かなわない

  • 650人登録
  • 3.78評価
    • (27)
    • (33)
    • (21)
    • (7)
    • (4)
  • 49レビュー
著者 : 植本一子
  • タバブックス (2016年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907053123

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かなわないの感想・レビュー・書評

  • 何かの拍子にECDのweb連載を見つけて、そこに綴られていた、彼と24歳年下の写真家植本一子の生活に強く惹かれた。彼女が書きつけていた「働けECD」というブログを読んだ。

    地方在住のわたしからすれば、物価も家賃も高く、助けてもらえるような人もいない(と彼女が嘆く)東京に、なぜ住み続けているのかなと思いながら、実はどこかで憧れる「しあわせな暮らし」なのかもと思ったりした。

    植本一子さんは、繊細で不安定で、いつも感情がコントロールできなくなると、爆発しては後悔する日々を送っている。それを包み隠さずweb日記に書いている。

    その赤裸々な内容に批判もあるだろうが、だからこそ彼女の日記は本になるのだ。タテマエならSNSで書けばいい。「普通なら書かない」から特別なのだ。良いとか悪いとかではなく、良いとか悪いとか言われる対象になることが、特別だし、本を出すということだ。

    彼女はそのあたりについてはしっかりされていて、大変だから稼がせてもらうというようなことを、どこかの対談かインタビューで言っていた。だからこの本を買おうと思った。

    内容は、一子ちゃんの、日々の気持ちの(激しすぎる)変化、母親との関係、育児の悩みや、ギリギリな子供への対応などが綴られている。これだけでもお腹いっぱいなのに、本書では外に恋人がいることが明らかにされる。しかもそれを夫である「石田さん」ことECDに打ち明けるのだ。

    一子ちゃんのひどさは、とことんで、自分がイライラしたらすぐに「離婚する!」と騒ぎ、あげく外の恋人は今回がはじめてではないという。

    そんな一子ちゃんをまるごと受け止める石田さん。ただ黙って。けして受け流さず、きちんと向き合って。いつも絶妙な距離で。でもそうでなければ、一子ちゃんはもっと辛いのではないか。支えてあげる、守ってあげるというのは、一子ちゃんには辛いのではないか。黙っていて、いつもと変わらない石田さんでないと、もっと苦しむのではないか。そう思った。

    ただ、子供の言うことやすることに余裕がなくなって、カッとして、彼女も子供以上に癇癪を起こす様子は、子供たちのことを思うと読んでいてとても辛くなる。

    落ち着くと別の感情も沸いてくる。

    育児に苦しむ母親を、助けてあげる人が必要なのだと、強く揺さぶられる。
    母親を救わなければ、子供は救われない。
    どんな母親でも、子供たちにとっての母親は彼女なのだ。

    しかし思うような助けがない彼女は、
    自分を責め続けた結果、自分と母親との関係を掘り下げて、深みにはまっていく。さらにそのモヤモヤを石田さんに向け始め、外に恋人を作ってしまう。

    子供もいて、あんなに献身的な旦那さんがいるのに、けしからんと思うけど、やっぱり石田さんとは「石田さん」と呼称する、絶妙な距離なのだ。夫婦になるとますますなのかもしれない。でも、一子ちゃんには石田さんしかいないのだ。彼女を全力で肯定して受け止めてくれるのは彼だけだ。もし仮に、他にいたとしても、きっと石田さんには「かなわない」。

    そして石田さんにとっても、植本一子はかけがえのない人に違いない。

    進行性がんの闘病中、石田さんの周りに無邪気な笑い声と笑顔があるのは、一子たゃんがくらしちゃんとえんちゃんを産んで育てているからだ。

    いろいろ言う人もいるだろう。
    だけども縁があり、家族になったんだから。二人ではじめて、4人で家族になったんだから。

    何があっても、大丈夫。
    きっとしあわせはそこにある。

    だから「叶わない」なんてことはない。

  • 著者のうまくいかない育児と不倫の話など。基本的に本人のブログを基にしており、「彼」との不倫の話も、子供の育児の話も本人の意思で書いてない部分もあるため、断片的にしか伺い知る事ができない。それが散漫な印象になっている気がするが、それでもこれだけさらけ出しているんだし、仕方のないことだとも思った。

