没落する日本 強くなる日本人 ―弱者の条件・強者の条件

  • 22人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 小笠原泰
  • さくら舎 (2014年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906732975

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
みうら じゅん
ウォルター・アイ...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

没落する日本 強くなる日本人 ―弱者の条件・強者の条件の感想・レビュー・書評

  • 没落する日本で、国家を必要としない生き方を模索しよう。

  • 著者の「なんとなく、日本人」が非常に面白かったので、その流れで読んでみました。
    意外にも今の政治・経済状況を批判してラディカルな解決策を提示する本でびっくり。体裁(1ページあたりの文字数や太字の活用等)を見ても、たくさんの人に読んでもらおうとして書いた本なのでしょう。

    今の高齢者福祉重視の「シルバー民主主義」では、高齢者に現役・将来世代が食いつぶされてしまうと警鐘を鳴らし、じゃあどうすればいいのか?を具体的な策で述べたものです。
    いくつかあんま納得できないもの(例えば、公職定年の引き下げは、天下りや傀儡政治を生むだけではという気がします)もありますが、どれもがロジカルに導かれていて納得感はあります。特に安楽死特区や医療ポリシーの転換はその通りだなぁと思いました。

    良著だと思います。
    今の政治・経済状況に触れた本なので、早めに読んだ方が良いでしょう。

  • 非常に刺激的な本。
    共感する部分も多いし、自分も変わらないとダメだと気付かせてくれた。

    国にも企業にも依存せず、自分の力で生き抜く力、生命力のようなものを鍛えるべきだと思わされる。

    会社に行ってもなんかまとまりないなとか気にすることも多かったけど、もはや必要ないな。
    それぞれが強みを生かして、判断し、行動していければ何ら問題ないという気がした。
    本の内容とは関係ないけど、共通して考えられる気がしたので。

    この本、面白い。

  • 前半2章は、人口動態的に縮小均衡が不可避なのにシルバー・ポピュリズムにおもねく政治と、応分負担を考えずに「くれくれ・金持ちが払えばいいじゃん」的な国民により、この国の没落は確定事項であるという論。とことんデータで理詰めに駄目出しがされる。第3章は欧州各国・米国・中韓の観察。著者はマッキンゼー→VW→かーギルというキャリアの中でこれらの国で実際に居住していた経験があり説得力あり。第4〜6章は処方箋。縮小均衡いいじゃんか、という個人レベルの気持ち論だけでなく、税制・社会制度の提言も。特に、年金制度の再設計に関しては、明確かつわかりやすい。介護・医療費の受益分を社会保障口座で管理しておき、死亡時に資産と相殺して遺産額を確定する、というもの。目の付け所が面白い。

  • ERB案件でご一緒している小笠原さんの本。
    さすがよくご存知。
    若者向けに、個人が力をつけるべき、というメッセージの本。

全5件中 1 - 5件を表示

没落する日本 強くなる日本人 ―弱者の条件・強者の条件を本棚に登録しているひと

没落する日本 強くなる日本人 ―弱者の条件・強者の条件を本棚に「読みたい」で登録しているひと

没落する日本 強くなる日本人 ―弱者の条件・強者の条件を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

没落する日本 強くなる日本人 ―弱者の条件・強者の条件の作品紹介

もはや国家が国民を守ることはできない!
国をあてにせず、自分の力で生き抜く時代!!

現在の日本は室町末期~戦国時代にいたる状況に酷似しているように、私には思えてならないのです。この時代、応仁の乱を境に幕府の力が低下して、下剋上といわれたように社会が液状化しました。戦国時代化していくと考えるなら、もはや国家に頼ることはできず、自らを恃み自衛するしか方法はない、ということです。
これまで縮小均衡に成功した国はありません。しかし、日本人はあえてこの課題に取り組まなければ、急激な人口減と超高齢化によって国としての破たんが確実です。残された時間はそれほど長くありません。はたして日本人に希望は見つけられるのか、その可能性を探っていきたいと思います。

没落する日本 強くなる日本人 ―弱者の条件・強者の条件のKindle版

ツイートする