SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である

  • 121人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 名越康文
  • 夜間飛行 (2017年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906790258

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
三浦 しをん
佐々木 圭一
エラ・フランシス...
リンダ グラット...
スティーヴン・ガ...
デール カーネギ...
内田樹
有効な右矢印 無効な右矢印

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略であるの感想・レビュー・書評

  • 以上、まとめ。

    ・すべての人は「群れ」の中で生きている。
    ・群れの中での自分の居場所を失わないように自分の体や心を消耗させてしまっている人が多い。
    ・群れの中での自己実現だけでは、人は虚しさから逃れることができない。
    ・人が才能を開花させるのは、群れからの評価を気にせずに自分だけの尺度で物事に取り組んでいるときである。
    ・感情の9割は怒り。怒りは集注欲求と深い関係にある。誰かに振り向いてほしいという感情は、振り向いてくれない相手への怒りとセット。
    ・自分の習慣を変えられる人は、習慣を変えるのが面倒で大変だということを知っている人。習慣を変えるには少しでも毎日続けることが大切。
    ・時には自分の居場所をあえて自分から捨てて少し勇気を出して新しい場所に立つことも大切。

  • 心を病んでる方向け。
    ダメな奴を慰めるだけの内容。
    そんなわけないだろ!と、つい憤りを覚える所が散見。
    付いて来れない奴は淘汰されても…とあからさまには言えないご時世、この様な本も存在できるのだろう。

  • ソロタイム。群から抜け出す時間をどう過ごすのか。

  • 人間は他人を気にしなければ悩むことはない、しかしながら、人は他人と関わらりながらでないと生きていけない。そのためには、どうすいればいいのかということを書いた本。
    悩みの解決法として、大きな大木に抱き着いて、大木の幹や葉の隅々にまで悩みを吸い取ってもらうというのは、なにか面白いというか、感ずるものがあった。

  • ■要約
    対人関係のストレスの多くは「心の中の他人」によってもたらされる
     それは「群れ」の一員として日々を過ごしているから
    群れの内側でのストレスは、群れの外側で解消する
    他人を変えることは出来ない。自分を変えること
     今ある課題はどうすればいいか、を考える
    怒りは「他人に対する期待の裏返し」
     怒りに支配されているという事は、幼い欲求に支配されているということ
    朝はミーティングなどより、一人で心を整えた方がいい

    ■行動
    対人関係のストレスは自分の幼い期待の表れだと自覚する
     感情が動かされた時は自分にできる課題は何かを探す
    怒りが頭をよぎったら「今、私は怒っている」と3回唱える
    朝早く起きてゆったりと過ごす。自分の時間を大切にする

全5件中 1 - 5件を表示

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略であるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略であるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略であるを本棚に「積読」で登録しているひと

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略であるはこんな本です

ツイートする