自閉っ子、こういう風にできてます!

  • 291人登録
  • 4.06評価
    • (43)
    • (43)
    • (31)
    • (1)
    • (1)
  • 48レビュー
  • 花風社 (2004年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907725631

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダニエル・タメッ...
白石 昌則
ヴィクトール・E...
村上 春樹
劇団ひとり
テンプル グラン...
戸部 けいこ
リアン・ホリデー...
有効な右矢印 無効な右矢印

自閉っ子、こういう風にできてます!の感想・レビュー・書評

  • ・最近になって、父親という概念を知った私は、少しずつ彼との関わりを自分から持つようになりました。
    正直に言ってしまうと、それまでの私にとって、彼の存在は「八時になると家を出て行く人で、たまに突然帰ってきては出て行き、“ただいま”と言いながら、夕方六時ごろ帰ってきて、私が宿題している間に寝ているので、私との共演が少ない配役」でしかありませんでした。
    …父にそのことを話すと、かなりショックを受けたようで、しばらく彼はふさぎこんでしまいました。
    これまでの私だったら、「…? いきなり、しょ気た」としか考えられず、しらっと部屋を出て行っただろうと思います。
    でも、私は驚くべき行動に出たのです!
    私はしばらく考えたあと、父に「それは、私があなたの娘で、娘の私が“お父さんの存在の意味が分からない”って言ったから、私とつながっている父親として、しょ気てるの…ですか?」とたずねました。
    要するに、「私の父親だから悲しいの?」と聞いてみたわけです。
    このあたりの気持ちはリサーチ中なので、私も失礼ながら、その場で父に質問返しをしてしまいました。
    彼はふさぎこんでいる最中だというのに。
    すると彼は、「…そう」と答えました。
    びっくりしたことが、ここで二つ。
    今までの彼ならば、憤慨して背中を向けて、私の質問に答えてくれることなどありませんでした。
    でも、今では私が「わからないから聞いている」ということを徐々に覚えてくれているので、一言でも返事をくれる、ということ。
    そして、もうひとつは、自分に対してのびっくりでした。
    私はいったのです。
    「でも、今から“父親”のこと知っていくから、しょ気ないで…」と。
    すると父は、肩を落としたままであっても、コクリとうなずいてくれました。
    自閉傾向の強い娘と、その娘の父親である彼が、ちゃんと意思疎通できた瞬間でした。

    ・一時ニキさんについて、ネット上でほうぼうに書き込んでいた人がいますよね。「ニキ・リンコは実在しない。花風社のでっちあげで、花風社の社長がニキ・リンコを演じている」って。あのときはどう思いました?

    「そうか、私はいないのか」って思ってしまいました。それで、浅見さんから電話がかかってくるのが怖かったです。自分は浅見さんのはずなのにどうして自分から電話がかかるのだろう、って混乱して、浅見さんが出た大学のキャンパスの様子とか思い出そうとしたけれども思い出せなくて、どうしてだろう、って思ったり。

    ・講演に行った先でも、自閉の子どもが「殺す」とか口走って困る、というお母様からの質問を受けたことがあります。そのときも「どこかで聞いた言葉を繰り返しているだけかもしれない」と答えました。一つ問題だなぁと思うのは、多大なストレスを受けて、それを表す言葉が、「殺す」になってしまっている世の中の現状だな、と。

    ・想像力の障害って、不便だけど。「有料放送無料!」とか書いてあると、キャンペーン期間だってわかるまではうろたえるし。ホテルの部屋に入って「お客様のお声をお聞かせ下さい」っていうカードがあると「わーっ」とか叫んで、しばらくして、なんかちがうな、って気づいたりするし。

    ・抗うつ剤(SSRI)をさぼらずに飲んでいるときには、たとえばスーパーに行って同じBGMが繰り返されていたりしてもあまり腹が立たなくなります。

  • とかく「ひきこもり」とごっちゃにされ勝ちな「自閉症」。
    それが全然違うんですよ!というお話を分かりやす~く、1人の「定型発達(健常者のこと)」と、2人の自閉症スペクトラム(※)で対談。

