英語で日記を書いてみる―英語力が確実にUPする

  • 376人登録
  • 3.17評価
    • (9)
    • (18)
    • (80)
    • (8)
    • (4)
  • 37レビュー
著者 : 石原真弓
  • ベレ出版 (2001年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784939076855

英語で日記を書いてみる―英語力が確実にUPするの感想・レビュー・書評

  • いろいろな用例が載っていますので、参考書のように使うのがいいと思います。索引があればいいのに。

  • モティベーションが上がって書いてみた。買おうかとも思ったが著者の写真を見て買わないことにした。

  • 以前持っていたが整理の際に手放して、もう一度買い直した。単純な言い回しで自然な言い方がわからなくなった時に調べると便利。

  • 英作文の基本がわかります。

  • I hope it will be a nice day on Saturday.
    It must be true.
    It was better than I thought.

  • 英語の教科書。基本的な文法の説明と、日記の例文が載っている所が良かった。ただ索引がなかったのが残念。

  • 前半は簡単な文法のおさらい。(まるで教科書!)
    後半は例文。

    たしかにこれ1冊もって英語日記に取り組んだら
    身につくかもしれない。


    ・・・ただレンタルだったので、軽く目を通して返却。
    あと例文は「英語で手帳をかいてみよう」くらいの方が
    実際にかけそうでした。
    ちょっと本格的な例文が多かった。

  • 100831 by 鳥飼せんせ
    copy単語帳表 !!! → 感想・印象p125, 日常動作・感情・気持ちp139, 短文p181, native表現集p207,
                  word list for 予定表・日記p245

  • この手の本に珍しく(と私は思うのだが)、文法について書かれています。

    英会話や英語日記など学習法紹介などを謡ったものには「文法なんて意識せず、間違ってもいいから気ままに書く」のがコツみたいに書かれているものが多い中、しっかり文法解説あります!

    上記も文法なんてどうでもいい といってるわけではなく、難しい(いちいち調べなきゃいけない)ことばかり気にしていては長続きせず本末転倒 という意味でしょうが、そうならないならばやはり文法も大切だと思うのです


    たかが文法されど文法。母国語でない以上効率的に学習していくためにも文法知識はないよりはあるにこしたことはない

    しかも、この本の文法は、いわゆる受験英語の文法みたいに関係代名詞の訳し方、仮定法の用法、…などを学習するようには作られていない。
    もちろん、現在形から過去形、進行形などといった基本から必要な範囲を網羅的に紹介しているが例えば「受動態の作り方・訳し方」といった文法を解説するというよりはむしろ『何故受動態を用いるか』『どういう時にネイティブは受動態を使うか』『どういう発想で受動態を使うにいたるのか』『受動態と能動態の違いは』などの視点から受動態を解説+いくつもの(各項目にたいして10ずつくらい)例文を用意してくれている

    文型(第1~5)の違い・特徴(これもSVOやSVOOだとかいうことではなく、それがどういう考え方からなる構文なのか)、どういうときに各構文を用いるかなどを文法説してくれる



    基本的な文法を押えたあとは、「日記で使える構文」と題して汎用性のある構文を30近く紹介してくれる

    その後場面に応じて使える表現特集(例えば「目が覚める・起きる」「お酒に関して」「仕事に関して」「天気に関して」)などを多数紹介し、

    さらには最後に 日記の例をこれまた多数紹介してくれる。これも英語日記とその和訳だけでなく、使われている表現や、いいましの解説も充実



    全12章からなりかなりいい感じ

    特に冒頭の作者自身の日記の書き方の変化は感動を覚えた。
    今の自分はまだつたない文章を描いているかもしれないが、つづけていればもう少し洗練された文章をかけるようになれるきがした 。

  • ずいぶん昔に購入して積読状態になっていた。
    英語に関しては昔から勉強しようと思っていたが、少し始めては断念というのが何度も続いていた。

    最近、またしても英語の勉強をしようと思い立ち、引っ張り出してきたところ。一通りざっと読んで、今はリファレンスに使用している。

    英語日記は毎日はつけていないが、日々の出来事を英語で表現するのは予想以上に大変。ちょっと書いては辞書をひくことの繰り返し。そんなときに参考になる本。

    最近、瞬間英作文を購入して読み始めたのですが、この本を使って同様に瞬間英作文をやったら勉強になりそう。

  • 役に立つ例文が多く、日記を書くとしたら辞書代わりによさそう。行動に移すのが・・・

  • いいと思います。

  • 私って英語全然勉強できてないんだ…と再確認。
    がんばってみようと思ったが既に三日坊主。
    手帳の方にしようかな。

  • 「英語ハックス」に英語で日記を書くことが推奨されていたこと、及び帰宅途中に立ち寄ったBook 1st渋谷店で書店側の力の入った陳列を見て、ほぼ衝動買いで購入。著者の主張する通り、「英語で日記をつける」ことが英語のアウトプットに役立つことは全くその通りだと思うし、自分も是非取り入れてみようと思う。恐らく自分の実力がTOEIC600点〜700点くらいなら星4つくらいだろうが、いかんせん自分の今のレベル(TOEIC970)では、英語で日記をつけることの動機付け以外には、新たな知識習得ということはなかった(⇒誤解のないように言えば、やはり長年売れ続けている本だけあって、本自体はいい本だと思う)。

  • まずは1日1行から。

    6/1 開始

  • うまく活用して英語日記を習慣化すれば効果あると思うが。。

  • 2008年4月1日より英語日記を継続中。

  • 英語の特訓をするときに再度よみなおす

  • 例文が沢山載ってて分かりやすいし、意欲が湧く!
    色んな表現を勉強したい人にはおススメです。

  • 一度チャレンジしてみたが続きませんでした・・・いつか再開したい

    表現集というのもありますが、シチュエーションが自分に合うものが多くないとちと買うには無駄かも

  • 独学開始したころ購入し使いこなせなかった本です。。。
    1年以上会話中心の学習を続けてきて英会話は以前よりできるようになったと思っていますが全く書けないことが発覚・・・ライティング、やっぱり大事だと思う。文法説明も丁寧な良本です。

  • タイトルに惹かれたら、迷わず購入して下さい。確実に、英語で日記が書き始められます。英作文に必要な文法も、この一冊で全て復習できる。

全37件中 1 - 25件を表示

石原真弓の作品一覧

石原真弓の作品ランキング・新刊情報

英語で日記を書いてみる―英語力が確実にUPするを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

英語で日記を書いてみる―英語力が確実にUPするはこんな本です

ツイートする