作ること=生きること クラフトワーカーのもの語り

  • 12人登録
  • 1レビュー
著者 : 仲藤里美
制作 : 小園 雅之  内田 和稔  楠本 涼 
  • ころから (2014年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907239060

作ること=生きること クラフトワーカーのもの語りの感想・レビュー・書評

  • 京都の百万遍、東京の雑司が谷の手創り市などで活動する14人のクラフトワーカーを紹介した本。私も手作りのがまぐちを売っているので興味深く読みました。「歯車」になれない、効率化されたくないという熱い思いが伝わってきます。手作りの和紙の装丁も温かみがあって素敵な本です。

全1件中 1 - 1件を表示

作ること=生きること クラフトワーカーのもの語りを本棚に登録しているひと

作ること=生きること クラフトワーカーのもの語りを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

作ること=生きること クラフトワーカーのもの語りを本棚に「積読」で登録しているひと

作ること=生きること クラフトワーカーのもの語りの作品紹介

自分で作ったものを、自分でお客さんに手渡し、そしてなりわう—クラフトワーカーと呼ばれる人たち14人の作品と人となりを紹介。じぐざぐで、でこぼこな「もの語り」からは、歯車になれない、けれど効率化されたくもないという思いが伝わってきます。
京都・聚落社の矢野さんが、一枚ずつ染めた和紙をカバーに使った贅沢な装丁も魅力。

作ること=生きること クラフトワーカーのもの語りはこんな本です

ツイートする