    「コタツやスカートで足が隠れると、“足がなくなる”」(!)
    「雨ニモマケズっていうし、皆も私と同じで“雨が当たると痛い”のかと思っていた」
    「小学校でいじめられてたけど、そういう役なのかと思っていた」
    「定型発達の人がオートマティックにやること(歩く・くしゃみ・唾をのむ)が、意識しないとできない」
    「悪意・ひがんだり、ねたんだりの感情はわからない」

    社会生活は大変そうな自閉症スペクトラムの方々ですが、「畳の目の美しさ」について語る繊細な感性が素晴らしい。定型発達が気付かない美を見つけられる人たちでもある。「生まれ変わってもまた自閉っ子になりたい」と言い切るあり方に惹かれる。

    また、自閉症スペクトラム2人:定型発達1人というバランスが面白いですね。我らが定型発達が少数派にある状況がw

    そういえば、私の友人が、身体障害者の支援施設に実習に行って、こんなことを言っておりました。
    「最初は正直、施設の利用者の人たちが床を這って移動するのが怖かった。
    でも、一週間もすると自分の方がおかしく思えてきた。なんで私は二足歩行なんだろう? 床を這って進まないんだろう?って。」

    う~ん。結局「普通」なんてものは多数決の結果でしかない。
    身につまされる話でありました。友人よありがとう。

      ※自閉症スペクトラム・・・定型発達~自閉症を階段状に示した表にあてはめて、「まさに自閉症」という人たちを表す言葉。「広汎性発達障害」って今思えば分かりにくい言葉だったなあ。

  • あえて評価はナシで。
    発達障害当事者のお二方と定型発達代表の社長さんとの対談形式。
    発達障害当事者の感覚をイメージすると言うには良いのかも知れませんが~…
    『この人たちの感覚とは180度違うよ~そんなの体験したことないよ~』と言うまったくタイプの違う当事者の方もいらっしゃいますので、そこらへん注意です!mokoiも発達障害グレー当事者ですが、ちょっとあまりにも中身がぶっ飛んでてビックリしちゃいました(・。・;

  • 特性がある人の生きづらさを、「社会性」「コミュニケーションのしょうがい」「一点集中型の想像力」だけでなく『身体感覚』という視点から解説。
    「どうしてこんなに困った行動をこの子は取るのかな?」と困っている親御さんにオススメ。医療従事者や支援者も支援・臨床の参考になります。

  • 某非定型発達のご本人の著作を読んで色々考えるところがあったので読んでみた。所々に「へえ」と思うところがあった。

  • (2013.12.15読了)
    職場に変わった子がいて、もしかして…と思って読んでみました。
    程度の差はありますが、思い当たることがたくさんあります。
    やっぱり説得しようとしても無理なんだなぁ、と思いました。
    もう少し優しくできそうな気がします。

  • あまり専門的ではない。自閉症で翻訳家の方が、自身の感じ方や経験をつづっています。

  • 「社会性の障害」「コミュニケーションの障害」「想像の障害」が定型発達の人から見た障害という観点が面白い。当事者たちからすれば、そんなことよりも感覚過敏や身体的な機能不全のほうがつらく、生活していくうえで障害だということに驚いた。

  • 自閉の方の感じ方を少し感じることができた。偏食も、日々異世界のゲテモノが食卓に出ているのをイメージして、苦労を感じた。
    また、社会性の障害といわれる自閉症に、身体の問題もあるということは初耳であった。
    シリーズを続けて読んでいこうと思う。

  • 職場の先輩にお借りした。

    高機能自閉症やアスペルガー症候群のから見た、世間というか世の中が、座談会の形で述べられている。
    目からウロコ…を超えて、石ころでも落ちてきそうな衝撃だった。

