よろず屋退魔士の返済計画 2 魂縛りの少女 (オーバーラップ文庫)

  • 21人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : SOW
制作 : 蔓木 鋼音 
  • オーバーラップ (2013年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906866342

よろず屋退魔士の返済計画 2 魂縛りの少女 (オーバーラップ文庫)の感想・レビュー・書評

  • みぎりさんはヒロイン、というよりヒーロー力も兼ね備えてるな(笑)頭脳労働のみかと思ってたら、囚われのヒロインから「待たせたな!」とばかり主人公のピンチに駆けつけるという見事な配置転換。八面六臂の活躍でした。幼なじみという以外に強みのない上に残念さここに極まれりな葛とここまで差が開くとは。残念さも武器にはなるんだろうけど如何せん相手が悪い感じ。まぁそこまでラブコメ成分は強くないんですがね。インチキ霊媒師さんの出自も判明してこの後どうつながるのか。キーパーソンはやっぱり親父さんですかね。

  • 幼馴染に100億の借金で縛り付けられて
    その返済のために死者からの依頼を受ける
    ニッチ産業な退魔師をやる少年の話.

    今回はインチキ霊媒師の過去が明らかになったり
    水着回だったり.

    誘拐犯が人質を少しづつ返す話は怖いわー.
    パーツだけ返されるとか・・・.

    借金完済できるのかしら.
    …そもそも完済させて貰えるのだろうか.

全2件中 1 - 2件を表示

よろず屋退魔士の返済計画 2 魂縛りの少女 (オーバーラップ文庫)を本棚に登録しているひと

よろず屋退魔士の返済計画 2 魂縛りの少女 (オーバーラップ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

よろず屋退魔士の返済計画 2 魂縛りの少女 (オーバーラップ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

よろず屋退魔士の返済計画 2 魂縛りの少女 (オーバーラップ文庫)の作品紹介

「もう夏かぁ…海にでも行きたいものだな」莫大な借金返済のため、「死者専門の何でも屋」を開業した追儺狗朗と九十九みぎり、そして新たに押しかけてきた神堂葛の三人。相変わらずのヘンテコな依頼にドタバタしつつも、たまにはということで海へ遊びに来ていた一行のもとに、狗朗を狙う術士の少女が現れる!狗朗の実家でもある「追儺一族」の因縁に縛られた少女に隠された謎とは!?借金返済コメディ第二弾、今回もフルスロットル!

よろず屋退魔士の返済計画 2 魂縛りの少女 (オーバーラップ文庫)はこんな本です

よろず屋退魔士の返済計画 2 魂縛りの少女 (オーバーラップ文庫)のKindle版

ツイートする