インヴィンシブル―アーセナルの奇跡

  • 8人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : アーセン・ヴェンゲル(序文)  東本貢司  菅しおり 
  • 三賢社 (2017年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908655050

インヴィンシブル―アーセナルの奇跡の感想・レビュー・書評

  • 26勝0敗12分。アーセナル、2003-04のパーフェクトシーズンをサポーターでもあるスポーツライターが思い入れたっぷりに振り返る。ヴェンゲルの魔法と、ファイナンシャルドーピングとの闘い。ベルカンプ、ピレス、アンリ、リュンベリ、ヴィエラといった名前にときめく人は是非。

全1件中 1 - 1件を表示

インヴィンシブル―アーセナルの奇跡を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

インヴィンシブル―アーセナルの奇跡を本棚に「積読」で登録しているひと

インヴィンシブル―アーセナルの奇跡の作品紹介

38戦26勝12分0敗。
いま明かされる〝インヴィンシブル=無敵″シーズンの秘密。
アーセナルの原点はここにある。

 2004年5月15日、北ロンドンのハイベリー・スタジアム。すでにプレミアリーグ優勝を決めていたアーセナルは、最終戦の相手レスター・シティを2―1のスコアで降し、もう一つの大記録を打ち立てた。近代フットボール史上初めて、無敗で栄冠を勝ち取ったのだ。
 その中心プレーヤーは、ベルカンプ、アンリ、ヴィエラ、ピレス……。インヴィンシブルズと称えられる強烈な個性の持ち主たちを、指揮官アーセン・ヴェンゲルはいかにしてまとめ上げたのか。無敗優勝へと突き進めた原動力とは何だったのか。高潔なチームスピリットはどのように育まれていったのか。
 不滅ともいわれる快進撃の舞台裏を、監督・チームスタッフをはじめ、当時のプレーヤー、関係者への膨大なインタヴューを交えて描く、本格的スポーツドキュメント。
 これは、彼らの言葉で綴られた驚くべき物語だ。


インタヴュー協力者:イェンス・レーマン、ラウレン、コロ・トゥーレ、ソル・キャンベル、マーティン・キーオン、フレディー・リュングベリ、レイ・パーラー、パトリック・ヴィエラ、ジウベルト・シウヴァ、エドゥー、ロベール・ピレス、デニス・ベルカンプ、ティエリー・アンリ、イアン・ライト、リー・ディクソン、アーセン・ヴェンゲル、パット・ライス、ケン・フライアー、ニック・ホーンビーほか多数。

ツイートする