魔法のメガネ

  • 32人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 桜沢如一
制作 : 制作協力:陰陽研究会/解説:勝又靖彦 
  • キラジェンヌ (2013年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784906913114

魔法のメガネの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マクロビの桜沢如一氏の陰陽理論、無双原理を物語風に綴ったもの。

    陰陽が絶対的ではなく相対的に生まれること、中庸の大切さがとてもわかりやすく説明しています。

  • 陰陽の説明が解りやすい‼
    解ったつもりにならないように
    じっくり考えてみよう⁉
    全てはバランス。偏らないことが大事

  •  陰と陽で事物を体系的に見ていき、視座・視点の入れ替えをやりやすくするための思考のツールを伝えるものだと思った。
     マクロビオティックが科学的なものかどうか、体にいいのかどうか、意味不明だが、ただ、この人のやりたかったことは健康法ではなく、ただの「体系」だったのではないか。

     私達は初詣やひなまつりやらをするわけだが、それは宗教なのかと問われれば、まあ宗教だけれども、教義というか聖典もありゃしませんというものだ。
     例えば「宗族」は、では宗教かと問われれば、そうではないが、日本から見れば、宗教にも見える。韓国の映画とかで、同じ「金」だから、ナンパは無理とか、あった。
     この宗族に見られるようなある「体系」。もしくは私達が定期的に祭りや初詣をする「体系」。それを「魔法のメガネ」ということで著者も作り出しているわけで、それで気持ちが安心するのならばそれでいいし、体系的にそうやって事物を見られるのならば、長寿等に関係なくても、日々平安には過ごせるので別に良いのではないか。
     この本を読んでいる最中はいつも三浦梅園を思い出す。やがて陰陽では説明し尽くされないポイントがいくつも出てくる。裸眼でみると世界は混沌としているので、メガネによって説明し尽くせる世界にして、すっきりさせましょうというもの。

全3件中 1 - 3件を表示

桜沢如一の作品

魔法のメガネの作品紹介

ある街に伝わる、かけるだけで病気が治り、あらそいごとがなくなるという『魔法のメガネ』伝説。その真相を確かめようと10人の子どもたちが探検に出かけた。嵐に襲われ、森をさまよった先で出会ったのは、森に大昔から住んでいるというちょっと変わったおばあさん。彼女は子どもたちに『魔法のメガネ』の作り方を語り始めるが…。マクロビオティックを世界に広めた歴史的著書を現代風にリメイク。半世紀ぶりに復刊!「陰陽の法則」がよく分かる物語。

魔法のメガネはこんな本です

魔法のメガネの単行本

ツイートする