ハリー・ポッター裏話 (作者と話そうシリーズ (Vol.1 J・K・ローリング))

  • 144人登録
  • 3.17評価
    • (8)
    • (7)
    • (46)
    • (7)
    • (2)
  • 13レビュー
制作 : 松岡 佑子 
  • 静山社 (2001年7月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (113ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915512421

ハリー・ポッター裏話 (作者と話そうシリーズ (Vol.1 J・K・ローリング))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは、作者のJ・Kローリング女史のインタビューを通してもっとハリー・ポッターを知ってもらおうという本なのかもしれません

    この時はまだ、「アズカバンの囚人」までしか紹介されていませんが、ハリー・ポッター舞台になったイギリス全土の地図も載っていて結構面白いです

  • (2017-9-02)

  • いろいろな解説書や書評を読むよりは、著者のインタビューを読めるのは、ハリポタファンならは嬉しい。
    DVDを買ったら、makingビデオにインタビューがついてくるような感じ。

    インタビューの善し悪しを語るのは意味がない。

    ファンでない人が見ても価値がない可能性が高いから。
    ファンならば何でも知りたいので楽しく読めました。
    ハリポタを読み進む上でのよりどころとなりました。

    最終巻の最終章を英語で読んで理解できたのも、この本を読んでいたからかもしれません。
    著者の考え方がなんとなく身近に感じていたから。

  • 本も映画も世界中で大人気のハリー・ポッター。
    私も、もちろん大ファンなので、ハリー・ポッターが世に出るまでの裏話には興味深々。すごく面白かった。

  • 世界中のハリー・ポッターの本の、表紙が見れたのが嬉しかった。

    しかし、ハリー・ポッターがこんなに賞を貰ってるとは、知らんかったな…。

  • J.K.Rowlingさんとの対談。彼女の生い立ちとハリポタの作品の関連が書かれていて興味深い。彼女の生き方好きだわー。後半の書評はいらないかな・・・。

  • 外国の表紙が見れる。イタリアがかわいい

  • 裏話というだけに期待して読んだが、内容はローリングさんへのインタービュー。しかも生い立ちなどで、作品に対しての深い言及はあまりされていない。そんなに面白くないです。

  • 裏話というだけに期待して読んだが、内容はローリングさんへのインタービュー。しかも生い立ちなどで、作品に対しての深い言及はあまりされていない。そんなに面白くないです。

  • 2005.6.17

全13件中 1 - 10件を表示

J.K.ローリングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
あさの あつこ
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ハリー・ポッター裏話 (作者と話そうシリーズ (Vol.1 J・K・ローリング))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハリー・ポッター裏話 (作者と話そうシリーズ (Vol.1 J・K・ローリング))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハリー・ポッター裏話 (作者と話そうシリーズ (Vol.1 J・K・ローリング))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハリー・ポッター裏話 (作者と話そうシリーズ (Vol.1 J・K・ローリング))はこんな本です

ツイートする