もっとも大切なこと―なぜ私たちは、望んだとおりの人生を生きることができないのか (Kingbear pocket)

  • 23人登録
  • 3.71評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Hyrum W. Smith  フランクリンコヴィージャパン 
  • キングベアー出版 (2009年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906638796

もっとも大切なこと―なぜ私たちは、望んだとおりの人生を生きることができないのか (Kingbear pocket)の感想・レビュー・書評

  • もっとも大切なことを成し遂げるには、「価値観・ミッションステートメント・役割」が重要なことがわかった。

    自分の価値観を明確にし、自分の憲法となるミッションステートメントを作成し、これらを元に自分の役割を考え、日々の行動に落とし込んでいく。

    そのために、必要なことや具体的なエピソードがあり、読んでいて非常に勉強になりました。

  • ・「人は自分の語彙の許す範囲より深く考えることはできない」ハイラムの父の言葉
    ・お手本になるヒーローは真似をするためではなく、自分の最大限の力を発揮するための存在。
    ・成功は本来の自分でいることから生まれる。
    ・過去に生きてはならない、ただし過去から学べ
    ・いつか自分にとって大切なことをするときが来るといって、この先も自分を騙し続けるのだろうか。
    ・私にとってもっとも大切なことは何だろう?私が本当に成し遂げたいことは何だろう?
    ・今、自分がやっていることと、自分が大切にしていることとのギャップを埋める為に、今日何をしようか?
    ・昨日仕事で出席した4つの会議が、あなたが人生で重んじている仕事に結びついている、とあなたは正直に言えるでしょうか?
    ・自分が価値をおくこととやっていることとのギャップのせいで、痛みが起きるのだから、心の安らぎを取り戻す道はただ一つ、行動を支配的価値観に合致させるしかない。
    ・何をするかは、知っていることをどんなふうに感じているかによって決まる
    ・不良高校生とのディスカッションP.216-239
    ・欲求を満たすために行動パターンが決まってくるが、それが本当に自分にとって欲しい結果かどうかはわからない。その欲求そのものと行動パターンで生まれる結果が自分にとって望むものか?結果を知るには時間がかかるが、他人の統計を見て見極めることもできる。
    ・「われわれは何を重要だと考えるべきか」ではなく、「われわれは心の奥底では何を重要だとかんがえているか」と問いかける。(「ビジョナリーカンパニー」)
    ・周りに振り回されない方法は、毎日その都度人生に勝利すること。
    ・成長とは「パラダイム(自分の地図)」を更新するプロセス
    ・人間の自由を奪う人間は、憎しみに囚われているのであり、偏見の鉄格子に閉じ込められている。他の誰かの自由を奪えば、自分の自由が奪われた時同様、自分は本当に自由であるとは言えない。

  • 目標設定や目標管理、時間管理について書かれた良書。
    ミッションステートメントが一番重要なのかな。

全3件中 1 - 3件を表示

もっとも大切なこと―なぜ私たちは、望んだとおりの人生を生きることができないのか (Kingbear pocket)を本棚に登録しているひと

もっとも大切なこと―なぜ私たちは、望んだとおりの人生を生きることができないのか (Kingbear pocket)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

もっとも大切なこと―なぜ私たちは、望んだとおりの人生を生きることができないのか (Kingbear pocket)を本棚に「積読」で登録しているひと

もっとも大切なこと―なぜ私たちは、望んだとおりの人生を生きることができないのか (Kingbear pocket)はこんな本です

ツイートする