ボクシングと大東亜 東洋選手権と戦後アジア外交

  • 22人登録
  • 4.40評価
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 乗松優
  • 忘羊社 (2016年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907902117

ボクシングと大東亜 東洋選手権と戦後アジア外交の感想・レビュー・書評

  • 毎日新聞コラム掲載pocketに関連記事

  • [拳と政治と思惑と]戦後に日本とフィリピンとの国交回復がなされる以前から,両国の選手らを交えて行われていたボクシングの東洋選手権。携わった選手,興行師,そして政治家らは,そのイベントにいったいどのような思いを託したのか......。スポーツと戦後社会の関係の新たな側面に光をあてる意欲作です。著者は,スポーツ社会学を専攻し,関東学院大学の兼任講師を務める乗松優。


    ボクシングという横糸を通すことで,戦後の日本社会の今まで知らなかった側面がここまで明らかになるのかという点にまず驚き。東洋選手権という乗り物に様々な思惑が乗っかり,結果として非常にユニークなイベントになったことがよくわかります。スポーツと政治の関わりについて考えたい方にはぜひオススメの作品です。

    〜東洋選手権を支えていた選手の存在を,仕掛け人たちの理想を叶える手駒として単純に捉えることはできない。...(中略)...彼らの語りに見られる深い内省は,戦後社会の再建に邁進する日本の「内向き」の歴史観を離れ,フィリピン人や日系移民が占領や戦争という過去とどう向き合ってきたのかを思い起こさせると共に,復興の名の下に忘れ去られつつある過去を浮き彫りにしてくれる。〜

    そういえばボクシングの試合って最近見てないな☆5つ

全3件中 1 - 3件を表示

ボクシングと大東亜 東洋選手権と戦後アジア外交の作品紹介

テレビ史上最高視聴率96%!
鉄道王・小林一三の実弟にして「聖地」後楽園を率いた国粋主義者、
稀代のフィリピン人興行師と共に暗躍した裏社会の顔役、
キリスト者として平和の架け橋となった東洋王者、
メディア王・正力松太郎、そして昭和の妖怪・岸信介…
関係者の証言や資料をもとに、大戦中100万人以上が
犠牲となったフィリピンとの国交回復をめぐる葛藤と交流の軌跡を描く。
復興期の日本を熱狂させたボクシング興行に、
見果てぬアジアへの夢を託して集った
男達の実像に迫る、もうひとつの昭和史。

ツイートする