はたらく動物と

  • 32人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 金井真紀
  • ころから株式会社 (2017年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907239244

はたらく動物との感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヒトがヒト以外の動物に仕事をさせるって、どういうことなのか、その動物にとっての良い暮らしとはなんなのか。そういう事をインタビューした本です。
    夏休みに絵本じゃない本を読んでみたくなった子供でも読める本かな。

  • 自分の持ち場でがんばる動物たちは、のびのびうれしそうで
     余計なことを思いわずらわない。
     いやなことを我慢してやらない。
     もっている力を出し惜しみしない。

    …云々と、あとがきに書いてあって、ほんまにそうやな~と思う。(このあとがきは、かなり笑えもする。)

    西川さんの『あそびの生まれる場所』がころから(http://korocolor.com/)から出て、版元のサイトをひさしぶりに見たら、この本がおもしろそうで、読んでみた。

    文も絵も金井真紀さんがかいていて、どちらも目に入ってとおりすぎる間に、ほよほよほよ~と気持ちよくさせてくれるかんじ。自分が、いまの職場で(あるいはむかしの職場で)いらいらっとしたことが、ほどけていくかんじ。淡々と自分の持ち場を守ろう、骨惜しみせずはたらこう、私も、と思う。

    近くのカフェで、5月に、著者と本に登場する門川さんと盲導犬ベイスとがやってくるトークイベントがあるのにもうしこんだ。原画展もあるそうで、印刷された絵もよかったけれど、原画はどんなんやろとたのしみ。

    (4/12一読、4/24二読、5/14三読)

  • 働き方改革が言われる時代に、こんなふうに働くことができたら、どんなにか幸せな日々だろうかと思われた。
    のどかな文体と美しい造本もよろこばしい。

全3件中 1 - 3件を表示

金井真紀の作品

はたらく動物とを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はたらく動物とを本棚に「積読」で登録しているひと

はたらく動物との作品紹介

『世界はフムフムで満ちている』で鮮烈なデビューを飾った金井真紀が、長良川の鵜飼からパリの「エコ鶏」まで、はたらく動物と、ともに生きる人間を描き出す。

はたらく動物とはこんな本です

ツイートする