ベルニーニ その人生と彼のローマ

  • 3人登録
制作 : 吾妻 靖子 
  • 株式会社 一灯舎 (2016年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (529ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907600440

ベルニーニ その人生と彼のローマを本棚に登録しているひと

ベルニーニ その人生と彼のローマを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ベルニーニ その人生と彼のローマの作品紹介

多くの優れた彫刻と建築物を生み出したベルニーニは、ローマが生んだバロック芸術の代表的な巨匠である。ベルニーニについて書かれた本はあるが、ベルニーニそのものにはほとんど関心を払っていない。本書の主要な目的は、「ベルニーニその人」、つまり検閲を経ない、血と肉を備えた人間を描くことではあるが、彼の職業生活における画期的な事件や家族の歴史についてもページを割いている。また、ベルニーニだけでなく、十七世紀のローマ人の生活に、間接的であっても影響を与えた大きな出来事や社会問題、人物についても言及している。教皇ウルバヌス八世が述べた有名な言葉「ベルニーニはローマのために作られ、ローマはベルニーニのために作られた」の通り、ベルニーニの生涯は、彼の愛したローマという都市と密接に関わっていた。したがってこの伝記は、ベルニーニという芸術家の伝記であるばかりでなく、十七世紀のローマの肖像でもある。読者は、その人生が、スキャンダル、陰謀、そしてさまざまな人間関係のドラマに溢れた、常に愛すべきとは言えなくても、実に興味深い人物について多くを知ることができるだろう。

ベルニーニ その人生と彼のローマはこんな本です

ツイートする