    これまで、よかれと思って行った何気ない指導が間違っていたこと。生徒に多大な苦痛を与えていたことを知った。

    このシリーズ、癖になりそう。
    教育関係者にはぜひ目を通していただきたい一冊。

  • 916
    かなり興味深い、他の関連本も読みたい

  • 佐々木正美著『完・子どもへのまなざし』で紹介されていた本。自閉スペクトラムの人々の特徴の幅広さ、独自の身体感覚(「雨が痛い」など、個人差あり)について初めて知ることばかりだった。

  • 自閉症当事者の二人と、提携発達一人の対話で成り立つ自閉症の世界が語られた本。
    さらっと読める。
    異星人ってワードなど際どい表現や聞き方も多いけど、お二人が気にしている様子がないのと、信頼関係がしっかりできている様子を見ると、気にしてるのは周りばかりなのかなと感じる。
    考え方の枠組みを言葉で説明してもらえるのは、本当貴重なことだと思う。
    もちろん個人差はあるだろうけど、自閉症の方の世界を知るための大切な手がかりとなると感じた。
    思考の流れが違いすぎて、言葉で説明されてもしばらく理解できないところがあったのが印象的。

    提携発達のひとはこんな感動も味わえないのか、つまらない。生まれ変わっても自閉っ子でありたい。といった発言がこころに残った。


    自分の普通を世界の常識と思い込まないように気をつけたい。

  • 自閉症の漫画家と翻訳家の経験談・・ってとこかな。
    発達障害に詳しい、知合いの医師に聞いたら、何やら有名な作者さんらしい。専門家の眼から見たら、自閉症かどうか怪しいところだそうだ。

    それはさておき、書いてあることを全て鵜呑みにするとして・・面白い本だと思う。
    ダウン症やADの子のかてきょをしたことがあるが、相手がどう考えているか?それにはずっと興味があった。
    この本ではもう成人になった人の経験談だけれども、幼少期の話なども有り「はぁ~ そういう風に捉えるのか」「ほぉ~ 考え自体浮かばないわけか」等と感心するばかり。

    非常に悪い言い方をすると、異星人の考え方をしることの出来る本。

  • 小説の登場人物にちょっと変わった空気がよめないけど魅力的なキャラクターとして自閉症スペクトラムらしき人物がよく出てきます.でもその人物の描かれかたはあくまでも定型発達者からみた人物描写であるという限界がありました.
    この本では2人の自閉症スペクトラムの人が定型発達者の編集者との対談、インタビューを通して自閉症スペクトラムの人たちの世界を豊かな言語表現で教えてくれます.
    編集者の問いかけやまとめも要領を得ていて非常にわかりやすい.
    自閉症スペクトラムの人達と接する際に、彼らの世界のルールについて知っておくことは非常に重要.
    教科書では得られないナマの情報が得られるのでとても新鮮であった.

  • 成人の高機能自閉症スペクトラム障害当事者達が語る、そういう事だったのか!の世界。
    成人当事者と家族と支援者は勿論、子供の当事者に関わる人達にも役立つ良書だと思う。続巻でメインとなる、自閉症の身体障害についても語られている。

  • 世に出ている「自閉症スペクトラム」に関する多くの本は、自閉症でない人が傍から見て、「社会性や対人関係」についての問題を分析したようなものが多いが、そこには、当事者達が本当に困っている部分が語られていなかったことが、この本を読んでよくわかった。彼らの優れた感性や能力を生かし、活躍してもらうためには、まず、彼らの鋭すぎたり鈍すぎたりする身体感覚を周囲が理解して、サポートしたり環境を整えてあげることが大切だと思った。
    先日、ろう協会の講演で「ろうは、障害ではない。文化である。」と語られていたが、本当に「障害」とは、多数派の社会習慣の型に押し込めようとするから「障害」になるのであって、彼らをきちんと理解・尊重するならば、それは独自の文化を持っているのにすぎないのではないか、と改めて感じた。

