ファンタジー文学の世界へ―主観の哲学のために

  • 16人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 工藤左千夫
  • 成文社 (2003年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784915730429

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ファンタジー文学の世界へ―主観の哲学のためにの感想・レビュー・書評

  • タイトルの通り、古典的なファンタジーを通して主観の
    哲学を考えようという本。短いながらも読み応えはあり、
    ファタジーの一つの読み方としてとても面白い著作だったと
    思う。取り上げられた作品を読んだことのある人なら読んで
    損はないかと。もっとも、新しい作品に出会いたい人が
    ガイドとして読むのには適していないかな。

  • 本書は、絵本・児童文学研究センター(小樽市)で実施されている「大人のための児童文化講座」(主に絵本や児童文学)のサブテキスト。「ホビットの冒険」「ナルニア国ものがたり」「モモ」「クラバート」「銀河鉄道の夜」「ゲド戦記」など著名な作品を読み解き、哲学的・心理学的観点からの考察がなされている。受講してみたいと思い、来年に申し込んでみたいと考えている。「ファンタジーは西洋の中世から近代、そして現代に到る複雑な社会の変遷と、そしてその影響下における人心の集合的無意識が生じさせた文学の一ジャンルである。」(引用P122)  センターでは文学賞を設立し、大賞受賞者の梨木香歩ら日本人作家が活躍している。 

全2件中 1 - 2件を表示

ファンタジー文学の世界へ―主観の哲学のためにを本棚に登録しているひと

ファンタジー文学の世界へ―主観の哲学のためにを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ファンタジー文学の世界へ―主観の哲学のためにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ファンタジー文学の世界へ―主観の哲学のためにを本棚に「積読」で登録しているひと

ファンタジー文学の世界へ―主観の哲学のためにはこんな本です

ファンタジー文学の世界へ―主観の哲学のためにの単行本

ファンタジー文学の世界へ―主観の哲学のためにの単行本

ツイートする