生きるためのサッカー: ブラジル、札幌、神戸 転がるボールを追いかけて

  • 21人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 松本 創  小笠原 博毅 
  • サウダージ・ブックス (2014年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907473044

生きるためのサッカー: ブラジル、札幌、神戸 転がるボールを追いかけての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の考えをちゃんと持っている人だなあと。そしてポジティブ。ブラジル人らしさなのかな。
    日本に住んでいる日系ブラジル人も、自分が日系ブラジル人であることをポジティブに考えてほしいなあ。

  • 「転がるボールを追いかけて」考える人メールマガジン
    http://www.shinchosha.co.jp/kangaeruhito/mailmag_html/592.html

    サウダージ・ブックスのPR
    http://saudadebooks.jimdo.com/books/

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

生きるためのサッカー: ブラジル、札幌、神戸 転がるボールを追いかけての作品紹介

「だけど、後悔はしていない。ぼくの行く先はボールが決める。ボールが転がり着いたところが、ぼくの生きる場所なんだ。」
――本書より

ブラジル・日本サッカー交流史をめぐる貴重な証言を収録した、著者初の自叙伝!
元ヴィッセル神戸ユース監督の日系ブラジル人2世のサッカー指導者である著者は、セルジオ越後、ラモス瑠偉らとともに、J リーグ発足以前の日本に“ブラジル・サッカー” を伝授。”フットサル”をはじめて日本に紹介した立役者のひとりとしても知られる。数多くの選手を指導・育成し、教え子には京都サンガF.C. 元日本代表の山瀬功治らがいる。

「サッカーには勝つよりも、大切なことがある」。信念を貫いたサッカ一指導者の感動秘話! 
母国ブラジルとのサッカー文化の違いを受け入れながら日本でキャリアを積み、阪神淡路大震災やクラブチームの経営不振などのさまざまな難局を、「生きるためのサッカー」への情熱によって乗り越えていく。サッカーファンや指導者はもちろん、先行きの見えない人生に思い悩むすべての人に捧げる”不屈”の指導者のライフストーリー。

ブラジルのサッカーのみならず、スポーツ教育、日本人移民の歴史に関心のある読者にもおすすめの一冊。

生きるためのサッカー: ブラジル、札幌、神戸 転がるボールを追いかけてはこんな本です

ツイートする