    個人的な好みとして、ブログ形式で色々とさらけだしている文章より、書き下ろしの文章のほうが、考えている事がより伝わってくる気がして面白かった。ただ、最後の「彼」の暴れてる章については、なんつーか、著者のどうしようもなさがある意味一番でているように思った。

  • とても強い本だ、と思った。

    強さに負けそうで、なかなか読み進められず、まさに「かなわない」と思いながら読む。

    同年代の著者の気持ちは肌感覚ですごく伝わってくる。
    自由でいたい、自由でありたいと思う一方で、実際には自由のない生活、自由でいるつもりが、それは自由ではなかった、そんな生きづらさ、日々をふつうに過ごすことの難しさが。

    壮絶な内容を包み込むかのような優しく美しい装丁は、激しい感情をさらけ出す著者を見守るECDさんのように感じる。

    結婚もして、子どももいて、仕事もしている。なのにどうして?

    よくわからない何かと闘って、そんな思いに潰されそうになる。

    かなわない。

    「かなわない」というタイトルにどれだけの思いが詰まっているんだろう。
    これ以上、強く素直な言葉はない、と思った。

  • 本当に意味がわからないし、なんて身勝手で子供みたいな人なんだと思うけど目が離せない。
    昔の作家みたい。

  • こんな本は初めてだなと思った。

    外へ外へと出ていって
    人間関係を拡大しながら働き続けることと、
    小さな小さな家の中を守っていくということの
    両立の無茶さを感じた。

    働き続けるには、
    外からの刺激も学びも必要で、
    そのためにいろんな人に出会っていたら、
    そりゃ好きな人もできるわな、っていう話。

    夫婦ってなんなのか
    家庭ってなんなのか

  • ちょっと赤裸々な育児日記、くらいの気軽さで手に取ったら、とんでもなかった。
    どうしようもなく正直に、一生懸命に、自分であろうともがき続ける魂の記録だった。それも現在進行形の。
    息苦しくてしかたないのに、貪るように読み進めてしまうのは、彼女の言葉の隅っこの方に自分を見つけるからかな。ふとした言葉に、ぐっと込み上げるものがあり、何度も息を吐いた。
    .

    書かずには、表現せずには生きていけない人がいる。比喩的な意味などではなく、言葉そのまんまの意味で。そういう人をすごいなとか、しんどそうだなとか思うと同時に、すごい嫉妬の気持ちが沸き起こるのはなんなんだろう。
    .

    あと単純にめちゃくちゃうまいのです。日記形式の文章が。美文ではないし、だらだら書いてるような雰囲気で油断するけど、そこにある気持ちをフレッシュなままとりだして、濃縮果汁還元する言葉のチョイスとリズムに、書いてあることの重苦しさは横に置いて、こりゃ凄いわと感心したり。
    .

    もう、いろいろな角度からかきむしられ、ちょっとまだ感情がまとまらない。

    ここ数日の間に新刊がでたらしい。写真展も開催中とか。早く読みたい、写真を観たい。でも同時に思う。この何日か少しの隙間もこの本を開き、どっぷりつかってへとへとになって、やっと読み終わったのに、2冊目とは、、身がもたない。
    ー それでも、読んで、観にいってしまうのだろうけれど。

  • 途中まで、なんとも移入できなかった。
    でも読み終えると、これほど胸に残る作品は他に無いと確信した。
    まさに清も濁も丸抱えして七転八倒しながら生きる姿。
    飲み込みにくい本こそ、自分に何かを残す。
    この作品は、かさぶたにならない傷痕を残してくれた。
    これは強い。

  • 読んでてしんどくて辛かった…。
    前半は震災の時の気持ちの揺れが思い出されて辛かったし、全体的に自分と同じ年頃の子の母の暮らしとして全く違ってて、受け入れ難かった。
    終盤唐突に知らされる、夫とは別の恋人との修羅場。
    知ってる人や店が沢山出て来るので余計にどんな暮らしかがわかり、生活が苦しいと言いながら外食も買い物も気軽にするし、子供とつきっきりが恐怖で辛いとずっと言ってるし、こんなにも自分を優先している人を知らなくて驚いた。
    というか、隠せないんだと思う。
    子供がいたら、人目を気にしてもっと子供の可愛い描写を入れたりして取り繕うと思うんだけど、そういうのが一切なくて、良くも悪くも剥き出しに生きるしかできない人なんだなと思った。

