幻の動物とその生息地 (ホグワーツ校指定教科書 (1))

  • 659人登録
  • 3.52評価
    • (52)
    • (41)
    • (143)
    • (13)
    • (1)
  • 41レビュー
制作 : J.K.Rowling  松岡 佑子 
  • 静山社 (2001年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915512438

幻の動物とその生息地 (ホグワーツ校指定教科書 (1))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画やるし再読。
    めっちゃ懐かしい・・・。
    普通に考えて魔法動物全部載せたらもっと分厚くなるだろってツッコミはなしの方向だぜマグルのみんな。

  • これは、ハリー・ポッターシリーズに出てくる架空の本ですが
    ちゃんと裏の値段表示の処に魔法界の通貨シックル、クヌート、など書かれているのがファンにはたまらないんじゃないでしょうか?

  •  ハリーが使っていたホグワーツ指定の教科書をダンブルドアがハリーと著者スキャマンダーに頼んで特別出版した、という設定の本。
     その為魔法生物が図鑑のようにズラズラ書いてあるだけで、時折挿絵がある。
     ハリー・ロン・ハーマイオニーの落書きがあると聞いて買ったのだが、そんなに落書きはない。日本語版なので落書きも日本語になっているのはいいが、ハリーとロンの字が見分けにくい。
     ハリポタのファン用の本って感じ。

  • 2016.12

  • 秋にやるスピンオフの映画が、これを題材にしたものという事で読んでみました。
    サプリメント的な位置付けの本。
    (翻訳版なので仕方が無いですが)所々にハリーたちの落書きがされているけれど、落書きが日本語なので、少し違和感が。
    洋書が読める人は、そちらの方がより一層、細部も近い雰囲気を楽しめると思います。

  • ハリー・ポッターが実際に使用した教科書、という発想が秀逸。
    どこからどこまでが作者の創作なのかわかりませんが、有名なものでは河童やサラマンダー、ケンタウロスなども掲載されています。

  • こんな面白いことが書いてある教科書とかありえない…
    ハーマイオニーが入学前から教科書を暗記したのも頷けます。

  • ハリー・ポッターの本編を読んでいるだけではわからない、細かい魔法関連情報が載っていてよりハリー・ポッターの世界が楽しめるようになる1冊。

  • [2013.05売却]ハリーポッターシリーズのホグワーツ魔法学校の教科書らしいのでハリーポッター気分が味わえます(^^)

  • ハリポタ好きにはたまらない作品、でも面白いかどうかは個人差があるかと。物語でも何でもない、本当にハリポタに出てくる生物の図鑑のようなので、架空が好きだったり妄想力のある人は楽しめると思います。ところどころに教科書のラクガキの体で書き込みがあるのが遊び心をくすぐります。

全41件中 1 - 10件を表示

J.K.ローリングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

幻の動物とその生息地 (ホグワーツ校指定教科書 (1))に関連する談話室の質問

幻の動物とその生息地 (ホグワーツ校指定教科書 (1))を本棚に登録しているひと

幻の動物とその生息地 (ホグワーツ校指定教科書 (1))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幻の動物とその生息地 (ホグワーツ校指定教科書 (1))を本棚に「積読」で登録しているひと

幻の動物とその生息地 (ホグワーツ校指定教科書 (1))の作品紹介

ドラゴンや不死鳥など約80種の魔法生物の生態と危険度を示した「ホグワーツ校指定教科書」魔法生物の本。ハリーが使っている教科書という設定で、ハリーやロンの落書きや書き込みもあるほか、著者自身による魔法生物のイラストもある。

ツイートする