ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝 (SPACE SHOWER BOOks)

  • 18人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 大鷹 俊一 
  • スペースシャワーネットワーク (2015年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (600ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907435615

ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝 (SPACE SHOWER BOOks)の感想・レビュー・書評

  • ルーの作品や人格に結構辛辣な批評を加えているのに驚いたが、概ねその通りだと思った。彼の同性愛者としてのコンプレックスと、思ったより長い不遇の期間、それが彼の性格に与えた影響がよく伝わる大作。

  • 伝説がまとめサイトにあげられているほど、破天荒だったルーだけれど、その彼が「俺に関する本は全部クソだ。この本以外はね。」といっているから読むしかない。

    POPEYE 2015年AUGUST Issue820
    TO DO LIST から引用

全2件中 1 - 2件を表示

ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝 (SPACE SHOWER BOOks)を本棚に登録しているひと

ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝 (SPACE SHOWER BOOks)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝 (SPACE SHOWER BOOks)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝 (SPACE SHOWER BOOks)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝 (SPACE SHOWER BOOks)を本棚に「積読」で登録しているひと

ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝 (SPACE SHOWER BOOks)の作品紹介

本書においてルー・リードが手放しで称賛されている箇所はほとんどない。ルー・リードの人生やキャリアは矛盾に満ち、ありえない方向へ変化し、暴力的であった。著者はそのことを浮き彫りにすると同時に、思索に富んだ曲や詩についても分析している。本書は、パンクのゴッドファーザーというレッテルを安易に貼られているルー・リードの、もっと複雑な内面を鋭い洞察力で描き出した名著である。

ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝 (SPACE SHOWER BOOks)はこんな本です

ツイートする