恋のしずくと愛の蜜 (カクテルキス文庫)

  • 28人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 高岡ミズミ
制作 : 蓮川 愛 
  • Jパブリッシング (2016年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908757020

恋のしずくと愛の蜜 (カクテルキス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 恋のためらい愛の罪の続編。

    楽しみにしていた続編だけど、横恋慕?と思ってた新キャラは神谷の甥だったし。ストーカーも神谷の指示っぽかったし、今後の将来を考えなくちゃいけない大学4年なのに、悩んでる割には大したことできないまま出し。神谷にただ付いていく事だけを決意したって、どんだけ甘ちゃんなの。
    攻めの神谷も、受けをただ甘やかすだけだし、これって二人は長くないと思うわぁ。
    はっきり言ってつまらない作品でした。
    もう少し、主人公を成長させようよ、、、、。

    挿絵の蓮川さんに免じて評価は2で。

  • 「恋のためらい〜」続編。前の自分の感想に答えるかのように「神谷さんは俺のどこを好きになったんだろう」で始まるので失笑。ビッチだった過去を呪い神谷の浮気を疑い焦って引き戻そうと画策する真祐が可愛い。余裕の神谷も真祐にはベタ惚れだしまだまだ絶倫のご様子。終始ニマニマの展開で良かった★蓮川さん絵◎表紙は本屋でも暫く見惚れた素敵さだけど買いにくかった★SSペーパーは魔性の中島

  • memo: コミコミ特典SSカード/初回限定特別SSペーパー封入付

  • ★3.7
    まさか続編読めるとは。あらすじにあるストーカー云々は、2人の関係がよりラブラブになる為のただのフリって感じだった(笑)こういう甘々なお話はすごく好き!面白かったです。末長くお幸せに!しゅーたんも可愛かった〜。結局、神谷さんと会ってた女の人の正体わからなかったけど、建築関係の人だったの??

全4件中 1 - 4件を表示

高岡ミズミの作品

恋のしずくと愛の蜜 (カクテルキス文庫)はこんな本です

恋のしずくと愛の蜜 (カクテルキス文庫)のKindle版

ツイートする