タブッキをめぐる九つの断章 (境界の文学)

  • 11人登録
著者 : 和田忠彦
  • 共和国 (2016年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907986223

和田忠彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
都築 響一
今村 夏子
有効な右矢印 無効な右矢印

タブッキをめぐる九つの断章 (境界の文学)を本棚に登録しているひと

タブッキをめぐる九つの断章 (境界の文学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

タブッキをめぐる九つの断章 (境界の文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タブッキをめぐる九つの断章 (境界の文学)を本棚に「積読」で登録しているひと

タブッキをめぐる九つの断章 (境界の文学)の作品紹介

『インド夜想曲』『レクイエム』などで現代イタリア文学に圧倒的な足跡を刻んだアントニオ・タブッキ。かれの最良の理解者のひとりにして友、そして翻訳者でもある著者が描き出す、タブッキに寄り添って歩んだ《旅》のメモランダム。夢や虚構と現実のあわいを生きたタブッキの風景と記憶が、かずかずの断片のなかに浮かびあがる。
タブッキの短篇「元気で」、そして1997年に収録されたふたりの対談を付す。

タブッキをめぐる九つの断章 (境界の文学)はこんな本です

ツイートする