再生産 〔教育・社会・文化〕 (ブルデュー・ライブラリー)

  • 147人登録
  • 3.81評価
    • (8)
    • (8)
    • (10)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
  • 藤原書店 (1991年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784938661243

再生産 〔教育・社会・文化〕 (ブルデュー・ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  『ディスタンクシオン』のほうが読みやすいように思うけど、一部の定義づけやらが終わると、二部はクスっとするようなこともたくさん書いてある。
     たとえば、社会学は低労力で先生しやすいよ、とか。(今は飽和しちゃってそうでもないかもね。)
     また、こうやって権威を落とす↑ような反応をするのは、理解に到達できないバカ学生の態度ですよ、とも。
     但し、そもそも先生だって理解を相互に深めようとかコミュニケーションしてるわけでなく、一方的に意見を押し付けたいだけなのです、とか。対話・ディスカッション形式であっても、いかに我田引水するかということに懸命、と。
     おもしろいのだけど「再生産」のフレーズとそれをとりまく装飾は、文化資本を持ち合わせ、ハビトゥスに生の大部分を捧げているときに、「これでよいのだ」と励まされる応援ソングであり、童話なのかもしれない。(状態として、権力を保温あっためするに過ぎない無機質な仕組みのただのパーツになってるのだとしても。)
     そんなふうな感想を抱くのは、「シュワの墓所≒死」や「クラシックをきくのをやめてハートをRock」といった敗戦後の「大衆は生き生きとしたミニマムな幸せを追求しよう」だった20世紀末日本に毒されすぎているせいだろうか。あとは、ビッグバンを想像するぐらいの距離感で読んでるので、面白いなぁ~と思えるんだろうね。
     そのほか、法学部・医学部は上級階層出身者、文学部・理学部は下級階層出身者が多い、等。1960年代あたりのことなので、いまはどうだろうね。この少し前までは、上級階層に、文学部・理学部が多かったそうだが。経済合理性と階級構造をつなぐテクノクラート信仰に因って、不生産的な専攻に半場押し込められる学生、ということらしい。

     教育と社会階級構造について述べるなら、必読だろうし、この界隈を突っ込んで考えたくなったとき多くのインスピレーションを与えてくれる本だろう。 けど、階級絡みに関しては少しクラシックすぎる考えになってきた風もあるし、もう少し異なる視点や、最近の見解を知りたいので、しばらくはこの本は開かず、別の本を読みたいな、という感じ。(・・と書きつつ、もう一度精読したいなぁ、と思ってる。)

  • ▼福島大学附属図書館の貸出状況
    http://www.lib.fukushima-u.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&bibid=TB20172344

    行政政策学類のU田先生が専門としておられるフランスの社会学者ブルデューの代表作。社会学の古典として、今なお、読み継がれる名著である。階層によって学力に差異が生じるのかどうかという問題意識に立ち、社会に存在する階層によって、教育や文化が再生産されているという指摘をしている。内容が非常に難解で、複雑なので、わからない部分は社会学の先生に聞きながら理解することをお勧めする。社会学のみならず、教育、経済学にも通じるすぐれた書である。

    2012ラーニングコモンズアドバイザー(地域政策)

  • 本書はフランスの社会学者ピエール・ブルデューが1970年に書いた本を翻訳したものである。内容は、教育の現場におけるあらゆる再生産のシステムを解説したもので、第一部は定義集とその解説、第二部はそれらを利用して1960年代のフランスの教育を解説している。
    本書の洞察は、誠に鋭い。とても40年前に書かれたものと思えないほど、今日の日本に置ける教育や社会現象などにも十分な示唆を与えている。また実際結構難しいので一回読んだだけでは内容は完全には飲み込めないと思う。私は教育経済学専攻だが、この本から得られる示唆は結果的に出はあるが必要不可欠なものであり、読んでおいて良かった。それ以外にも教育をとりまく学問においても避けては通れない一冊だと思う。

  • ゼミ用

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]
    第1部 象徴的暴力の理論の基礎(教育的働きかけの二重の恣意;教育的権威;教育的労働について;教育システムについて)
    第2部 秩序の維持(文化資本と教育的コミュニケーション;教養人的伝統と社会の自己保存;排除と選別;独立による従属)
    付論 高等教育進学機会の構造の変化―変形か、それとも転移か

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 再生産、階層、ハビトゥス等重要概念の宝庫のような本。
    一読の価値あり。

全7件中 1 - 7件を表示

ピエール・ブルデューの作品

再生産 〔教育・社会・文化〕 (ブルデュー・ライブラリー)に関連する談話室の質問

再生産 〔教育・社会・文化〕 (ブルデュー・ライブラリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

再生産 〔教育・社会・文化〕 (ブルデュー・ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

再生産 〔教育・社会・文化〕 (ブルデュー・ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

再生産 〔教育・社会・文化〕 (ブルデュー・ライブラリー)はこんな本です

ツイートする