    あと、育児が苦痛でしかないと言いながらもご飯は美味しそうで、実際はもっときちんとしてるのかもかとも思ったり。
    あと、何もかも黙ってそのままで丸ごと肯定してくれるECDかっこよすぎでしょ。

  • 植木一子さんの、日記を一冊日記まとめた本。なかなか内容が深く、子育て、不倫などが赤裸々に書かれている。子育てする上で、誰でも感じる子供に対する嫌悪感や、その後押し寄せるどうしようもない後悔。正直に書かれている分、重く感じる。

  • 一子さんの自由奔放さと石田さんの包み込むような優しさが対照的で、世の中には夫婦の数だけ違う形があるというけれど、これで許されている一子さんは端から見れば幸せなのだと思う。
    しかし、当の本人は毎日、家事や育児も辛く、挙げ句の果て好きな人もでき離婚を申し出るも断られる。
    この時の石田さんの「これ以上、自由になってどうするの?」の言葉が印象的だった。
    何かを変えれば自分も変わることができると信じているようにも見えるが結局は変わることなどできないのはわかっている。

  • 掌編は趣がある。

    枠から出るのは大変なんだね、誰でも。

  • 噂には聞いていたがすごい一冊だった。小説では、ないよね・・・ 出版後のお母さまとの関係が気になったが、絶縁したという。お子さんが大きくなって、この本を読んでしまった時にどうなるのかも心配である。身を切る思いで綴られているから惹かれるのだろうし、真の表現者であるし、最終的にはすべて許して欲しい。

  • 小さな文字でびっしりと埋め尽くされた紙面からは、作者の叫び声が聞こえてくるようでした。
    『私が』可哀想。『私は』こんなに大変。
    『私を助けて!』。。。
    『私が』、『私が』の大洪水とあまりに勝手な言い草に嫌気が差して
    何度も途中で本を放り出してしまいそうになったのですが
    どうにも続きが気になり
    結局最後まで読んでしまいました。
    日々の出来事をこまごまと書き綴った日記なのに、
    とてつもなく人を引き付ける魅力がある。
    読んでいると心がザラリとしてくるのに
    読み終わるとなぜかすっきりとした気持ちになる、何とも形容しがたい本でした。

  • ミュージシャンのECDの妻であり、写真家である著者の2011年からのブログ、日記をまとめた一冊だ。
    これほど読む人を不安定にさせたり不愉快にさせたり、良くも悪くも揺さぶってくるブログ本ってなかなかないんじゃないだろうか。

    震災があった年からはじまるので、当初は原発反対デモのこと、放射能汚染の不安などが頻出する。
    女児ふたりの子供をもつが、育児が苦痛でしかないという言葉が繰り返し出てきて、情緒の不安定さがうかがえる。

    敵を作りそうな心情についても赤裸々に吐露していて、ずいぶん正直に書くものだなと思いながら読み進めていくうちに、著者が、あるいは著者の家庭が少しずつ崩壊していくように見えてくる。

    家族をおいて連日夜中の二時三時まで飲みに行き、夫からのメールに好きにさせてくれと感じる姿には強い自己愛しか感じなかったので、後半の「先生」が出てくるくだりには驚かされるのと同時に嫌悪感を感じた。
    自分にとって都合のいい解釈に飛びついてそれを免罪符にしているように感じてしまって。

    ブログというのは極めて一方的な意思表明なので、彼女の夫や、母や、あるいは娘たちの言い分がまったくわからないため、なんとも言えないのだけれど、著者の主張や自己分析には違和感がつきまとう。

    仕事での自身の態度の反省を、相手に詫びたりフォローしたりするのではなく「ブログに書く」ことで反省としてしまうことや、実名で公開しているブログに「匿名で投書した」話を書いてしまう甘さや、夫、娘、母への態度に自分は不愉快の方向に針がふれ、最終的には「こういう人もいるんだな」という思いに着地したけれど、この正直さに救われたり共感したりする人もいるんだろうと思う。

    なんだろう、この本の印象だけで単純に好きか嫌いで言ったら嫌いな人なんだけれど、好き嫌いだけで済ませられないような気持ちになる。

  • 新聞に載っていた書評か広告?を見て、何となく読んでみようと思い手にした書籍。
    申し訳ないながら、著者のことは全く知りませんでした(ついでにご主人さんのことも)。
    てっきり小説だと思い込んで読み始めて、暫くしてからブログ記事ベースの実話の本だとやっと気が付いた。
    途中で、重くて長くて、読んでいる方が辛くなるような内容で、読み飛ばそうかと思ったが、何だか最後まで付き合わずには終われないような気がして読了した。
    うーん、自分とは確かに大きく違うが、精神的に少なからずバランスを崩している自分にとっては参考になる面もあり。
    それにしても、縁の連鎖ってのは恐ろしいものだと改めて思う。
    自分にも子がいるので他人事ではない。
    幼少期の抑圧的な環境は、確かに確実に大きな影響を与えると思うし。

  • 数行読んで肌に合わないと感じた。
    もし子どもを産んだら、また開いてみたい。

  • 圧倒的なものがある。一子さんは普通の人だ。少なくとも私はそう思う。こういう人はいるところにはいる。ただ文章にこれだけ書けるのはすごいことだと思う。また圧倒的な力も感じる。でも、じゃあ何の力?と聞かれればまったくもってわからない。生命力か、あるいは衝動か。読んでる間、苦さや後ろめたさが蘇った。子育て時代の悶々とした気持ち。子供が大きくなればなくなるのかと思ったそれは、今もまだあり続けている。記憶としてではなく、今も進行中、現役だ。親というものは一生こうなのかもしれない。親としてのみでなく、私として生きたい者は尚更にそういったものを重く感じるのかも。私として生きる罪悪感。でもそれが私なのだから仕方がない。この本を読んで、むしろもう私は私でよし、このままでよし、と思った。

  • 文章がとても強い。ただその強さは、芯のある強さとかではなく、荒れ果てた精神の、嵐のような無茶苦茶な強さである。

    この人はどうしてこんなに文章で自分のことを振り返れるのに、咄嗟の感情で、後悔する行動をしてしまうのかが、とても不思議に感じた。

    最初はただの育児日記か?と思いつつ読み進めていくと、恋愛模様が描かれたり、著者の精神的病が明かされたりと、ボリューム満点。ひとつの物語としても楽しめるが、それにしては毒というか、ネガティヴ要素が強く、当てられる人は当てられる。

    素直に書きすぎて逆に怖い。こんなところも無邪気な子供を感じる。大人なのに、子供。自信がない人に読んでもらうと、色々と共感できる部分があるかもしれない。

  • 子育て日記と思って読んでいると、著者の不安定な精神状態に引っ張られ、シンクロしそうになった。
    カウンセラーの先生の言葉により引き戻される。
    年の差もあってか、石田さんの大人な言動が印象強い。

  • とても正直な人だ、文章だ。

    amazonレビューを見れば分かるように、読む人にこれだけの嫌悪感を抱かせるのは、この「正直さ」が恐ろしいからだろう。本当の自分に向き合うのが。

    私たちは試されているのだ。

  • 読むのに根気を要した。

    人一人の人生を、こんなにもさらけ出すことができるのか、と驚きが絶えない。

    衝撃的な本、とはこのことだなあと思う。大して心を揺さぶられた、とか感動したとかいう記憶はないけれど、おそらくすごく記憶に留まるであろう。

  • ここまで素直に書けるのはすごい。

  • 一気に読み終えた。結婚と育児と自分の中の葛藤と、共感できる箇所が多く、特に娘さんに向ける心情については何度も頷きながら読んで泣いた。きっと自分に原因があると分かっていながらどうにもならない感情を家族にぶつけて、後悔することの繰り返し。夫と別の人を好きになって、さらにバランスが崩れていく。自分がどうなりたいか、どうしたいかではなく、周囲の目や理想の家庭像を基準にしてそれと現状を比べて、落ち込んでしまうこと。他者から見るとそれが分かっても、その中にいる本人には分からない。私自身と重ねて、後半は一緒にカウンセリングを受けているようだった。私も自分を好きになりたい。周りの人を大切にしたい。これからもきっと読み続けます。

