汚れた戦争: 1914-1918

  • 19人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
制作 : Tardi  Jean‐Pierre Verney  藤原 貞朗 
  • 共和国 (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907986131

タルディの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 宏
宮下 奈都
西 加奈子
須賀 しのぶ
原田 マハ
森 絵都
トーン テレヘン
植本一子
森見 登美彦
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

汚れた戦争: 1914-1918の作品紹介

第一次世界大戦の《リアル》を徹底的に描き出し、『塹壕の戦争』に続いて「コミックのアカデミー賞」と呼ばれるアイズナー賞を受賞したフランスの巨匠タルディの代表作。この戦場の《リアル》を直視するところから、いま、私たちの同時代が幕を開ける。



1914年7月に勃発した第一次世界大戦。その戦死者は全世界で1000万人にもおよぶ。本書では、ひとりの兵士による定点観測のようにして、戦地でのさまざまなエピソードが綴られ、多くの死が語られる。しかし、暗く悲惨な死者は彼らだけではない。 5年におよぶ編年史として描かれたこの物語を ページめくるたびに、われわれは本書に描かれることのなかった数多くの名もなき兵士たちの死を想起せざるをえない。タルディの筆先にかかると、そうした兵士たちの顔かたち、そして肉声にすら思いを致さずにはおれないのだ。
本書の後半を占める大戦研究者にしてコレクターのジャン=ピエール・ヴェルネによる詳細な日録と膨大な量の写真が、その殺戮現場の悲惨を補強する。

汚れた戦争: 1914-1918はこんな本です

ツイートする