IHATOVO〈01〉

  • 28人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : junaida
  • サンリード (2013年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784914985561

IHATOVO〈01〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良作品。いいです!!

  • 京都の Hedgehog という作家自身の手がける古書店兼ギャラリーで求めたもの。東欧の古書というのに関心を持って出かけたのだったが、こちらの絵の魅力にやられてIHATOVOシリーズの二冊を購入。他の作品も全部買ってくればよかったとおもう。

    宮澤賢治の童話の一節を引用し、その情景を絵にしているのだが、時に長く時には一行の引用の切り取り方も絶妙だし、絵にする仕方も実に面白い。

    風をはらんでいる衣服というモチーフが時々現れるのだが、これがいかにも宮澤賢治という感じで素敵なのだ。

  • 宮沢賢治の幻想的な世界の断片が、透明感のある絵で表現された美しい本です。

  • 種々の宮沢賢治の物語から珠玉の行が選ばれて、それにあった美しい絵が各ページに挿入されている。junaidaさんの絵は眺めていてなんだか落ち着く。個人的に好きなのはどんぐりのやつ。

  • 縁あっていただきました。

    この中では一番、春と修羅のイメージが好きです。おそらく、次から春と修羅を詠う時、このイメージが頭に浮かぶのかな。

    この画集を見て読んで見たくなったのは、ビジテリアン大祭。
    ぜひ描いて欲しいなぁーと思うのは、山男の四月に出てくるあの支那人(笑

    はまりすぎるだろうは、よだかの星。


    賢治さんの言葉を絵にできる、それがすごく羨ましいな。

    こうなったら黒井健の「雲の信号」も手元に置いて、賢治画集を集めたいな。

  • 買ってしまった。

    ちょっとだけゲームやアニメチックだったり、トーベヤンソンぽいなとかジブリぽいなと思う部分もあるのだけど、でもやっぱりこの人の絵は好き。
    正統派(だと思う)で見ていて心地が良い。
    私もこんな細かい描き込みができるようになりたいー。

    宮沢賢治、意外と全然読んでいないんだな…と再認識。

  • イーハトーボ・01 出版記念 原画展
    宮澤賢治の世界を描く。物語のはじまりも 終わりもない本。
    ・会場:Hedgehog Books and Gallery
    ・会期:8月3日(土曜)〜9月8日(日曜)
    ・営業時間:12:00〜19:00 ※木曜定休
    京都市上京区 西三本木通荒神口下る上生洲町 229-1〒602-0855
    TEL:075-708-6106
    junaida.com
    http://www.junaida.com/home/
    Hedgehog Books and Gallery
    http://www.hedgehog-books.com/

全7件中 1 - 7件を表示

junaidaの作品

IHATOVO〈01〉の作品紹介

junaidaが描く宮澤賢治の世界。

IHATOVO〈01〉はこんな本です

ツイートする