言葉屋3 名前泥棒と論理魔法 (朝日小学生新聞の連載小説)

  • 35人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 久米絵美里
制作 : もとやままさこ 
  • 朝日学生新聞社 (2016年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907150945

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
又吉 直樹
今井 雅子
辻村 深月
宮下 奈都
ヨシタケ シンス...
鈴木 のりたけ
エラ・フランシス...
橘 春香
有効な右矢印 無効な右矢印

言葉屋3 名前泥棒と論理魔法 (朝日小学生新聞の連載小説)の感想・レビュー・書評

  • 2017.1.14市立図書館
    言葉や人との交流(コミュニケーション)の繊細な部分をていねいにすくって描き出す物語。考えるより先に言葉を口にして後悔しがちな人、思いをなかなか言葉に乗せられなくて苦しんでいる人、声をかける以前に相手とどう向き合ったらいいかとまどっている人…言葉をめぐる悩みを抱えたいろんなひとを励ましてくれる物語。

    2巻までは朝日小学生新聞の連載だったけれど、詠子が中学生になったこのお話は書き下ろしらしい。前の2巻が未読でも事情がわかるように書かれているのでここから読んでもだいじょうぶ。新たな仲間とのであい、家族の背景…まだまだ物語は続いていく感じで楽しみ。
    この春中学生になる娘にも、ぜひ読んでもらいたいなぁ…

    →4巻新刊を機に4冊大人買い。

  • 【図書館】言葉屋シリーズ3。中学生になった詠子たち。いつも明るく太陽のようなしいちゃんが、ちょっとした事でクラスの笑いものような存在になる。それを知らなかった詠子は…。その他同じ言葉屋の転校生が来たお話、クラブ活動を決めたお話、最後は外国に留学してる祖母のお友達の孫が言葉の壁で馴染めない問題を解決していく。しいちゃんのお話で幼馴染の須崎くんのとった彼なりの励ましに感動しました。最後の留学している子に詠子の祖父が作ったオルゴールも素敵でした。

  • 中学生になりました。

    読みながらびっくりして書いたのはこの二つ。
    ・中学生編がしょっぱなからめっちゃ青春まっしぐらでかわいすぎてときめくんだけど
    ・なんだこの中学生、メンタリストのDaiGoか!?てなる

    今作、読おじさんがしょっぱなに出てきて、いっぱい語ってくれました。読おじさんのお話に、主人公詠子がじ~んとくる場面が毎回好きです。
    また、三作目にしてわかったことがたくさんあって、次回作にも期待が高まる1冊でした。いいぞ~!

全3件中 1 - 3件を表示

言葉屋3 名前泥棒と論理魔法 (朝日小学生新聞の連載小説)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

言葉屋3 名前泥棒と論理魔法 (朝日小学生新聞の連載小説)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

言葉屋3 名前泥棒と論理魔法 (朝日小学生新聞の連載小説)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

言葉屋3 名前泥棒と論理魔法 (朝日小学生新聞の連載小説)の作品紹介

朝日小学生新聞から生まれた小説シリーズ「言葉屋」。言葉屋のたまごの詠子も、とうとう中学生!初めての制服に、変わっていく人間関係。「新しいものパレード」の中で、もみくしゃにされている詠子のもとには、謎の転校生まで現れて…。言葉で解決できることと、できないこと、その壁にぶつかりながらも、今日も詠子は、言葉屋修行にはげみます!

言葉屋3 名前泥棒と論理魔法 (朝日小学生新聞の連載小説)はこんな本です

言葉屋3 名前泥棒と論理魔法 (朝日小学生新聞の連載小説)のKindle版

ツイートする