想い出づくり (山田太一セレクション)

  • 9人登録
著者 : 山田太一
  • 里山社 (2016年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907497057

山田太一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

想い出づくり (山田太一セレクション)を本棚に登録しているひと

想い出づくり (山田太一セレクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

想い出づくり (山田太一セレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

想い出づくり (山田太一セレクション)の作品紹介

名作ドラマがペーパーバックで復刊!
●「想い出づくり」(1981年10月9日〜1982年3月26日 TBS系列) 「なんかひとりの時の、すっごくいい想い出欲しい」 適齢期を迎えた女性3人が、重圧と焦燥のなかで自分らしい生き方を模索していく。「ふろぞいの林檎たち」の原型となった女性3人の群像劇。 岡田惠和(脚本家)「バイブルみたいなものです。すべてのことをこのドラマから学ばせていただきました」
●「いちばん綺麗なとき」(1999年1月23日 NHK) は、単行本初収録の単発ドラマ。国際エミー賞ノミネート作品。夫を亡くし、5年が経った女のもとに、自分の夫の愛人だったという女性の夫が訪れ、女性の日記から過去の2人の心情を知ってしまう。しだいに遺され、裏切られた者同士の奇妙な感情が芽生え始める。だがそこへ女の義姉が現れ、二人の関係を糾弾する。老年に差し掛かった3人の男女の切実な想いを赤裸々に描いた名作。

想い出づくり (山田太一セレクション)はこんな本です

ツイートする