ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~

  • 166人登録
  • 3.91評価
    • (7)
    • (16)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : 水野 恵美子  落合 由利子 
  • 自然食通信社 (2016年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784916110466

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ときをためる暮らしの続編。

    主に、おひとりになった英子さんのことが書かれている。

    現実は知る由もないが、今もしゅういちさんに語りかけ、
    料理し、畑を耕し、贈る喜びを感じていらっしゃる様子が心に響く。

    11月に出版される新刊を待つ。
    ひとりと向き合う暮らしは、どう変わっていくのだろう。

  • 「それでも、人生は続く」そう言わんばかりに、しゅういちさん亡き後も、丁寧な暮らしを続ける英子さんに、いとおしさを感じる1冊。

    映画『人生フルーツ』の主役のご夫婦の本。
    前作『ときをためる暮らし』後のご夫婦の暮らしと、しゅういちさん亡き後の英子さんの暮らしぶりについて書かれています。

    しゅういちさんを亡くした悲しみが、決して感情的ではなく淡々と描かれていて、かえって切なく胸がきゅうっとなる。
    英子さんは、まるで自分自身に課しているかのように、しゅういちさん亡き後も、丁寧な暮らしを続ける。
    日々の小さな変化や積み重ねに、楽しみや喜びを見つける英子さん。
    その様子には、ぐっと染み入るものがありました。

  • しゅういちさん亡くなってショック。けれどいい終わり方だったみたいでちょっとホッ。

    専業主婦至上主義みたいなひでこさんの考えの全てに賛同はできないけど、でもほんと素敵な暮らし方だと思う。
    真似できるところは真似したいし、慌ただしくこなすだけの日々に疲れたら、こういう暮らしもありますよ、と自分にお知らせしたい。

  • 英子さんだけだと、専業主婦こそ正義という理念が強く出ていて苦しい。たっぷり家族に手をかけて、家族のことを100%ケアするのが当たり前で、できないしない女性はいかがなものかと。重い。

  • なんだかいいね〜この本。

  • 映画「人生フルーツ」鑑賞済みです。
    しゅういちさんが亡くなった後の英子さんのインタビュー(ききがたり)を中心に収録されている本。
    もちろん、生前のしゅういちさんの言葉や夫婦の会話のやりとりも収録されています。写真や英子さんのレシピもあって、ファンにはすごく読み応えがあって価値がある一冊です。

    物が溢れて、モノの奴隷になりながらあくせく生きているワタシ達世代には、まさに憧れの老後でありスローライフであるのだけれど。
    夫婦で好きなことをして楽しく生きているように傍からは見えるかもしれないけれど、そこに至るまでにお二人の取捨選択や譲れない人生へのこだわりが見えてきて非常に興味深く読めました。

    ターシャ・テューダーの生き方にも言えるのだけど、苦渋の決断の取捨選択ではなく、好きなものを追求してきた生き様なので、お二人の人生は生き生きと輝いて見えるのだろうなぁと感じました。

    ちょっと意外だったのが、下世話な話で申し訳ありません、お金のこと。
    年金が口座に入ると結構使い切ってしまう、というのがへぇ~、ちょっと意外、と思いました。
    娘さんが「お母さん通帳に一銭もないの?」と心配するほどなのですが、英子さんは、ストックしてある食べ物があるからそれを食べていれば来月まで持つから、とどこ吹く風なのが(笑)
    なんか、いいですね、こういうの。
    もしかしたら、お金を遺産として子供に残すよりも、こういう親の生き様を見せることが遺産になるのかな、と思ってしまいました。

    お料理が大好きで台所に立っているとルンルンなの、という英子さん。どうかいつまでもお元気でいてほしいです。

  • 2017.6.26

  • ーーー楽しい退屈のひとときーーー

    気配はないけど、おとうさんはここにいる。

    旦那さんのしゅうタンが90歳で他界。
    題名からも分かるとおり、英子さんがひとりで暮らすようになってからのききがたりが大半を占めている。
    また、しゅうタンが米寿にタヒチ旅行へいった様子や、英子さんのお兄さんのこと、しゅうタンの入退院、それに伴う生活改善のこと、ひさびさの夫婦水入らずの日々、平凡な快楽…前作に増して大事にしたい言葉が多くあった。
    夫婦仲良しの秘訣や、長年連れ添ってはじめてみた夫の涙の話など。

    特別なことのない、いつもどおりの日常、それが何よりの幸せ
    ーーー三度三度ていねいに食べて、ていねいに暮らそうねーーー

    わたしも最期は病院じゃなくて、自宅で、愛する家族と、眠るように、がいい。
    そのためにはやっぱり健康でいつまでも努力する生活を送らないと、と身の引き締まる思い。

  • 以前からつばたご夫妻の暮らしぶりに憧れており、お二人の著書は楽しく読んでいた。しゅういちさんが亡くなったと知り、本の中でしか知らないのに近しい方が亡くなったように感じられ悲しかった。
    この本はしゅういちさんが亡くなった後に出版された本なので、英子さんはお元気でどのように生活をしていらっしゃるのかしら?とおうちに訪ねるような気持ちで読んだ。
    英子さんは元気だった。元気じゃないのかもしれないけど元気に暮らしていて安心した。
    暮らしぶり以上に英子さんしゅういちさんの心の内側が語られており、とても興味深く読み応えもあった。お二人ともとても勉強家で前向き。

    人生を生ききるとはこういうことなのかなぁと、私もこんな風に生きたい。こんな風に死にたいと思った。お二人をみるとしゃんとしなければと少しだけ背筋が伸びるのです。

  • この間観て感動した『人生フルーツ』のしゅういちさん、英子さんの本。
    2人のようなスローライフは難しいし、
    英子さんとは育った時代や環境も違うから、
    なかなか全部を取り入れたりする事はできないけど、
    でも、こんなふうに考えたり、こんなふうに生きられたら素敵だなぁってヒントがたくさんあって、
    読んでいてとても暖かい気持ちになれた。
    英子さんのレシピも載っているのが嬉しい。

全14件中 1 - 10件を表示

ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~の作品紹介

『ときをためる暮らし』その後、四年あまりの日々を書きとめた。老いたら老いたなりに、楽しくなることを考え、実践してきたしゅういちさんが昨年、他界。造成地に建てた丸太小屋、落ち葉を入れて蘇らせた土。ふたりが積み重ねてきた半世紀の歳月は、いまも英子さんが同じように営み続ける。自分に課し、誰かのために手足を動かす日常とは。

ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~はこんな本です

ツイートする