アンリくん、パリへ行く (P-Vine Books)

  • 79人登録
  • 4.17評価
    • (6)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 松浦弥太郎 
  • スペースシャワーネットワーク (2012年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906700462

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・クラッセ...
マック バーネッ...
シェル・シルヴァ...
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
ジョン・クラッセ...
ブルーノ ムナー...
クリス ホートン
ユリー・シュルヴ...
ブルーノ・ムナー...
モーリス・センダ...
ショーン タン
ショーン・タン
三浦 しをん
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印

アンリくん、パリへ行く (P-Vine Books)の感想・レビュー・書評

  • 色の組み合わせ、余白の使い方、構図、文字の配置までオシャレで目で楽しめる。
    松浦弥太郎氏が訳。

  • かわいい、オシャレ…そんな書評レビューが多かったので、果たして面白いのかどうか?がポイントで、正直そんなに期待していませんでした。
    でも、かわいい!オシャレ!そして面白い!
    お子さんのいる家庭にプレゼントしたら、「センスのいい人」と思ってもらえること請け合い!
    個人的に松浦弥太郎氏はチョット苦手なんだけど(^^;;、それでもこの絵本はオススメです☆

  •  オシャレな足元だけで描かれている登場人物、アンリくんはパリ郊外のルブールに住んでいます。パリに行ったことはないけれど、いつか行ってみたいと夢を膨らませたり、パリへの冒険の途中でお昼寝しちゃったり、起きてから方向を間違えて帰って来ちゃったのに「パリってルブールにそっくりだなぁ」なんて言っちゃって!なんて愛らしい少年なんでしょう!素敵なお家でパパとママが待っていてお家が一番だなって思う絵本でした。

  • 12
    割と長い物語。絵がとてもキレイ。個人的に好き。

  • とても色彩とデザインの豊かな絵本です。
    日本にはなかなかない色の取り合わせ・・・。
    おしゃれ。

    ストーリーも面白くて、大人でも、むしろ大人が楽しめそう。
    松浦弥太郎さん訳です。
    見かけたら開いてしまいそうな柔らかいオレンジの表紙、
    開いてしまい、案の定買ってしまいました。

  • パリに近いちいさな町にすむアンリくん、パリにいってみたくてしかたがありません。そこである日、パリにむかって歩き出しました。ところが、とちゅうでお昼寝している間にちょっとした事件がおこります。アンリくん、パリにいけるかな?
    きれいな色のページ、おしゃれな形、文字。人の顔は一度もでてこないのに、アンリくんやともだち、町の人、おとうさんとおかあさん、みんなのことがよくわかるという不思議。ラストもなんだか幸せな気分にさせてくれます。とにかくおしゃれな絵本です。

  • 幻の名作絵本が50年の歳月を経て、松浦弥太郎さんの訳で蘇る!伝説的グラフィック・デザイナー、ソール・バスが遺した唯一の絵本の邦訳がついに登場です。
    https://twitter.com/booklogjp/status/248973520267251712

  • 映画タイトルのモダンなアニメーションで有名な、ソール・バスのデザイン絵本。ギンザグラフィックギャラリーのggg Books以来の新刊かな?

    スペースシャワーネットワークのPR
    「名著復刻!伝説的グラフィック・デザイナー ソール・バスが遺した唯一の絵本、『HENRI’S WALK TO PARIS』が遂に本邦初訳! 幻の名作絵本が50年の歳月を経て、松浦弥太郎さんの訳で蘇ります。 」

全9件中 1 - 9件を表示

アンリくん、パリへ行く (P-Vine Books)に関連する談話室の質問

アンリくん、パリへ行く (P-Vine Books)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アンリくん、パリへ行く (P-Vine Books)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アンリくん、パリへ行く (P-Vine Books)の作品紹介

名著復刻!
伝説的グラフィック・デザイナー ソール・バスが遺した唯一の絵本、『HENRI’S WALK TO PARIS』が遂に本邦初訳!
幻の名作絵本が50年の歳月を経て、松浦弥太郎さんの訳で蘇ります。

ツイートする