 38レビュー
著者 : 鈴木俊隆
制作 : 松永太郎 
  • サンガ (2012年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905425168

禅マインド ビギナーズ・マインド (サンガ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まずすわろう

  • 読了後・座禅を組むことで自然と~になる。の記述がおおく。実践しながら読むべきだと思いました。
    以下ライブ感想文
     2ページ目の書道文字にやられました。強く軟らかい筆跡に親しみを感じました。
     ビギナーズマインド、本題から、初心者禅をする時の心構えを説いた本かと思っていたのですが、ビギナーズマインドを日本語訳にすると<初心>という言葉になるようです。最初からメンくらいました(笑)P18
     鈴木老師はカエルが好きだったとのこと。わたしもカエルがすきで、この記述にほっこりしました。P22
     結跏趺坐(けっかふざ)の記述がありました。読書中前かがみになると眠くなる、が背筋をまっぐにすると眠くならないとも。ちょうど前かがみで読んでいて、眠くなったころなので、ちょっとドキッとしました。これ本当かな?気が向いた時にちょっとためしてみよう。にしても眠い(笑)P44
     ちょっと訳の解らないないようになってきました。囚われずに、囚われるという事でしょうか。実行するには難しいな。それさへも囚われているのだろうなと感じました。P57

  • 座禅のススメ。

  • スティーブ・ジョブズが愛読したということで読んだ。最初は入りやすいのだが、道元の教えの部分に入ってくると抽象的な話が増えて、消化できない感じだ。
    マンガ、ひろさちやと道元関係3冊目だけどそれでもよくわからない。わかりやすく書かれているのだろうけど、そもそもそういう解釈が必要な理由がよくわかっていないので、理解できるのはもう少し先かな。ティクナットハンの初期のお経の解説本を3冊読んだ時の明瞭な感じとは少し違った。

  • また読み返したい本

  • まず座れ

  • ジョブズが持つ、余計な物を排除してそれ自体に集中する考え方は禅から来ているように思う。例えばジョブズの言う「今必死になっている目の前の点が後で線で繋がって見える」という表現と繋がる。準備と捉えずにそれ自体を修行と捉える考え方もある。人生ってそんなものかもしれないなぁ〜なんて思ったりします。実際には準備も必要だとは思いますが、目の前のことに夢中になれることはとても幸せだと思います。

  • 読了。帯にスティーブ・ジョブズが愛読した禅のバイブル。とあった。心が落ち着いた。座禅しようと思った。座禅してるからか、以前のように心がかき乱れるほど苦しくなったり、後悔することがなくなった。たぶん座禅の効果と思う。少し座禅しよう。

  • よくわからない。再読か?それより先に座ることだろう。

  • ふたりの鈴木さんのうちの大拙さんの方はいくつか読んでたんですが、このひとのは初めて。禅の本の問題点としては、まあ読んだってわからないんだよ、わかろうというその気持が良くないんだみたいなことを繰り返し繰り返し読まされるという。川の水の話はよかった。

全38件中 1 - 10件を表示

鈴木俊隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
ジョン・キム
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

禅マインド ビギナーズ・マインド (サンガ新書)に関連する談話室の質問

禅マインド ビギナーズ・マインド (サンガ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

禅マインド ビギナーズ・マインド (サンガ新書)はこんな本です

禅マインド ビギナーズ・マインド (サンガ新書)のKindle版

禅マインド ビギナーズ・マインド (サンガ新書)の単行本

ツイートする