落語絵本 四 じゅげむ (落語絵本 (4))

  • 542人登録
  • 3.85評価
    • (55)
    • (53)
    • (77)
    • (3)
    • (0)
  • 74レビュー
著者 : 川端誠
  • クレヨンハウス (1998年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906379804

落語絵本 四 じゅげむ (落語絵本 (4))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • じゅげむじゅげむごこうのすりきれ、かいじゃりすいぎょ、すいぎょうまつ、うんらいまつ、ふうらいまつ、くうねるところにすむところ、やあぶらこうじのやぶこうじ、パイポパイポパイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイの、ポンポコピーの、ポンポコナーの、ちょうきゅうめいのちょうすけ。
    と娘が手で目を覆いながら、狂ったように繰り返している。

  • 親としては、いい事は全て取り入れたくなるのは分かるけど…限度はあるわよね…

  • 年長児にぴったりの一冊。
    子ども達は予想以上に言葉の羅列を覚える事を遊びとして楽しめている。

    呪文のようなくだりだけでなく、それぞれの意味を区切って解説している箇所があるので、覚えやすい。

  • 【図書館本】子どもの学校で流行ってるということで子どもが借りたのを拝借して読んだ。意外と面白かった。

  • 「じゅげむじゅげむ・・・」と覚えた人もいると思いますが、その落語が絵本になっている。男の子が生まれた夫婦はめでたい名前をお寺の和尚さんにつけてもらうことにした。和尚さんからめでたい名前をたくさん教えていただくが・・・
    子どもが生まれるといつの時代もよい名前をつけようと親は考えるが、ほどほどにしないといけません。

  • 小学校の読み聞かせで使用しました。子どもたちになじみのある落語だったので一緒に声に出して読めたのが良かったです。4冊読んだうちの2冊目に読んだので一緒に声を出すという活動が入ってあきさせることなく45分を活用できました。
    http://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=145800

  • じゅげむの畳み掛けが端折られているのがちょっと残念。分かりやすくするためでしょうか。
    落語話の入門にはちょうどいいのかな。

  • 落語も聞いたことある、本も読んだことある。
    でも、何回聞いても、読んでも面白い。
    面白いけど、その奥に、
    できることなら、なんでもしてやりたい
    子を思う親の気持ちもよくわかって、
    しみじみしたりもする。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本の貸出をしています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    貸出方法については、ユニリーフのHP http://unileaf.org/ をご覧下さい。

  • 2014.6.25 6-4

全74件中 1 - 10件を表示

川端誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
にしまき かやこ
ヘレン・バンナー...
有効な右矢印 無効な右矢印

落語絵本 四 じゅげむ (落語絵本 (4))に関連する談話室の質問

落語絵本 四 じゅげむ (落語絵本 (4))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

落語絵本 四 じゅげむ (落語絵本 (4))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

落語絵本 四 じゅげむ (落語絵本 (4))を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする