大韓ロック探訪記 (海を渡って、ギターを仕事にした男)

  • 12人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 長谷川陽平
制作 : 大石 始  ケイコ・K・オオイシ 
  • DU BOOKS (2014年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907583132

大韓ロック探訪記 (海を渡って、ギターを仕事にした男)の感想・レビュー・書評

  • 路傍のレコード店ていいですね。全般としては今みたいに金回りがよくなる前の韓国のアンダーグラウンドな連中の豪快さってとこの話が目立ちまして、前にソ連の本も読みましたが地下世界ってのはどこも熱量が大きいようで…。見たままをドン!と言葉しているところも良さでして、政治の解釈だとかを挟まなかったのが好転してますね。紹介されているものはCDでも買えますが、やはりレコードで欲しくなりますね。

全1件中 1 - 1件を表示

大韓ロック探訪記 (海を渡って、ギターを仕事にした男)を本棚に登録しているひと

大韓ロック探訪記 (海を渡って、ギターを仕事にした男)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大韓ロック探訪記 (海を渡って、ギターを仕事にした男)の作品紹介

韓国音楽=K-POPだけじゃない!
韓国音楽シーンを塗り替えたロックバンド、
「チャン・ギハと顔たち」。
そのプロデューサー/ギタリストは、実は、日本人だった!


ギターを片手に海を渡り、現地の音楽シーンで、
愛と汗と涙にまみれた約20年。
ガイドブックには載っていない韓国がここにある。

長谷川陽平を慕う韓国音楽界の生き字引やパイオニアとの対談も収録!
チャン・ギハ / キム・ミョンギル(デヴィルス) / シン・ユンチョル / DJソウルスケープ

大韓ロック探訪記 (海を渡って、ギターを仕事にした男)はこんな本です

ツイートする