道徳の時間/園児の血

  • 67人登録
  • 3.18評価
    • (2)
    • (1)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 前田司郎
  • キノブックス (2016年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908059414

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

道徳の時間/園児の血の感想・レビュー・書評

  • 【道徳の時間】
    『ああ、夢よ。想像よ。それらは、いつも現実から、一歩ずれている。想像する先の距離が遠くなればなるほど、最初のその一歩のずれは次第に大きくなる。』

    『この世に正しいことなど無い。正しいと決めることは出来ても、何かを正しいと決めることは正しくない。』

    『女の脚と脚の間には何か大きな秘密が隠されている。そんな予感があった。』

    『子供たちにとって性器は謎の部分であった。いまいち使い道がわからない。大人もそれについて教えてくれない。その部分に関する情報にだけ簡単にはアクセス出来ない。
    そしてその秘密を暴くこと。それを考えるだけで胸が高鳴り、原初的な喜びが腹の底から湧きあがる。』

    『美奈の思う恥ずかしさと、洋子の感じる恥ずかしさは、全く質の違うものであり、洋子のそれは得体の知れない強い後ろめたさとの化合物であった。』

    『社会性という服を身につけていない裸の人間、それが子供だと思うようになった。大人たちが社会性という衣服の下、さらにはその皮膚の下、分厚い脂肪と肉の底に秘めている欲望が、剥き出しにある。それは敏感で、傷つきやすく、また傷つけることを厭わない。』

    『性欲と恋とに違いがあるとするなら、愛と性欲が程よく化合したものが恋と言えるかもしれない。』

    『愛などと簡単に言うが、誰もそれを見たことがない。確かに存在しているかのように語られるが、その存在すら怪しい。
    そんなあるか無いかもわからないようなものに、人間は振り回される。』

    『禁止された行為は、禁止されることによって輝く。価値は高騰し、誰もが求めるようになる。』

    『こういう感じをイメージしていた。前の文章はなんでも良い、とにかく最後に「人は一人では生きていけないのです」と言いたかった。
    この言葉はよく考えると当たり前なのだが、なんとなく含みがあるように聞こえるし、この言葉を聞いて「いやいやそうとも言えないだろう」などと言う人はなかなかいない。』

    『では、無人島などに漂流して一人で何年も生き抜いた人がいるのはなぜです? という問にも答は用意してある。「その人は生きていくために考えましたね? 考えるのに言葉を使いました。ある程度の知識も持っていたでしょう? 言葉も知識も、その人以外の他人が作り上げてきたものです。人は一人では生きていけないのです」
    ね?』

    『「いい? みんな ー 人は一人では生きていけないのです」
    そう言って、教室の後ろを見る。
    皆は何かあるのかなと思って、教室の後ろを見た。書道の作品が飾ってあるだけだ。
    「だからなんだよ」二十六人の生徒のうち二十二人がそう思った。残りの四人は、聞いていなかった。』

    【園児の血】
    『ああ、オレは今相当格好良い。生まれて二番目に格好良い。一番格好良かったのは、覚えてないけど多分ママのお腹から飛び出した瞬間だろう。でも、その次に格好良かった記録を破り、今この瞬間が格好良かったオレの第2位になった。』

    『オレはもしかしたら、パパとママの子供じゃなくて腎臓人間なのかもしれない。腎臓人間の腎臓ってなんで腎臓なんだろう? 今度おばあちゃんに訊いてみよう。』

    『「きさんら、何しに来よった?」
    「ふざけろ。胸に手を当てて考えてみな」
    クラトは胸に手を当てて考えた。言った。
    「何しに来たんじゃい?」
    「わからないのか? もう一度、胸に手を当てて考えてみるんだな」
    クラトは胸に手を置いて考えた。そして言った。
    「なんじゃい?」』

    「なんで嘘泣きなんてするんだよ」
    「バカなの? あんたを手なずけるために決まってるじゃない」
    「オレは手なずけられたりしないぞ」
    「ねえ、すっかりしょげてたのは誰? 思う壺じゃない?」
    「壺? なんの? 思う?... 続きを読む

  • 道徳の時間◯
    園児の血△

  • 5年生。禁じられた遊び。
    浣腸をめぐる道徳の時間。

    孤高の園児のハードボイルドな幼稚園生活…。

    子供の世界も大変で、いろんな思惑があって。いろんな感情があって。ふむふむと思う。

  • 「道徳の時間」
    自分が小学生の頃には浣腸の被害にあったことはないのですがそれはともかく。
    小学生というと純粋無垢な存在だと思われがちですが実際そんなことなかったよなあと振り返れば思うわけで、自分の行動がどういう風に周囲に映るのかとか、かなり計算高く行動していたと思います。そのあたりをかなり正確に描写しているんじゃないかと感じました。100Pの短編ですが登場人物が多く、それぞれの思惑の絡み合いが面白かった。
    「園児の血」
    全力でふざけてるな。自分は割と嫌いじゃないけど、読んでも何も残らない作品ではあるw

  • 「道徳の時間」。大人も子供も心の中にある微妙な心理がことごとく描写されている気がする。そのおぞましさにヒリヒリする。
    「園児の血」。これはちょっと無理がある表現かな、と感じる。園児が大人すぎる? ある程度はわかるし、その試みも悪くはないが、ちょっと行き過ぎ。

  • こういう感じわかるなあ、登場人物全員に共感できるし手に取るように想像できる。よく言語化するなあ。
    ふきげんな過去はやく見に行きたい

  • 2つの子どもの話。なのにそれはひとつのぞっとするような社会。おもしろいです。映画、最近では「ふきげんな過去」やその他著書もほぼチェックしていますが、演劇だけは観たことがないので、ぜひ観たいと思い続けています。

  • かんちょーブームは確かに自分の子ども時代にもあったはずで、
    これに似たようなことはきっと、自分のすぐ近くにもあったはずだ。程度は違えど。
    あのころのことを丁寧に描写して言語化したら、こんな小説になっていたのだろうか。それを四十路手前でやってのけてしまう前田司郎ってすげえと、単純に思った。

全8件中 1 - 8件を表示

道徳の時間/園児の血を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

道徳の時間/園児の血を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

道徳の時間/園児の血を本棚に「積読」で登録しているひと

道徳の時間/園児の血はこんな本です

ツイートする