保守論壇亡国論

  • 22人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 山崎行太郎
  • ケイアンドケイプレス (2013年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906674527

保守論壇亡国論の感想・レビュー・書評

  • 昨今の保守論壇の思想的劣化、思考力の劣化は、「存在喪失」から始まっている。つまり「深く考えること」や「粘り強く考えること」を嫌い、「わかりやすさ」と「単純明快な答え」を求めて、「思考停止」と「思考の空洞化」に陥り、その当然の結果として、思想的に地盤沈下している。

  •   「世界と闘う読書術」(集英社新書)からたどり着く。
      空疎なイデオロギー的言辞や粗雑な言説を、冷静に批判する。保守だからこそ、「保守論壇」の劣化を指摘する。まっとうである。そのまっとうさこそが、本書の何より魅力。
     「革新幻想の戦後史」からの興味関心゛もあった。

  • 安易に既存の答えを求めずに,じっくりと,現実を見据えて考え抜くことが重要なのだと,あらためて感じました。

全3件中 1 - 3件を表示

保守論壇亡国論の作品紹介

中国を批判し、靖国に参拝すれば、それで「保守」と言えるのか。「保守論壇」の思想的劣化により、政治家と、日本の劣化が始まった。保守論壇をメッタ斬り!

保守論壇亡国論のKindle版

ツイートする