SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である

  • 35人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 名越康文
  • 夜間飛行 (2017年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906790258

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略であるの感想・レビュー・書評

  • ■要約
    対人関係のストレスの多くは「心の中の他人」によってもたらされる
     それは「群れ」の一員として日々を過ごしているから
    群れの内側でのストレスは、群れの外側で解消する
    他人を変えることは出来ない。自分を変えること
     今ある課題はどうすればいいか、を考える
    怒りは「他人に対する期待の裏返し」
     怒りに支配されているという事は、幼い欲求に支配されているということ
    朝はミーティングなどより、一人で心を整えた方がいい

    ■行動
    対人関係のストレスは自分の幼い期待の表れだと自覚する
     感情が動かされた時は自分にできる課題は何かを探す
    怒りが頭をよぎったら「今、私は怒っている」と3回唱える
    朝早く起きてゆったりと過ごす。自分の時間を大切にする

全1件中 1 - 1件を表示

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略であるを本棚に登録しているひと

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略であるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略であるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略であるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略であるを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする