吉田知子選集II 日常的隣人

  • 20人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 吉田知子
  • 景文館書店 (2013年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907105013

吉田知子選集II 日常的隣人の感想・レビュー・書評

  • とても面白かった。今回は短編のほとんどで会話が可笑しくて笑ってしまうところが多く、笑っているうちに読み終えた。けれど、常の無駄のない文体と独特のテンポの良さは変わらず。特に良かったのは、老夫婦の日常があれよあれよという間にとんでもないことになるけれど、でも…という「日常的夫婦」ブラックユーモア満載の「日常的美青年」のっけから面白すぎる会話が続いて、結果丸ごとおかしい「日常的患者」。選集は3で止めずにぜひ4、5と続けて出してほしい。それが無理なら個人的な好みで単行本の「お供え」をぜひ再版してほしい。「お供え」が他のアンソロジーによく取り上げられるのは、文章の無駄のなさや洗練度が際立っているからだと思うが、収録作の「祇樹院」(あっという間に状況が暗転する様子が胸苦しくなるように描かれて、結末も呻いてしまうくらいゾッとする)や「うしとら」(←漢字変換できない、昔聞いた地獄の一番つらい所をそのまま再現したような話)など、好きすぎる短編ばかりなので。

  • こんなすごいものが、私がまだちっちゃな子どもだったころに書かれていたなんてなあ。知らなきゃ知らないままだったなんて、ほんともったいない。よかった、今、新刊で出てくれて。ひとつひとつ読み終わるたびに、唸ってしまう。世界は広い。
    たぶん、新しいものをはやく知ってることも必要なんだと、仕事柄思うけれども、売るほうも買うほうも、作品を掘り起こす、知らないものを探す、みたいなことを、もっと大事にしないと、なんか先細る気がするなあ。

  • 脳が置いてけぼりくらっちゃったからまともな感想は書けない。これが日常なのか、そうなのか。みんな無頓着に自分の垣根をつくり他人の垣根を壊す。無頓着な悪意が平然とまかり通る。さっぱりと定着してはいひひと笑う。なんやかんや計算高く冷ややかに前向きだったりする。利害関係以外に軋轢も生じない。個々に企むばかり。気い狂うても企みはズレない。絶品に気色悪くて面白かった。ついてけないけど。吉田知子こわい。

  • 読むのが恐い、、、

    景文館書店のPR
    「芥川賞作家・吉田知子の作品集第2弾。

    つる子の隣に引越してきた年下の男は庭に境を作りたがった。あんな男に垣根を作らせてなるものか、だって私の家の垣根なんだから……。垣根をめぐる女と男の隣人関係をユーモラスに描く「日常的隣人」ほか、作家の感性が炸裂する怖くて楽しい短編集。

    巻末には解説にかえて、町田康が考える〈作品への問い〉4問を収録。 」

全4件中 1 - 4件を表示

吉田知子選集II 日常的隣人の作品紹介

作家・吉田知子の小説選集第2弾。

つる子の隣に越してきた若い男は庭に境を作りたがった。

「ぼくは理想的な隣人と言えますね。大丈夫ですよ、心配しなくても」

男の赤く光った唇を見ると腹がたってきた。
あんな男に垣根を作らせてなるものか、だって私の家の垣根なんですから…。

垣根をめぐる女と男の人間関係をユーモラスに描いた「日常的隣人」など、連作・日常的シリーズほか、純文学作品「人蕈」を収録。
怖くて楽しい全11作の短篇集。

巻末には収録作品を題材にした問題、「日常的隣人への四題」を収録。

「日常的隣人を読んで、以下の問いに答えてたぼれ」(出題・町田康)

吉田知子選集II 日常的隣人はこんな本です

ツイートする