  • 図書館にて。
    まだブックコーナーが冒頭にあった頃の王様のブランチで紹介されたものだった気がする。(もう見ないが)
    内田春菊さんのエッセイを思い出した。
    母親との確執はこんなにも娘を破壊するものなんだろうか。
    同じくらいの娘を一人だけど育てている母親として、申し訳ないけど自由時間、私より全然全然多いんだけど?寛容な旦那と娘たちの犠牲の上に成り立っていた不倫にすがって家族を苦しめた挙句、その不倫相手も追い詰めるなんて・・・。
    確かにところどころ出てくる壮絶な子育ては大変そうかもしれないけれど、あるよあるよそういうこと。どの母親も楽な訳無いじゃん、あの手この手でいろいろやってんだよ。みんな、休みもなく、優しい言葉もそうそうかけてもらえなくても、ましてや恋愛相手もいなくても。
    とはいえ、キャパは人それぞれ。この人に2人の子育ては無理だったんだと思う。母親への復讐ではないとあとがきで書かれてるけど、母親との関係は自身でどうにかしてと思う。それより将来この本を読んで娘はどう思うのか?自分の母親よりひどいことしてないか?苦しいのは自分の問題であって、娘たちのせいではないのだ。
    親は親であるとき、強くならざるを得ないし、強くなるべきだと思う。弱い存在を守らなければならないから。
    それにもっとシンプルに、日々成長していく娘たち、それをそばで見ていられるのに、子育ては大変だけど楽しいことだっていっぱいいっぱいあるのに、なんともったいない。恋愛なんかよりもっと究極の愛情がそこにあるのに。
    腹は立たないが、娘達が不憫でならない。

  • <引用>
    ・カメラが変わったくらいで無くなってしまう「私」なんて、最初からなかったのも同じなのだ。
    ・自分は何に後ろめたいと思っているのか?世間?違う、私は一体誰に向かって生きているのだろう。
    ・こどもを産んだら「お母さん」になれると思ったらそうではなかった。生まれてから何も変わっていないような気がする、ただ知恵がついただけ。お母さんであり女であり少女であり私なのだ。「お母さん」にだけなれたら、こんなに苦しい思いをすることもなかっただろう、私はいろんなものに未練がある。
    ・私は誰かのものになって安心したかった。自分が生きている理由をくれるのが恋愛であり結婚であり、家族であるとおもっていた。でもそれは間違っていたし、正解でもあった。人と人は出会い、変わらない気持ちはない。私は誰の所有物でもないし、誰かを所有することも出来ない。
    ・共依存症と回避依存症
    ・変わりたいとと思っていたけれど、変わらなくていいところもあるのかもしれない。無くしてなはいけないものがある。それに苦しめられ、それに生かされている。

    ・あなたが自分のことを一番バカにしているんです。自分を愛する心は健全なんです。自分を愛するように他人を愛するのです。自分を嫌って他人だけを愛するならそれは依存になります。
    ・自分だけが自分の未来は真っ暗だと思い込んでします。気持ちの切り替えは難しいけど、やり過ごす。にわか雨のようなものなので通り過ぎるのを待つ。今あなたをそうやってどん底に落としているのはあなた自身です。他の誰でもありません。
    ・自信をもつこと、すなわち自分を好きになる事。
    ・親の呪縛から逃れられていない。

全49件中 1 - 25件を表示

かなわないを本棚に登録しているひと

かなわないを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かなわないの作品紹介

2014年に著者が自費出版し反響を呼んだ同名冊子を中心に、『働けECD〜わたしの育児混沌記』(ミュージックマガジン)後の5年間の日記と散文で構成。震災直後の不安を抱きながらの生活、育児に対する葛藤、世間的な常識のなかでの生きづらさ、新しい恋愛。ありのままに、淡々と書き続けられた日々は圧倒的な筆致で読む者の心を打つ。稀有な才能を持つ書き手の注目作です。

かなわないのKindle版

ツイートする