  • ≪図書館≫
    まさに、異文化。目からウロコ。自閉症の人たちからみえる世界が垣間見れた。
    今までは、自閉症、ときくと、なんだか障害があって大変で、一種の病気という捉え方をしていた。
    でも、それはちがう。
    ちっとも病気なんかじゃない。
    かわいそう、っていうのもちがう。
    異文化なだけなのだ。
    そのことに気付かせてもらえた。
    他者理解のささやかなる1歩を踏み出せました。
    読んでよかった。

  • 兎も角ウソも遠慮もなくあけすけで、構えずに読めて面白い。
    自閉症の症状を見る角度によって、まるで違うモノに見えてくる様を見ることができる。
    自閉症度の高い人を多数派の常識に当てはめて矯正しようとすれば、無理が大きすぎてお互いを傷付け合うことになるけれども、もし取り巻く環境が自在性と対等性を高めれば水平思考の面白さを満喫できると思う。
    この二人の例え話や現象を説明する表現は遠慮会釈なく壺を突いている上に、発想がユニークで思わぬ納得にたどり着けて面白い。
    いささか「本当かよ!」と、オバーに思えるほど直球の言葉を選んで発信したり受取り方も鵜呑みで、情にまみれた言葉の持つ隙間や陰やウソや裏返しの表現を意に返せないらしい。疑うことや推測することを苦手とするらしい。

    現状の多数派支配の世の中がいかに歪んでいるかを見せてくれる面白い会話であるし、どうすれば皆が楽しく暮らせる世界を創れるかを暗示してくれているようにも思える。

  • 非常に読みやすい一冊。
    また、内容も当事者が語っているということもあり、非常に分かりやすいというか、イメージしやすい。対談形式で、当事者でない人も徐々に理解が深まっていく過程が見えて、一般的な誤解までつかめる。
    体への配慮をもっと注意深くしなければと勉強になった。

  • 頭がいい
    =一歩引いたところから見られる
    =この子にとってはどうなるのが大事なんだろう

    =勉強家
    =知的好奇心で観察できる余裕

    その人なりのベストコンディション

    用を足せることが大事

    相手の説明能力を超えた説明
    訊く相手を変える

    納得はできるけど実感は

    俺ルール
    限定的な情報の拾い方
    真に受けて

  •  自閉症の視点から書かれているので、何がわからないとか、どういう風に感じるとか、どういえば伝わりやすいとか、いろいろ考えさせられ勉強になりました。
     自閉症について、勉強したい方は、まず入門編として読まれるといいと思います。読みやすく、わかりやすいです。
     また、知識のある人も、時々読み返すことで、また、新たな発見や忘れていたことを思い出させてくれます。

  • 自閉スペクトラムについてとてもわかりやすく、明るく書かれている。言葉を持つアスペルガーの人は自閉という世界と定型発達の世界との懸け橋であり、語り部である。異文化コミュニケーションという表現がとても納得できる。すべてがマニュアルで動かさなければならない自閉スペクトラムの人の苦労は定型発達でオートマッチである人に想像もつかないような苦労があるだろう。その文化の違いも「ちょっとした配慮」で理解しあう関係が出来ると感じる。しかし、「ちょっとした配慮」は自閉スペクトラムと定型発達の世界の間だけに存在するのではなく、定型発達同士の関係にも存在する。異文化とコミュニケーションをとることも、同じ文化を持つ者とのコミュニケーションでも「ちょっとした配慮」は必要であり、相手を理解するところは変わらないと感じる。

  • 自閉症スペクトラムの人すべてがこうじゃないというのはもちろん念頭に置かなくてはならないけど、なんて感性豊かな人たちなんだろうって思った。

    見えているものや感じているものがこんなにも違う人たちがいるんだって、知ることが出来るだけで、世界が広がる気がします。

全48件中 1 - 25件を表示

自閉っ子、こういう風にできてます!に関連する談話室の質問

自閉っ子、こういう風にできてます!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自閉っ子、こういう風にできてます!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自閉っ子、こういう風にできてます!を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする