安全という幻想: エイズ騒動から学ぶ

  • 18人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 郡司篤晃
  • 聖学院大学出版会 (2015年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907113155

安全という幻想: エイズ騒動から学ぶの感想・レビュー・書評

  • チャーリー・シーンが自身のHIV感染を告白した時、僕はこの本を読んでいました。なんというタイミング…というほどのことはないけれど、まもなく12月1日、世界AIDS dayがやってきます。たまたまメディアコスモスの「新刊本」の書棚を眺めていて、ふっと分類シールに一部名前が隠れたこの本を見て直感的に著者、郡司篤晃氏の名前が頭のなかで光った気がしました。

    HIV/AIDSという疾患についてはっきりし始めたのは1980年代初頭でした。僕が大学に入ったのは1983年、2年目に指定されて購入した英語版のReview of Medical Microbiologyにもよくわからない後天性免疫不全症候群が報告され始めていてCDCがサーベイランスをしている、という記述があったことを思い出します。エーアイディーエス、とボクが読んだら当時同居していたSくんが「ぽち、それはエイズって読むんだよ」と教えてくれました。その教科書にはすでにワトソン・クリックのセントラルドグマを覆す、逆転写酵素を持ったRNAウイルスが存在することが書かれていましたし、幾つかの病原ウイルスがレトロウイルスに分類されていることも書かれていたような記憶でした。

    その後、AIDS研究班ができ、血液製剤のうち、血漿成分の非加熱濃縮製剤がどうやら原因となって血友病患者に広がっていったことが明らかになっていきました。

    その間の様々な出来事について、ボクがこれまでに読んできたものは患者側の主張がメインであり、薬害訴訟に肩入れをした小林よしのり氏のゴーマニズム宣言に相当に影響を受けていたことをまず告白します。ゴーマニズム宣言の薬害エイズ訴訟に関わるあたりのお話は、当事者側の主張、解釈、見解を中心に埋め込んで、比較的丁寧に時系列を追った作品だったかもしれません。徐々に小林よしのり氏が「運動」から離れていくあたりまでは薬害エイズ訴訟の原告団側のドキュメンタリーとしては比較的丁寧な作品だったかもしれません。

    そして薬害エイズ訴訟・和解、官直人の意味不明な謝罪、ついで行われた民事訴訟、郡司氏の後任の松村が有罪判決を受けたこと、安部英医師の一審無罪判決と控訴審途中での死去に伴う控訴棄却あたりまでは個人的な関心としてことの成り行きを『新聞報道レベルで』観ていました。

    でもよく考えてみるまでもなく、今回僕は郡司氏のこの著書を手にするまで、ボクが加害者側だと思っていた人たちの言い分をつぶさに聞いたこと、読んだことはなかったのです。そしてこの本を手にした時、菅直人が意味不明の謝罪をして以来20年近くに渡り、郡司氏が公の場で郡司氏の知るところを公表してこなかったことに気づいたのでした。

    まずもって率直に行って、僕はサイエンティストとして恥ずべき思い込みと決め付けをしていたことを率直に反省します。

    僕はこの本を読むまでは薬害エイズ事件(ひとまず事件、と書いておきます)はとにかく厚生労働省と研究班の対応が後手に回ったせいで国内での被害が拡大し、沢山の血友病患者にHIV感染を引き起こしていたと思っていました。でもそうではない。そうではなかったのだ、とこの本を読んで感じたのだった。

    ゴーマニズム宣言を読んであっち側にボーン!と振れてしまって、反対側の意見を聴いてギューンと振り戻して、という、自分の考えがちゃんとあるのかお前は!?という嫌な気分でも有ります。だけれど、この本に出会ったことは、僕がバイキンの検査に携わるのならきちんとわきまえて置かなければならない冷静な視点を取り戻させてくれたのかもしれない、と思っています。

    全編を通して、郡司氏の視線はHIVの専門家ではないし血友病の専門家でもないけれど、科学的な視点はぶれていないように感じました。そして自分の限界と科学の限界、行政の限... 続きを読む

全5件中 1 - 5件を表示

安全という幻想: エイズ騒動から学ぶの作品紹介

なぜ日本の血友病患者にエイズ感染が広がり、そのことについての誤った責任追及が行われたのか。その真実は、これまでジャーナリズムが作り上げてきた常識とは全く異なる。
エイズ政策の意思決定にかかわり、日本社会の危うさと病理を実感し続けてきた当事者が30年越しに綴る、悲劇を繰り返さないための政策提言。

ツイートする